何歳になっても、ヘアカラーやパーマを諦めたくない!全国のヘアサロンが注目する「強髪プログラム」【体験レポート】

「髪は女の命」と言います。
しかしながら年齢を重ねるごとに、「髪の毛がぺたんこ」「量が減った」など、以前よりも髪の毛に元気がなくなってきたと感じることはありませんか?

髪の毛の元気がなくなると、これまで平気でカラーリングやパーマでオシャレを楽しんできたことが思いっきり楽しめなくなります。
カラーリングやパーマは「髪の毛を痛める原因」になりますので、地毛の強さに自信がないと「カットだけにしておこう…。」と髪の毛のオシャレを諦めてしまう方もいることでしょう。

「10代、20代の頃のように、カラーリングやパーマを楽しみたい!」
そんな思いを抱える「大人の女性」におすすめしたいのが「強髪プログラム」です。
今回、若干24歳の若さでM字ハゲを気にしているささきと、30歳過ぎてからの白髪量の多さに凹んでいる先輩ライターのアヤさんの2人で「強髪プログラム」を体験!

オシャレすぎる表参道のヘアサロン「Lani 5710」で体験した、強髪体験レポートをご紹介します。

強髪プログラムとは

株式会社cosbiが開発した、髪の毛のエイジングケアプログラムです。
加齢に伴い元気を失った髪の毛に、専用の美容液とマッサージによって再び力を取り戻し、以前のようにヘアアレンジを楽しんでもらおうというコンセプトのもと生まれました。

ちなみに、同社が行った40代以上における毛髪の悩みに関する意識調査では、以下のような結果が出ました。

髪の悩み

髪に悩みがあると答えた人が約75%、具体的な悩みとしては「白髪」「髪のボリュームダウン」が上位に挙がっています。
また、 「髪の悩み解消」を望んでいる人が95%いる反面、その75%が「正しい知識」を持っていない現状です。

「ハーブ×ヒト幹細胞培養液」が強髪を支える!?

なお、このプログラムは、独自の「ハーブミックス幹細胞培養液」を直接頭皮に塗布することで栄養成分を毛穴から頭皮内部へ浸透(※角質層まで)させることで、毛髪のボリュームアップをサポートするもの。
ヒト幹細胞培養液とアーユルヴェーダのデータと独自の研究成果に基づいて選出したハーブを18種類組み合わせています。

強髪プログラムが他の美髪アイテムと一線を画す理由

cosbi代表

ー株式会社cosbi 代表取締役 木田雅夫氏

ヘアサロン業界には、美髪のための商品やヘアメニューがごまんと溢れています。
しかし、強髪プログラムは他の商品やサービスとは一線を画しています。その理由は、株式会社cosbiの木田雅夫氏のお話から伺うことができました。

1.「ヘアサロン業界の活性化」で顧客満足度も高まる

木田氏:
「強髪プログラム」が誕生した背景には「ヘアサロン業界の活性化」という目的があります。年齢を重ねて髪の毛の悩みが増えることで、ヘアサロンへの来店頻度は減少、あるいは、オーダーするメニューは限られてしまいます。
女性が「パーマやカラーをすることで、さらにボリュームが減って、もっと傷んでしまう…」と躊躇してしまうことは、ヘアサロン業界にとっても深刻な問題です。
女性が何歳になってもヘアアレンジを楽しめるようになるためには、地毛の健康にアプローチすることが重要です。そのために開発したのが「強髪プログラム」です。ヘアサロンが「強髪プログラム」を取り入れることで、カラーリングやパーマをする前の土台作りからサポートできるようになりました。


強髪プログラムの特長は、ヘアサロン利用者と運営側の双方にメリットがあるということ!

利用者のメリット
①1回3,500円・必要時間5分~10分と、手軽&スピーディで忙しい方にも◎。
②ホームケアタイプの美容液があり、自宅でも簡単にできる。

ヘアサロン側のメリット
①質の高い美容液を低コストで導入できる
②1回の施術料を安く設定できるため、他のヘアメニューと合わせやすい

2.お客様もスタッフも嬉しい!物販の必要はゼロ

イケメン
ーヘアサロン Lani 5710(体験会場/強髪プログラム導入サロン)サロンディレクター 田村明彦氏

強髪プログラムには、「不要なセールスを無くしたい」という想いも込められています。
実際に強髪プログラムを導入しているヘアサロン「Lani 5710」の田村ディレクターは、強髪プログラムがスタッフにもお客様にもwin-winの関係であることを次のように説明していました。


田村氏:
皆さんは、ヘアサロンで、ヘアオイルやヘアクリームなどを勧められたことはありませんか?そして、お勧めされるがまま、購入したこともあるでしょう。
しかし、本当にその商品を「良い」と感じたとしても、わざわざ買い物だけのためにヘアサロンまで足を運ぶでしょうか。リピートするにしても、インターネットや近くのお店で商品を探して購入する人が大半ではないでしょうか。
つまり、いくらスタイリストがお客様に商品をセールスしても、単発で利益が発生するだけで、お店の長期的な収益に直結するかといえば難しいところなのです。

また、スタイリストはお客様の髪の毛をキレイにする技術を売りにしている、いわば「職人」であり、営業マンではありません。
そんな彼らに、ヘアケア商品の販売ノルマを課してしまえば、本業に専念しにくくなり、最悪の結果として離職してしまう可能性も否定できません。
そして、お客様の中には「行きつけのヘアサロンで勧められると断りにくい」「商品説明をされるのが嫌だ」と、スタイリストのセールストークをプラスに受け止められない方もいらっしゃいます。

しかし、強髪プログラムでは商品の販売は一切不要。
興味を持って下さったお客様にだけおすすめできるので、まずはサロンでお試しからスタートできます。(※ご希望があれば、ホームケア用の美容液もご用意できます。)
また、強髪プログラムは特殊なカット技術などは不要なので、スタイリスト側の研修にかかる時間も短く、導入から実施までが大変スムーズです。

M字に白髪…。悩みを抱える女性が実際に体験してみた

次に、実際体験した「強髪プログラム」の内容を紹介します。

まずは、実際に体験してきた人間を紹介します。
1人目は私、筆者であるささきささ(20代)

毛量はめちゃくちゃ多くて、梳いただけで、ヨークシャーテリアを一匹丸刈りにしたのかと思うほど床に髪の毛が散乱しているほど。
ところが……

ふさふさ

これがもう、ドラ〇ンボールのベ〇ータも唖然とするくらい、めっちゃM字ハゲなんです…。。。丸いオデコにあこがれ続けて20年。
2ギャリック

スーパーササキ人

ササキ人

気になる
そして先輩ライターのアヤさん(30代)は、最近見え始めた白髪が気になるのだとか。
自宅でのケアの場合、髪の毛を乾かす際にはヘアオイルがマストだそうです。普段からしている縮毛矯正やカラーリングによる傷みのケアもしているみたいですね。

即効性などはもちろん期待していませんが、果たして「使い続けられる」ものなのか…?

簡単すぎて物足りない!?強髪プログラムを体験

ケア方法は超簡単。
シャンプーとタオルドライを済ませた状態で、この「HSC15 ハーブミックス幹細胞培養液」を生え際や分け目など気になるところに塗布します。
商品5
0N0A3972

軽く指で揉みこんだら、専用ポレーションネオで、電気により「HSC15 ハーブミックス幹細胞培養液」を浸透させます。この「ヴヴッ」という感覚がまたたまらなく気持ちがいい…。。。

商品4
0N0A3967
液だれしない

私の場合M字ハゲの部分なので、きっと垂れてくるだろうと身構えていたのですが、ぴったり吸着してまったく垂れませんでした。
また、染みたりもせず、冷たさによる不快感などがなかったのも良かった点。

そしてなにより手短に済むということ。ヘッドスパや特別なトリートメントなどは好きですが何十分もかかるものは、私は若干せっかちなので苦手。しかし、この強髪プログラムなら、シャンプー後とブローの間に10分追加するだけでOKなので、結構ありがたいです。お子さんがまだ小さくて美容室やヘアケアに時間をかけていられないというママさん方にもうれしいのではないでしょうか。

自宅でも手軽に強髪プログラムを

「強髪プログラム」には、ホームケア用の美容液も販売されています。
プログラムをヘアサロンで試してみて、続けるうちに大きな実感を得られたお客様からたくさんの強い要望があり、ホームケア用品の商品化が実現されたそうですよ。

商品3
幹細胞培養液とハーブミックスの混合美容液 内容量100ml 12,000円(税抜)

使用方法はとっても簡単。シャンプー、タオルドライの後に、数滴頭皮に塗り込むだけです。
忙しくて美容室に定期的に通うのが難しい、シャンプーのために美容室に通うのもな…と考える人にお勧めです。
続けることで実感を伴うので、より続けられやすい方法を選んだほうが良いでしょう。

最後に。いつまでもオシャレを楽しむために

髪の毛が強くないから、今まで当たり前のようにできていたヘアカラーやパーマができなくなってしまう。
「したいけどできない」というストレスは、本当に辛いですよね。
強髪プログラムは、地毛の健康に寄与するものなので、カラーリングを1度でもしたことがある方は、日々の生活の取り入れてもいいのかもしれません。
「強髪プログラム」を導入しているヘアサロンは、全国で400店舗以上

もしかして、行きつけのヘアサロンも導入しているかも?
何歳になっても髪の毛のオシャレを楽しみたい方は、ぜひ一度お試しあれ!

クリリンのことか

「強髪プログラム」サロン専用窓口
「強髪プログラム」導入サロン一覧【全国地域別】


【取材協力】
株式会社cosbi
Lani5710(ヘアサロン-表参道)
一般社団法人日本美容再生医療学会

D.C.Garageのヘビーリスナー