彼や旦那様に教えてあげたい。育毛で人生を変えた社長のお話。

 

ー 男の人って、髪の毛の量でこんなに印象が変わるんだ・・・!


キャバ嬢時代に出会った、経営者の博之(仮名)さん。
あだ名は、ヒロ君。

当時私は19歳で、彼は39歳。私が夜を卒業してからも、定期的にお食事をする仲。
ヒロ君は、私の知らないことをたくさん知っていて、とても面白い。
加えて、紳士的でエスコート上手だから、一緒にいて安らげる貴重な存在だ。

私がエステの仕事についてからも、お客様としてメンズエステのプログラムを利用してくれて、
公私共にお世話になっている。

ヒロ君とは、月に1~2回会うが定例になっているが、一時、2ヶ月ほど会えないことがあった。
彼は会社を3つ経営しているやり手なので、「お仕事が忙しいんだろうな」と思い、
ちょっぴり寂しい気持ちはありながらも、自分の仕事や友人との時間を楽しむようにしていた。

見慣れたはずの顔なのに、気付けなかった

ヒロ君との予定が合わず、気付けば4か月目にさしかかったころ
やっと日程調整することができた。
久しぶりのお食事に、私はルンルン気分でお気に入りのワンピースに身を包んだ。

ワンピ

写真の女性はモデルさん(笑)だけど、ワンピースはこんな感じをチョイス。

大きめの花をあしらった、上品なデザイン。
ブランド物にはあまり興味がないので、アウターや靴以外は、いつも通販で手頃なものを揃えている。(というと、驚かれるのだが。)

時刻は夜7時。銀座三越の前で、待ち合わせ。

(ヒロ君に久しぶりに会えるの楽しみだなぁ~!)

私は心の中ではしゃいでいた。思わず顔がにやける。
と、そのときLINEに連絡が来た。

『今、横断歩道を渡るとこ』

私はきょろきょろ辺りを見回したが、ヒロ君の顔が見えない。

(あれ・・・おかしいな・・・。)

金曜で人が多いせいもあって、なかなか見つけられない。
電話したほうが早いかなと思った私が、スマホを耳に当てようと思ったそのとき左の肩をポンと叩かれた。

振り向くと、そこにはヒロ君がいた。

『おまたせ、ナナミ。今日も綺麗だね。そのワンピース、花柄がとても可愛いね。ナナミによく似合ってるよ。』

いつも、私のおしゃれにすぐに気付いて褒めてくれるヒロ君。
そう、いつものヒロ君のはずだ。
顔も声も彼のはず。なのに、何かが違う・・・。

(髪の毛が多くなってる・・・?)

ヒロ君は、30代前半に仕事のストレスが原因で、
髪が急に薄くなってしまったと話してくれたことがあった。
半年前は、確かに薄かったはずの髪の毛。
明らかに、量が増えている。
私は、すかさず尋ねてみた。

「ヒロ君、もしかしてウィッグつけてるの?」
『ははっ、ナナミのそうやって気になったらすぐに質問してくるところは、
相変わらずだね。まあ、そこが素直で可愛いんだけど。』

と言いながら、彼は笑った。

諦めない。そして、妥協しない。

ー 今日は、穴子専門店での食事。
【 和個室処 「 はかりめ 」 |食べログより 】
やはり周りを気にせず二人で過ごせる個室は心地良い。
ヒロ君は、先付けの穴子と胡瓜の土佐酢和えをつまみながら、私に話してくれた。

『実は、植毛をしたんだよ。自分の毛を使って髪の毛の量を増やすんだ。
以前から、30代の頃に無茶をして、髪の毛を激減させてしまったことを気にしていてね。
当時は、自分の体のことに気を使っている余裕がなくて。』

私は彼の話を前のめりになって真剣に聞いた。

『40歳近くなって、ようやく時間にも余裕が出てきてね。1年前くらいから本格的に調べ始めたんだ。
カツラは面倒だからしたくない。育毛剤もや頭皮マッサージなんかをあれこれ試したけど、いまいち効果がでない。
そして、たどり着いたのが自毛植毛だったんだよ。』


(↑髪の量は、増やせます。実績と経験が違う、自毛植毛を試してみませんか?)

髪の毛

自毛植毛とは、「自分自身の毛髪を移植して、薄くなった部分に髪の毛を再生させる」こと。
薄毛を根本的に治療する、効果的かつ先進医療技術だ。

どんなに髪の毛が薄くなってもしっかり残っているのが 側頭部や後頭部の毛髪。
理由は、男性ホルモンの影響を受けにくい性質を持っているから。
頭皮にしっかり根付いている強い毛髪を、髪の毛を作る毛母細胞ごと採取して、
薄くなった部分に移植し、髪の毛を再生させて薄毛を改善する外科手術が、自毛植毛なのである。

『いろいろ調べていたら、自分の毛を使って毛量を増やすのが一番効果的で、負担も少ないことが分かってね。
しばらくナナミと会う時間を作れなかったのは、このせいなんだ。ほら、俺ってトコトン調べて、試しはじめると、
集中しちゃう癖があるだろ?妥協したくないんだよなぁ。』

私は「諦めない。妥協しない。」というヒロ君の性格をよく知っていた。
彼の魅力でもある「ストイック」な一面。

『調べてたらさ、自毛植毛のクリニックっていくつかあってね。いいなと思うクリニックには全て顔を出したんだ。
無料カウンセリングをしてくれるところがあるから、そこを中心に回ってね。
そして、ようやく出会ったんだ。俺と同じストイックさを持つ、井上院長に。』


それからヒロ君は、院長が自毛植毛についてどのようなこだわりがあるのか、
20数年の研究の末に培った技術と実績について、など、
まるで自分が井上院長であるかのように、楽しそうに語り始めた。

(こんなに無邪気な笑顔で話すヒロ君、初めて見たかもしれない・・・!)

私は心の中でそう思いながら、楽しそうに笑うヒロ君の笑顔を見つめていた。

自然な「生え際」や「つむじ」を諦めないで

自毛植毛後のヒロ君は、以前にもましてフットワークが軽くなったようだ。
彼自身、『失われた30代前半の若さが戻ってきたみたいなんだ!』と嬉しそうに周りに話しているらしい。

私はヒロ君みたいに、活き活きとした笑顔で語る男性が好きだ。
彼の経験を、頭髪問題で悩んでいる多くの男性に伝えたい。
そんな思いで、この記事を書いた。
(※もちろん、ヒロ君には名前を伏せることを条件で許可をもらった。)

一人でも多くの男性に、自信を取り戻してもらいたい。
だって、ヒロ君の笑顔は、本当に素敵だったから・・・。



( ↑ 結果にトコトンこだわっています。早く、新しいあなたに出会いませんか?)

ナナミ

猫耳がトレードマーク。ナナミです。 美容と恋愛のコラムを担当しています。 10代の頃にキャバ嬢を経験。現在はフリーのライター。 寝る前のボディマッサージが日課です。