汗のニオイ、気になりませんか?営業女子に聞いた「夏の汗対策」が秀逸だった!

 

6月も、もうすぐ終わり。いよいよ、本格的に暑くなってきました!

夏は、お仕事女子にとって、何かと苦労の多い季節です。
化粧室に駆け込む回数も、極端に増えるんですよね。

―え、何故かって?
それは「夏の汗」が本当に厄介だからです!
男性陣は、手持ちのハンカチや洗顔ペーパーで顔を拭けば済むからいいでしょう。

しかし、女性はそうはいきません!
顔にかいた汗を拭いた後には、メイク直しが待っています。
さすがに、道端で歩きながらメイクを直すわけにはいきませんからね…(苦笑)

さらに、忘れちゃいけないのが下着やシャツの間にたまった汗です。
これを拭きとらないと、すぐに汗疹ができてしまうんです。
特に胸の大きな女性は、谷間にも汗をかくから大変です。
(これ、笑いごとじゃないんですよ…。)

汗をかくのは、いいこと。でも見た目的にはアウト。

ところで私たちはなぜ汗をかくのでしょうか?
それは、汗をかくことで私たちは自分達の上がりすぎてしまった体温を下げているからです。
汗は、体温調整のためになくてはならないものですが、汗をかくと気になってくるのは、汗の臭いです。

そこで、今回は夏の汗と上手に付き合うための方法をご紹介!
外回りが多い営業職系の女子たちがヘビロテしている「汗対策グッズ」を教えてもらいました!

事前対策の鉄板!あせワキパッド!

汗をかいてそのままにしておくのが、最もNGです。
理想は、「1時間ごとの拭き取り」です。しかし、現実的には難しい・・・。

ー「なんといっても、まず役に立つのが「あせワキパッド」です。脇の汗ジミって一番可愛くないですからね。(メディア関係、Mさん、27歳)」

やはりお仕事女子にとって、まずはあせワキパッドは必須!
また、大切な洋服に汗ジミがつくのを防ぐこともできます。

ロールタイプデオドランドで、圧倒的な消臭力!

ー「なんといっても、消臭効果が抜群です。あと、スプレーと違って音がしないので、場所を選ばず使いやすいです。(広報、Oさん、27歳)」

1 2
ナナミ

猫耳がトレードマーク。ナナミです。 美容と恋愛のコラムを担当しています。 10代の頃にキャバ嬢を経験。現在は美容系のフリーライター。 寝る前のボディマッサージが日課です。