口の中、ストレスで荒れていませんか? 口内炎予防に効果的な食べ物とは

 

できると厄介な口内炎。食事で予防できる?

皆さんは、どんな時に口内炎ができるかご存知でしょうか。
気づいたら口の中に違和感があり、酸味のあるものを食べると痛む口内炎。
一刻も早く治したい症状の一つですよね。
食事の際に患部がしみると、とても痛くて辛い症状なので、
できれば発症しないように予防したいですよね。
今回は、口内炎予防のために普段から積極的に摂りたい
食べ物についてご紹介します。

口内炎の原因とは?

口内炎の原因
口内炎とは、ほおの内側や歯ぐきなどの口の中や、
その周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。
歯ぐきにできれば「歯肉炎」、舌にできれば「舌炎」、
唇にできれば「口唇炎」、口角にできれば「口角炎」と呼ばれます。

患部は潰瘍(粘膜がえぐれてできる穴)になったり水疱になったりします。
口内炎が起こる原因には、口の中の不衛生、技師の刺激、
やけど、ウイルスなどがありますが、
一番多いのはビタミン不足や過労・ストレスと言われています。

通常、口内炎の治療は歯科で特別な薬を処方してもらうか、
薬局等の市販薬を用います。完治までには、1~2週間程度かかります。
口内炎にはいくつか種類がありますが、
私たちが最もよく罹患するのは疲労やストレスが原因となって発症する
「アフタ性口内炎」というものです。
このタイプは、口の中に傷を作ってしまう、
また、ストレスや疲労によって体力が低下して、栄養不足に陥ったときによくみられます。
さらに、体力が低下すると、口腔内の免疫力も低下し、
雑菌の影響を受けて炎症を起こします。

口内炎予防のために摂りたい食材とは?

口内炎予防に効く食べ物
口内炎予防のためにとりたい食材は色々ありますが、
中でもビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6
口内炎予防に効果的ということがわかっています。
では、これらのビタミンはどんな食材に含まれているのでしょうか?

1.ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜の新陳代謝を活発にして、
皮膚や粘膜を健康に保つ栄養素です。
特に、粘膜や皮膚の上皮細胞の代謝を活発にして、
病原菌などが侵入するのを防ぐ免疫機能の作用をしています。
※上皮細胞とは、皮膚をはじめ口、のど、鼻、胃、腸などの
粘膜の表面にある細胞のことで、身体の外と直接触れている部分です。

【ビタミンAを多く含む食品】
レバー、うなぎ、緑黄色野菜(とくにかぼちゃ、春菊、ほうれん草、にんじん、かぶの葉)など

【効率よく摂るには?】
・ビタミンAは、レチノールとβ-カロテンの2つに分類されます。
レチノールは、動物性食品、β-カロテンは植物性食品に含まれます。
しかし油脂に溶ける性質があるので、油脂と一緒に摂取すると吸収率が高まります。

【調理例】
揚げ物、炒め物、マヨネーズやドレッシングをかけた料理などすると吸収率がUPします。


2.ビタミンB2

ビタミンB2は、脂質の代謝を助けてエネルギーを産生するほか、
細胞の発育と正常な働きに欠かせないため「成長ビタミン」ともいわれます。
また過酸化脂質を分解する働きも重要です。
水に溶け、光やアルカリによって壊れやすい性質があり、
不足すると肌荒れや口内炎の原因になります。

【ビタミンB2を多く含む食品】
乳製品、卵、納豆、うなぎ、さば、ぶり、いわし、かれい、まいたけ、アーモンドなど

【効率よく摂るには?】
ビタミンB群は相互に補い合って働くため、ほかのビタミンB群の多い食品とともに摂ったほうが効果的です。

【調理例】
納豆(B2)+豆腐(B2)+マグロ(B6)を、
わさび醤油やポン酢と合わせてご飯のお供に。
山芋は、デンプンの消化を助けるためプラスα食品として、オススメです。


3.ビタミンB6

ビタミン
ビタミンB6は、たんぱく質、脂質、炭水化物の代謝や、神経の機能を正常に保つのに必要です。
水に溶けやすく、光や熱によって壊れやすい性質があります。
皮膚を新しく作るときに大切な働きを担っていますので、
不足すると、肌荒れ、口内炎、けいれんといった症状や、動脈硬化の原因になります。

【ビタミンB6を多く含む食品】
魚貝類(まぐろ、かつお、さけ、あさりなど)、肉類、レバー、バナナなど

【効率よく摂るには?】
ビタミンB2同様、ほかのビタミンB群の多い食品と合わせて摂りましょう。

1 2
アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪