季節の変わり目で、体調を崩さないコツとは?!

 

気温差に負けないカラダづくりの秘訣とは

季節の変わり目は、気温差が激しくて何かと体調を崩しやすくなりますよね。
風邪をひきやすいのも、この時期が一番多いといわれています。
今回は、季節の変わり目に負けない体調管理のコツをお伝えします。

そもそも、季節の変わり目はいつ頃?

季節の変わり目とは、いつ頃のことをいうのでしょうか?
気象庁の区分では、3月~5月が春、6月~8月が夏、
9月~11月が秋、12月~2月を冬としています。

特に風邪を引きやすいのは、季節が変わる1ヶ月前後と言われています。
例えば、8月末~9月末にかけては、夏の暑さが和らぎ過ごしやすくなりますが、
朝晩の寒暖差も大きいため、体にストレスがかかりやすくなるのです。

なぜ、気温差の影響で体調不良が起こるのか?

気温差
気温差が激しいと、体にストレスがかかりやすいといわれています。
その原因は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れる「自律神経の乱れ」にあります。
いわゆる「自律神経失調症」です。
自律神経には、日中や活動時に働く「交感神経」
夜間やリラックス時に働く「副交感神経」があります。
この2つの神経は、体温・発汗の調整、呼吸、循環、代謝などを司っています。
激しい寒暖差は、頻繁な体温・発汗の調整を余儀なくされるため、
交感神経と副交感神経のバランスが崩れて「自律神経の乱れ」を引き起こしやすいのです。

その他の自律神経を乱す原因には、
ストレスや生活リズムの乱れ・睡眠不足、ホルモンの影響などが挙げられます。

自立神経の乱れによって起こりうる体調不良とは?

体調不良
では、具体的にどのような体調不良が起こるのでしょうか?

1.頭痛

偏頭痛、締め付けられるような痛み、
刺されるような痛みが起こることがあります。

2.肌荒れ

肌が乾燥する、ニキビができる、敏感肌になる、などの症状が起こります。
自律神経が乱れると、汗が出ない、
無駄に汗をかくといった発汗機能の異常が引き起こされるため、
それが原因で肌荒れを引き起こしている可能性があるといわれています。

3.めまい・耳鳴り

めまいや耳鳴りも代表的な症状のひとつです。
耳鳴りや耳の聞こえが悪くなることもあります。

4.倦怠感・眠気

疲れやすい、常に疲れている、体がだるく力が入らない、
体が重く感じられるなどがあります。
寝つきが悪くなることもあります。

季節の変わり目に負けない予防策3つ!

では、季節の変わり目をどう乗り切ればいいのか?
具体的な対策方法3つをご紹介します。

1.栄養バランスに配慮する

栄養バランスに気をつければいい、、と頭ではわかっているものの、
なかなか難しいのが現状です。
しかし、やはり偏った食事は季節の変わり目には特に禁物です。
ビタミン、ミネラル、カルシウムなどは自律神経を整える効果が期待できます。
今日からすぐにできることとして、「食事の見た目に気をつける」があります。
具体的には、赤、緑、黄色の色が食卓にのるように意識して食事を選ぶこと。
外食時は単品料理ではなく定食、
コンビニでは具だくさんの味噌汁や野菜スープがおススメです。
オフィス近くにどんなコンビニがあり、何をおいているのか?
また、都心ではサラダやデリの宅配サービスもあります。
自分の仕事スタイルにあわせて、柔軟に対応することで、予防につながります!

2.体内リズムを整える

規則正しく寝起きし、できるだけ決まった時間に食事を摂るように心がけることが一番効果的です。
しかし、やはり決まった時間に寝起きして食事をするのが難しい方も多いはず。

1 2
アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪