お酒を楽しく飲むために!お酒の酔い対策におすすめな食べ物とは

 

春夏秋冬、私たちはお酒を飲むイベントからは逃れられません。
調子に乗ってついつい飲みすぎていまい、
翌日の予定をすべてキャンセルするくらの二日酔いになることも、たまにはありますよね。
(毎回そうなっている知り合いもいますが。笑)

大酒飲みも、そうでない方も、お酒の酔い防止になる食べ物があるとしたら、食べておきたいところ。

今回は、飲む前、飲んでる最中、飲んだ後の3つのタイミングで食べるべき
酔い対策にオススメな食べ物をご紹介します!

飲む前には、これを食べておこう!

oil
①脂肪分(バターやオリーブオイルなど)
 理由:様々な食材の中で、二日酔い予防、防止に最も効果が高いのは「脂肪」です。
    脂肪は胃の中ではほとんど消化・吸収されず、その下の十二指腸ではじめて消化され始ます。
    また、他の食品と比較しても吸収に長い時間を要します。その結果、アルコールの胃での吸収を大幅に防いでくれます。
    さらに、腸での吸収速度をゆっくりにすることから、急激な酔いを防止する効果に優れています。
    ノンオイルでないドレッシングのかかったサラダなども良いでしょう。

ナッツ
②ナッツ系
 →こちらも、脂肪分が豊富なため胃の粘膜をコーティングし吸収を抑制します。

緑茶
③緑茶
 →緑茶に含まれるカテキンには、アルコールの吸収抑制効果があります。

飲み会中に食べたい&飲みたいのはこれ!

①柑橘系の100%オレンジジュースまたはオレンジ。
オレンジ
 →オレンジ果汁には飲酒後の血中アルコール濃度を低下させる機能があり、しかも果汁の濃度が高いほど機能が大きいことが明らになっています。

トマト
②トマト
 居酒屋に行くと必ずといっていいほど置いてあるトマトサラダや冷やしトマト。
 トマトを食べることで、肝臓中のアルコール代謝に関連する酵素の活性を高める効果が得られたという実験結果がでています。
 トマトジュース+ビール=レッドアイが酔いにくいといわれているのも、これが理由です。

飲んだ後にオススメなのはこれ!

水

1 2
Kotake

元ホテルマン。ホスピタリティ担当。女子を圧倒する女子力の高さに定評があります。(喜んで良いものか…。)