銭湯の魅力。-飲みすぎた翌朝の銭湯は、まさに極楽浄土-

 

白いご飯とお風呂が大好き、イッセーです。
以前、岩盤浴について書きましたが、(※営業マンの全身疲労を癒す!岩盤浴の魅力とは)
銭湯も同じくらい大好きなんです。

しかも、朝イチに入る湯船の気持ちよさときたら・・・。
今回は、銭湯の魅力についてたっぷりお伝えします!

イッセー目線、銭湯の魅力とは

安い!早い!広い!

浴槽

まず、なんといっても値段ですね。
東京都にある銭湯は、一部異なる場所もありますが、基本は大人(中学生以上)が460円
小学生が180円、6歳未満の子どもなら80円で入れます。
一方、都内にあるスーパー銭湯(※銭湯よりも、付帯設備が充実している)は、
大人が1,000円以上かかるのは当たり前。中には3,000円近く必要なところもあるので、それと比べたらワンコインで楽しめるのはやっぱり魅力的ですね!

そして、朝早い時間から空いているということ。(※銭湯による)
特に、朝早い時間に入る銭湯の気持ちよさときたら・・・。
まずお客さんが少ない。これです、これに尽きます。
定期的に通っていると、番頭さんとの会話も増えて楽しくなります。

最後に、広さ!これはも自宅が豪邸でもない限りは味わえないですよね。
開放感のある洗い場に、大きな浴槽。しかもピーク時を避ければ、お風呂を独り占め気分!

値段は安く、朝早くから楽しめて、身体の疲れを癒す。
最高の娯楽ではないでしょうか。


レトロな雰囲気

脱衣所

平成生まれの私ですが、「THE 昭和」な感じがする銭湯は、どこか落ち着きます。
よく、周りの女子達は「古いより、新しくて綺麗なほうがいい~。」と言っておりますが、私は断然銭湯派です。
古いなりの良さがありますからね!(時々昭和生まれなのかなって思う。)
レトロな雰囲気、味のある木目、何年も手入れされてきた各設備、10円で温風が出るドライヤー。
銭湯の原点となった「入浴」は、なんと奈良時代に始まったそうです!歴史を感じながら湯につかるのも、乙ですねぇ。

(出典:東京都浴場組合HP)

イッセーお気に入りの銭湯ベスト3!

1.燕湯(御徒町)

燕湯

1 2
イッセー

アウトドアと岩盤浴をこよなく愛してます。白飯に合うおかずを与えると、泣いて喜びます。ご飯お代わり無料の定食屋は神ですね。