レーシック体験記。レーシックでストレスフリーな生活を満喫しています。

 

2000年には約2万人、2005年には7万人に増加。
この数字なんだと思いますか?

これは、レーシック手術を受けた患者の数です。
十数年前から話題となり、今ではメガネ、コンタクトレンズに続いて
視力矯正の選択肢として主流になりつつあります。

しかし、「いざ手術をするとなると、不安…。」という方も多いのでは?

そこで今回!レーシック体験者に手術前~現在の生活についてインタビューしてきました。
レーシックを受けようと考えている方は、是非参考になさってくださいね。

レーシックってどんな手術?

レーシック(Lasik)とは、Laser in Situ Keratomileusis「レーザーを角膜に照射し、修正する」という意味の頭文字を取った略語になります。
その名の通り、レーザー(エキシマレーザー)を使用して、眼の角膜を薄く削り、屈折力を調整して視力を回復させる手術です。
全米でのレーシックの症例数は、年間130万件以上にのぼります。日本では2000年1月厚生労働省(旧:厚生省)に、エキシマレーザーの安全性が認められ、
メガネやコンタクトに代わる第3の視力矯正方法として、注目を浴びています。
近年、芸能人やスポーツ選手など著名人が続々とレーシックを受けている影響もあり、日本でも年間約45万件のレーシックが行われています。

LASIKネットワーク代表の坪田一男氏(慶大教授)は、
「レーシックは角膜の表面を治療するもので、数ある手術の中でも安全性の高い治療であることが世界各国の症例報告から評価されています。
ただし医療も車や飛行機と同じで、人が正しく扱うことで安全な治療となります。」
と述べています。

ただし、どんな手術にも100%はあり得ません。
視力が回復しないという点以外にも、下記の様な症状がでる人も一定の割合いますので、そのことを念頭に置いて検討しましょう。
また術後の目の保護や安静期間の指示に従わない患者さんも多いと聞きますので、術後の指導はきっちりと守りましょう。

・ドライアイ(人によっては2~3カ月続く場合も)
・夜間に光のにじみやまぶしさを感じる(瞳孔の大きな人がなりやすい)
・しみる感じ・異物感・痛み

レーシック体験者に聞いた!手術前~現在に至るまで

【体験者プロフィール】

・Nさん(33歳)、会社員。クールでイタズラ好きな、頼れるお兄さんです(笑)

Q:レーシックを受けようと思ったきっかけを教えてください。

『高校3年生から目が悪くなってきて、大学時はメガネで過ごしていました。コンタクトレンズも試してみたのですが、私の目には入らなかったんですよ。
なので大学~社会人はしばらく眼鏡をかけていました。24歳の頃、当時周りの人たちがみんなレーシック手術をしていたので、「自分も受けてみようかな」と思ったのがきっかけです。
手術を受けたのは26歳になった頃でしょうか。』

Q:レーシックを受ける前の不安はありましたか?
特になかったですね。「痛いのかな~」くらいです。
後は人によってはレーシック手術に適応できない場合があるので、自分はどうなんだろうなと思っていたくらいでしょうか。
後遺症や失明の恐れなどについても、考えなかったですね。

Q:クリニックを選ぶときに何を判断基準にしましたか?
私が気をつけたのは下記の点です。

①豪華な設備を持っている
②清潔感
③スタッフ人数が十分である
④症例数や実績が多い

以上の条件を満たしていると判断し、選んだのが品川近視クリニックです。
加えて、紹介チケットを持っていて割引ができたので、こちらを選びました。

1 2
アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪