日焼けした髪、ケアしてますか? 美容師直伝、ヘアケアのコツとは?

 

美への追及は、人一倍敏感!ナナミです。
今回は、友人の美容師に「日焼けした髪のケア方法」について教えてもらいました!
題して、「美容師直伝!髪の紫外線ケア方法」をご紹介します。

髪のダメージのほとんどは、紫外線が原因?

実は、髪の傷みの原因のほとんどは紫外線によるものと言われています。
ヘアアイロン、パーマ、カラーなども傷みの原因になるのですが、紫外線の比ではありません。

「紫外線=日焼け」です。夏の時期は特に注意しなければいけません。
体の中で太陽に一番近い位置にある頭皮や髪の毛が受ける紫外線量は、
顔に比べて3~5倍以上といわれています。

顔も、すっぴんの状態で紫外線を浴びると、
真皮まで届く紫外線の影響でシミ、シワ、たるみなどの老化現象が起こり、
人によっては炎症や赤みが起きたりと、さまざまな肌トラブルの原因になります。

髪が日焼けするとどうなるの?

では、髪が日焼けする(紫外線をたくさん浴びる)とどうなるのでしょうか?


①キューティクルがはがれやすくなる。
②髪が乾燥しツヤがなくなり、パサつきが多くなる。
③髪の柔軟性がなくなり、切れ毛や枝毛が増える。
④紫外線がメラニンを分解するので、髪の色が褪せて赤茶けた色になる。
⑤カラーの色が落ちやすくなる。

…どれも、髪の毛にとってマイナス要素ばかりですね。
紫外線の影響によって、 髪の老化が進行すると、抜け毛、薄毛、白髪増量の原因にもなります。
特に夏場は紫外線のダメージを受けやすいので、いつにも増して丁寧なケアが必要です。

美容師おすすめ!美髪のためのUVケア


(※画像:shingoさんスタイリング)

1.ドライヤー前には必ずオイルを

皆さんは、ヘアオイルって使ってますか?
オイルには、髪に潤いやツヤを与え保湿する効果があります。



特に、ドライヤー前にはヘアオイルを忘れてはいけません。
髪は濡れるとキューティクルが開いている状態になり色々な成分が浸透しやすいので、
その状態の時にヘアオイルを使用するのが一番効果的です。
また、髪の1本1本を保護しなければ、蒸発して乾燥してしまうからです。

「ベタベタする気がして苦手…。」という方もいるかもしれませんね。
でも、ちょっと待ってください!それはヘアオイルをつけすぎている可能性があります。
ヘアオイルは伸びがいいので、ワンプッシュぐらいが適切です。
ショートヘアの方は、1/2程度でいいでしょう。

2.お出かけ前には、ヘアミルクで髪を保護

ヘアオイルと同じように日常使いしたいのが、ヘアミルクです。
ヘアミルクは、ヘアオイルと同様に髪を保護する効果があり、
髪のパサつきや広がり、枝毛の修復等も期待できます。
オイルと同様に保湿感がとても強く、潤いを長時間キープ出来ます。


使い心地はとても軽くサラッとしていますので、お出かけ前の乾いた髪におすすめです。
つけ方は、ヘアミルクを手のひらにとって両手にまんべんなく広げ、髪の毛全体にもみ込むようにしましょう。

3.ウェットヘアにしたいなら、バターバーム

最近皆さんにおすすめしているのが、ジェミールフランシリーズの「メルティバターバーム」です。


メルティバターバームは、温まると溶けて冷えると固まります。
そして、嬉しいのがスタイリング剤を使った後の手に残るベタベタ感とは無縁になるということ!
なぜなら、メルティバターバームなら、残ったスタイリング剤をハンドクリームとして使えてしまうから。
髪のスタイリングと保湿、さらに手の保湿もできるので、忙しい朝には大助かりではないでしょうか。

こまめなケアで、潤いとツヤのある髪をキープ!

ドライヤー前には、オイルで髪を保護。
お出かけ前には、ミルクでパサつきを抑える。
髪に動きを出したい時は、バターバームでウェットなヘア作り。

1 2
ナナミ

猫耳がトレードマーク。ナナミです。 美容と恋愛のコラムを担当しています。 18歳でキャバ嬢、22歳~エステティシャンに。 様々なタイプの男性と出逢い、恋愛と美について探求してきた経験は、私の宝物です♪