新しい食育のカタチを発見!” 街づくりができる管理栄養士 ”とは?

 

あなたの街には、どんな管理栄養士がいるでしょうか?
保育園、小学校、社員食堂、病院など、管理栄養士が働く場所は様々です。

「管理栄養士」=「給食を作る人」というイメージを持っている方も多いでしょう。
しかし、管理栄養士の活躍の場は単に給食を作るだけの人には留まりません。

今回お話を伺ったのは、飲食店の立ち上げから料理教室講師と、
「街づくりができる管理栄養士」として幅広いフィールドで活躍している清水麻美さん。
管理栄養士を目指している学生の皆さんや、キャリアプランで悩んでいる管理栄養士の方は必見です!

管理栄養士であることに、悩んでいた時代も

清水さんが現在働いているのは、UDS株式会社という
”まちづくりにつながる「事業企画」「建築設計」「店舗運営」”を生業としている会社。
清水さんは、飲食店立ち上げのメニュー考案、カフェや社員食堂の運営など、
栄養管理から施設の運営まで、幅広く「食と健康」に携わっています。

UDS株式会社の事業の核となっている「街づくり」。

清水さんはUDSの理念のもと「街づくりができる管理栄養士」として、日々奮闘しています。
しかし「街づくりができる管理栄養士」として働くまでには、悩みや苦労も多かったそうです。

清水さん:
今は街づくりができる管理栄養士として、日々充実していますが、大変な時期もありました。
私の初めての勤務先は、児童養護施設でした。児童養護施設を選んだ理由は「子どもの健康」に携わりたかったからです。

赤ちゃん~小学生ぐらいまでの多感な時期は、食事の影響をストレートに受けやすくなっています。
私たち人間は、体内に取り入れる栄養、水、空気をはじめ、人間環境や知育玩具などの外的刺激を受けて、段々と体が作られます。

産まれてから小学生ぐらいまでの時期は、体の基礎作りをする大切な時期ですから、
栄養士としてその大切な時期を食の力で支えたいと思いました。

しかし、働いて大きく感じたことは「施設の食事だけでは、十分ではない。」ということです。
保育園や小学校も同様ですが、ランチタイムだけとびっきり健康な食事を用意しても足りず、普段過ごす家庭や地域の環境も大切だということに、改めて気づかされました。

「私はこのまま管理栄養士として働くべきなのか、それとも違う分野から健康支援をするべきなのか。」
と、ものすごく悩みましたが「管理栄養士」という仕事にはもっと可能性があると信じていたので、職種は変えずにレベルアップを図ることにしたんです。

管理栄養士としてレベルアップしたい。
そんな清水さんが選んだのが、児童養護施設よりも規模の大きい「小学校」でした。
そこで小学校の臨時職員として働き始めた清水さんですが、働ける期間が限定的であったこと、また、栄養教諭の資格を持っていなかったことで食育の授業に関わることができずに歯がゆい思いをしたそうです。

清水さん:
こうなったら、意地でも教員免許をとろう!と思い、栄養教諭の免許を取るために
母校の大学に戻り科目履修生として学びました。その間、カフェとケーキ屋のアルバイトをかけもちしながら採用試験の勉強もしていました。

大学に行き直して栄養教諭を取得しましたが、
小学校の栄養教諭になるのは狭き門で、当時20倍という倍率で不合格になってしまったんですよね。

しかし、凹んでもいられないので、管理栄養士としてのフィールドを広げられる
環境を探していた時に、たまたま大阪でUDS株式会社を見つけました。
そこで進学塾に併設されている寮の運営と栄養管理を担当しました。
一般企業としては稀な「管理栄養士採用」でしたので、私がUDSで働くことで「管理栄養士」としての地位向上や食と健康の重要性を、社内・社外共に啓蒙したいと思い、無我夢中で働きました。

受験の壁が立ちはだかり、希望の場所で働けないもどかしさを抱えていた清水さん。
凹みはしつつも、彼女の前向きな姿勢が変わることはなく、気持ちを切り替えて就職活動を再開。

そこでUDS株式会社と出会った彼女は、管理栄養士として様々な施設に関わり、気付けば街全体の健康を支える管理栄養士として活躍していました。

管理栄養士の地位を、もっと向上させたい!

清水さん:

今では、UDS株式会社で働くことが出来て本当に良かったと思っています。
むしろ、受験に落ちて良かったかもとさえ、思うほど充実しています(笑)。

気づいたら、施設の立ち上げを任され、料理教室の講師をやって、
学童施設の献立を考える仕事にも携わることが出来ましたから。

管理栄養士として多様な場所で活躍する機会をもらえたことはもちろんですが、
管理栄養士以外のビジネススキルが身についたことも、本当に良かったと思っています。

1人のビジネスパーソンとしてのスキルが身についていることで、
他職種の方と話がしやすくなり、周りの人も巻き込みやすくなるんです。

私が目標としているのは昔と変わらず「子供の健康」を支えることで、
今は「街づくりができる管理栄養士」として、地域全体の健康を支えて良い街づくりのお手伝いがしたいと思っています。

そして日本をもっと健康にして、医療費の削減にも貢献したいですね!

街の健康を支え、街づくりができる管理栄養士として活躍する清水さん。
「食育」という言葉が登場し、その実際は自治体や企業に任されている今、彼女の活躍は、「食育」の1つのモデルケースになるのではないでしょうか…!
これからも、清水さんの活躍とUDS株式会社の街づくり事業から、目が離せません!!


【執筆協力】
UDS株式会社 管理栄養士
清水麻美

兵庫県朝来市出身。地元で児童養護施設や小学校栄養士の経験を経て、大阪でUDS株式会社と出会う。
大阪市立でのカフェ立ち上げ等を経験し、東京へと本拠地を移す。
UDS株式会社の管理栄養士として、リラックス食堂の立ち上げに携わる。
現在は、東京・神奈川を中心に飲食店の立ち上げや料理教室講師など、様々なフィールドで活躍している。

【店舗情報】

リラックス食堂 HARAJUKU
住所:東京都渋谷区神宮前1-19-19 1F
営業時間:月~金曜 9:00~18:00(ランチタイム11:30~14:30)
定休日:土・日曜、祝日
relax食堂

リラックス食堂HARAJUKUを運営するUDSは、コーポラティブハウスやホテル、
レストランなど、様々な施設の企画・設計・運営を通したまちづくり事業に取り組む会社です。
その事業の一つとして、大阪、広島、滋賀、仙台の4拠点で、
学生寮向けに始めた「リラックス食堂」を運営してきました。
いまから1年ほど前に、本社が代々木から現在の原宿へ移転するとき、
社員の間から「社員食堂をつくってはどうか」という声が挙がりました。
そこで、オフィスの1階に「まちに開かれた社員食堂・リラックス食堂HARAJUKU」がオープンすることになりました。

リラックス食堂は全国5か所にあります。
詳しくはコチラ!

【学童施設:コサイエについて】
コサイエは、海老名駅徒歩5分という好立地で、平日は学童保育(アフタースクール)として、
休日は科学教室として、小中学生に様々な学びを提供している施設です。
清水さんは、コサイエの管理栄養士としても活躍されています。


公式HP:https://ricohfuturehouse.jp/3f/

鈴木さん

管理栄養士の鈴木です。 食生活、健康法、ダイエットなど、健やかな心身をつくるための お役立ち情報をお届けします。”You are what you eat !”