辞めたいのに辞められない。「転職できないジレンマ」を脱する方法

「辞めたいけど、自分のスキルで次がすぐに見つかるのかな…。」
「仕事が忙しくて、なかなか次の行動に移せない…。」
「貯金がないから、すぐに辞めるのは難しそう…。」

あなたは、このようなジレンマを抱えながら、転職への第一歩を踏み出せずに過ごしていませんか? 「新しい環境でチャレンジしてみたい!でも不安が拭えない…。」と負のループを繰り返してしまう理由は、どこにあるのでしょう?
その原因と対策について解説します。

20代の仕事に関する悩みとは?

辞められない理由と対策を考える前に、20代の皆さんが感じている「仕事の悩み」を改めて確認してみましょう。

「仕事がつらい、面白くない」
「就職前後の会社のイメージに乖離があった」
「このままだと将来像が描けないと感じている」
「人間関係がうまくいってない」
「同年代と比べて年収が低い」

等々、このような悩みはよく耳にするのではないでしょうか。
転職・就職支援サイト「アールエイチナビ」が、20代転職経験者500人 に「転職をした本音」について調査した結果、次のような理由が明らかになりました。

出典:アールエイチナビ

第1位が「労働時間・環境が不満だった」(39.0%)。次いで「人間関係がうまくいかなかった」(18.8%)、「給与などの待遇が悪かった」(15.8%)と回答が得られました。
これら上位3つのホンネは、自分が変わることですぐに解決できる問題とは言い難いでしょう。社内の待遇改善や人間関係の再構築に時間を費やすよりも、転職して環境を変えてしまう方が、時間的にも精神的にも負担が少ないことは間違いなさそうですよね。

辞められない理由①「金銭的な不安」

辞めたい理由が明確になっても「辞められない」とジレンマを抱えている人は、後を絶ちません。その大きな理由の1つに「金銭的な不安」が挙げられるでしょう。

転職を考えたとき、まず問題となるのが今の仕事を続けるか否かです
転職サービスを展開している「エン・ジャパン」が行ったアンケートによると「在職中に転職活動を行ないますか?」という問いに対しては、86%の方が「在職中」と回答しています。

グラフ2

出典:エン・ジャパン

在職中に転職活動を行う最大のメリットは、「経済面での不安がないこと」に他なりません。
転職中は、面接の交通費、就活カウンセラーに支払うサービス費用等、場合によっては資格取得費用などもかかってくるでしょう。
普段の生活費とは別に「転職活動費」が必要となれば、よっぽど貯金があれば話は別ですが、「1ヶ月の固定収入が急に途絶えるのに支出が増える」という事実に不安を感じるのは自然な感情でしょう。
離職後の支援として「失業保険」がありますが、手続きの準備や給付金振り込みには手間と時間がかかります。

また、在職中に転職活動をする理由として「無職の期間を短くしたい」ということも挙げられます。転職活動は、平均2~3ヶ月ほどかかると言われていますので、数ヶ月程度なら無職期間があってもマイナス評価になることはありませんが、半年以上も間が空いてしまうと、転職活動で不利になってきます。

無職期間がマイナス評価につながるケースは、
①仕事への意欲がないと思われる
②どこにも採用されない人物だと思われる
③無計画に転職活動する要領の悪い人物だと思われる
 等です。

無職期間をマイナス評価にしないためには、空白期間に何をしていたかをしっかり説明できるようにしておきましょう。半年を超える無職期間がある場合は、確実にその理由を面接で聞かれると考えておくのがベストです。

辞められない理由②「転職活動の時間を作れない」

pixta_41892733_S
「仕事が忙しすぎて、思うように転職活動の時間を作れない」という悩みも、転職活動に踏み切れない理由の1つでしょう。
例えばこんな事例があります。
『現職では、平日の休みを1カ月前に申請する必要があるため、面接日を指定されても調整をつけることができなかった。結局、企業からの連絡が途絶えてしまった。(28歳女性)』

このように、「とりあえず転職エージェントに登録してみたものの、面接の調整がつけられない。」と悩んでいませんか?
しかし、だからといって「企業研究」を十分にしないまま焦って転職するのはオススメできません。

20代転職経験者500人 に「過去の転職活動において後悔したこと」を聞くと、ダントツの理由は「入社前の情報収集が足りていなかった」という点でした。

【調査概要】
調査名:転職活動に関するアンケート
調査方法:インターネット調査
調査期間:2017年9月7日~9月10日
調査対象:20代の転職活動経験者
就職活動有効回答数:500名

企業に関する情報の収集不足は、入社後のギャップにつながりやすく、「せっかく転職したのに…」と後悔する可能性大です。
また、もしあなたが同業界ではなく「異業種「他職種」への転職を考えているのであれば、事前調査はさらに時間をかけるべきでしょう。
もしも、転職後に「やっぱり前職の業種職種に戻りたい」となった場合、「転職に対する考え方が甘い」「転職に対する準備が不足している」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。それは絶対に避けたいですよね。

20代の転職では、企業側が「若手の人材を採用したい」と思って、積極的に入社を勧めてくることもあるでしょう。しかし、5年後、10年後にあなたが幸せに働いているかどうかは、あなたにしか分かりません。
重要な決断をするタイミングですので、じっくり、時間をかけて決断を下したいところです。
そこでおすすめしたいのが「じっくり転職」という新しい転職支援サービスです。

転職活動中の金銭面もサポート!「じっくり転職」の強み

pixta_48044805_S
「じっくり転職」は、

・転職活動したいけどお金がないから辞められない
・社会人経験乏しいから職務経歴書に書けない
・今すぐ辞めたいけど、次は時間をかけて決めたい

等の悩みを抱えた20代社会人をサポートする転職支援サービスです。

一般的な転職エージェントと違うのは「転職活動中の仕事もサポートする」という点です。

①転職中でも高日給!金銭面の不安を解消

じっくり転職では、大手携帯キャリアと提携しており「シフト制」で「日給10,000円~18,000円」の仕事をすることができます。一般的な派遣が日給8,000円前後、アルバイトが1,000円前後ですので、効率よく稼ぐことができます。
事前研修もあるので、初めての方でも問題なく働くことが可能です。

②じっくり企業研究!転職活動に専念できる

勤務は週3から可能で、スケジュールに自由が利きやすいので、企業の面接を第一に動くことが可能です。また、まとまった休みを取ることもできるので、終日の企業説明会に出向くことも可能です。

③面接にも効果的!接客で対人スキルがアップ!

一般的なアルバイトと違い、大手キャリアでの販売業務経験は「無職期間」ではなく、職務経歴書に書くことができます。実践的に対人スキル・ヒューマンスキルを身に着けることができるので、採用面接での高評価に繋がるといっても良いでしょう。

④事業会社の取引先を優先的に紹介!

じっくり転職では、インターネット広告代理店が既に取引しているクライアントの求人を優先的にご紹介します。既存顧客の求人だからこそ、窓口担当者を通して詳細な業務内容や社風について質問することも可能です。単に企業の求人票を紹介するだけでなく、一歩踏み込んだ細かい支援を実施しているので、ミスマッチの防止にもつながります。

―次は絶対に、後悔したくない。
あなたが納得できる転職を実現するためにも「じっくり転職」のサービスをフル活用してみてはいかがでしょうか。

バナー即席

某会社の経営に携わっています。 仕事術やマネーに関するコアな情報を、お伝えしていきます。