転職者必見!経営者は、応募書類のどこをチェックしているのか?

 

7月になりました。
この時期は、転職者が増える季節でもあります。

新卒時とは違って、履歴書に加えて職務経歴書を書く必要があるのが転職者の宿命。
何を書いたらいいのか悩んでいる人、いませんか?
また、履歴書のどこを見られているのか気になりませんか?

今回は、そんな転職者の疑問解決のために「応募書類のどこをチェックするのか?」を、
某企業の経営者にインタビューしてきました!
転職活動の参考にしてみてくださいね。

履歴書を見る時間は、わずか数秒?

インタビュー協力者

履歴書を見る時間は、数秒間ですね。ここで職務経歴書を読むか、面接に進むかが決まります。
数秒間で見る項目は、志望動機と写真です。
志望動機は長く書いてあればいいわけではなく、 
自分の興味があることや、御社のどこに惹かれたのかなどが書いてあればいいです。
それよりも写真が大切ですね。

たまに目つきが悪いなと感じる人や、目に力がないなぁと感じる人がいます。
「相手に自分がどう見えるのか」を意識した写真は大切ですね。
会ってみたいと思うかどうかの決め手になりますから。

履歴書を見たときに、「会いたいな」と思う人の共通点

まず、履歴書が手書きなら、字の綺麗さをチェックします。
あとは、面白そうな趣味を持っていたら気になりますね。
話を聞いてみたいなと思います。

1 2
ビジネス担当:N

某会社の経営に携わっています。 仕事術やマネーに関するコアな情報を、お伝えしていきます。