就活生必見?!ブラック企業の見分け方、ご存知ですか?

 

ビジネス担当のNです。
今回、気になるタイトルのセミナーを発見。その名も、「ブラック企業の見分け方」。
「ブラック企業」と聞いて記憶に新しいのが株式会社電通ですよね。
なんと、2016年にはブラック企業大賞2016の「大賞」に選ばれてしまったとか…。
(引用 ブラック企業大賞 :http://blackcorpaward.blogspot.jp/)

幾らネームバリューのある企業とはいえ、蓋を開けてみれば人事評価制度がなく、
正当な評価を得られないまま働いている社員も少なくないでしょう。

「ブラック企業」に明確な基準はない?!

そもそも、ブラック企業という言葉の概念が生まれたのはいつごろでしょうか?
厚生労働省でもはっきりとした基準を打ち出しているわけではなく、労働基準局の資料には下記のような記載があります。
『一般的な定義としては、労働者を長時間労働させる企業やパワーハラスメントなどで
労働者を精神的に追い込む企業などがマスコミ等に「ブラック企業」と言われています。』

・・・これではブラック企業かそうでないかを見分けるのは困難ですよね。
ハッキリとした基準がない以上、私たち社外の人間には判断できません。

しかし今回、「●●のない企業は、すべてブラック企業」と基準を打ち出している会社と出逢いました。
それが、「株式会社あしたのチーム」です。

人事評価であなたが変わる。

あしたのチームは、「はたらく人のワクワクを創造し、あしたに向かって最高のチームをつくる。」を
企業理念として掲げ、人材育成に力を入れている会社です。

”性格も能力も異なるさまざまな個性が、ひとつの目標に向かって一丸となって進んでいける。私たちは、そうした一体感ある組織をチームと呼んでいます。
そして、働く人が活き活きと仕事に取り組む、それぞれの企業にとっての最高のチームづくりをお手伝いします。”

(引用 株式会社あしたのチーム:企業理念)

働き手と組織との関係性を、適正に保つことが重要と考えるあしたのチーム。
数々の企業内部に積極的に関わり、内情を知っている彼らが打ち出した基準は、
いったいどのようなものなのでしょうか?

●●のない企業は、すべてブラック企業


登壇者:株式会社あしたのチーム 執行役員 窪 健作
数々の企業再生に携わった経験を持ち、ブラック企業の現場事情に詳しい。


あしたのチームが考えるブラック企業の定義とはいったい何なのか。
それは「人事評価制度のない企業は、すべてブラック企業」ということ。

窪:「人事評価を軽視している会社は、ブラック企業と呼べるでしょう。」

ここで、事例をみてみましょう。

こちらの事例、簡単に言うと「社員に対して、会社で作業する場所を与えなかった」というもの。
社員が会社にいっても、自分の居場所がない。これは、精神的なダメージは相当大きいでしょう。

日本企業は、社員を簡単に解雇できない法律があります。そこで「自主退社」に追い込むのです。
例えば、上司が部下に「提案を考えてくれ」と指示を出しますが、その提案は一切通りません。
初めから通す気はないのです。
まるで幼稚ないじめだ!と思うかもしれませんが、
このようなことが一企業の中で実際に起きているのです。

ブラック企業の見分け方 7つのポイント

あしたのチームでは、ブラック企業を見分ける7つのポイントを設定。
それが、こちらです!

一つ一つ、具体的に解説していきましょう。

1.「新卒」、「未経験」、「若手」でも活躍できる

裏を返せば、ビジネス価値の低い単純な仕事を任される可能性が高いとも言えるでしょう。
会社によっては、しっかり育成を行っているところもありますが、
従業員に消耗品のような働き方を強いる企業もあるのも事実です。
「誰でもいい」条件ではないか?を見極める必要があるでしょう。

2.経営理念や社是が強すぎる

その会社は、理念や社是だけが一人歩きしていませんか?
社会性のない仕事ほど、ミッションやバリューに頼りがちです。
例えば企業説明会などで、人事評価の仕組みの開示を求めた時には不明瞭な回答だが、
経営理念は熱く語ってくる場合は、要注意です。
きれいな言葉だけに頼っていないか?を確認しましょう。

1 2
ビジネス担当:N

某会社の経営に携わっています。 仕事術やマネーに関するコアな情報を、お伝えしていきます。