【リアル育児コラム】我が子の食事事情~離乳食・初期編

 

こんにちは、日々育児に奮闘中のまゆりです。

これまではできるだけお役立ち記事を書いていこうという方針でやっていたのですが、
せっかくリアルに子育てをしているので、
「何の役にも立たないかもしれないけど現実の育児ってこんな感じです」
というのを伝える記事も書いてみることにしました。

今回は「離乳食・初期編」です。
現在、息子は1歳3ヶ月。離乳食を始めたのは8ヶ月も前なので既に記憶が怪しいところも多々あるのですが、覚えている限りでレポートします。

離乳食初期の食事メニューって?

pixta_21086604_M_e

  • 離乳食のスタートはおかゆから。
  • 小さじ半分程度から徐々に増やしていき、1週間ほどおかゆに慣れさせた後に野菜に挑戦。
  • 新しい食材を与える時には小さじ1杯を午前中に与えるのが鉄則。
  • 1ヶ月ほど経ったら豆腐やしらすなどのタンパク質を追加する。

というのが大まかなルールでした。
ただ赤ちゃんのペース最優先なので量や進度は本当に人それぞれです。

私がその頃、作ってたメニューは以下のようなものです。

主食

最初の主食は米です。初期は10倍粥から。10倍粥とはお米の量の10倍の水で炊いたお粥のことです。
私の場合は大さじ2杯=30mlのお米に対して、300mlの水を入れて小さい鍋で作っていました。
できた後はさらにすりつぶしや裏ごしが必要と言われてますが、面倒なのでブレンダーでぶいーんとやって完成です。
完成した後は100均で売っていた製氷皿に入れて冷凍したものをジップロックなどに入れて保存していました。
食べさせる時には1個ないし2個取り出してレンジで解凍するだけです。

野菜

本当はいろいろな種類の野菜を与えなければいけなかったのですが、面倒で…
わりと限られた食材をローテーションしていました。

・ほうれん草
・人参
・かぼちゃ
・じゃがいも

このあたりが主力の選手です。
お鍋でコトコト煮て柔らかくしてブレンダーでぶいーんとやって完成です。
冷凍から保存まではお粥と全く同じ方法でやっていました。

タンパク質

初期のタンパク質は豆腐かしらすが最適なのですが、豆腐は1回に量を食べないし、冷凍すると少し食感が変わるので使い勝手が悪くてしらすばかり使っていました。
しらすは1回分の量をラップでくるんで冷凍し、解凍後に茶こしに入れてお湯をかけ、小さいすり鉢ですりつぶして上げていました。
裏ごしまでするのは面倒だったのですり潰しただけのものでやっていました。

何が大変だった?

pixta_26055672_M_e

まとめて作って冷凍ストックして使うという感じだったので毎回作るよりは楽だったはずなのですが、それでもストックが切れた頃に野菜を煮てすりつぶすのを面倒に感じていました。
お粥も本に書いてある通りに、10分水に漬けて、15分煮て、火を消した後には蒸らして…とやっていたのでその工程を赤ちゃんの相手をしながら、あるいは赤ちゃんを寝かせた後にしなければいけないのがとても面倒でした。
それでも、この頃はまだ1回食で食事は母乳中心だったので、食べなくてもまぁいいかという程度に考えられて気楽なものでした。

今だから分かる、こうしていればよかったと思うこと

pixta_28586981_M_e

お粥も野菜も鍋でコトコト煮ていたのですが、もっと楽をできる方法がありました。

おかゆは炊飯器で大人の米と一緒に作る

炊飯器でお米を炊く時に湯呑みなどに水とお米を入れて炊けばお粥ができるそうです。
当時も何かでこの方法を見かけたのですが、なんとなくずっと鍋で炊いていました…
次に機会があれば炊飯器で作る方法も試してみたいです。

ボイル野菜も炊飯器で作れる

野菜も炊飯器で柔らかくできることを離乳食後期ぐらいに知りました。
野菜をラップで二重に包んで米と水をセットした上に置き、スイッチを入れるだけ。
じゃがいもはホクホクになってスプーンで簡単に潰せるぐらいになりました。
離乳食初期の頃ならここにお湯を入れて伸ばせば野菜ペースト完成です。
次はもう鍋で炊かない…

豆腐は小分けのものが存在した

これも後から知ったのですが、1個あたり70~80gの小分け豆腐も存在するようです。
毎回煮るのが大変なようにも思えますが、水と一緒に電子レンジに入れて加熱すればOKですよね。
次の機会があればもう少し豆腐もメニューに加えたいです…

私が参考にした本や雑誌

離乳食のきほん事典 西東社

とりあえず離乳食を始めるにあたって何か1冊…と思っている時に友人が薦めてくれたのがこちら。
時期別の食材の○✕表があったり、漫画があったり、冷凍のコツが書いてあったりと1冊で離乳食のアレコレが網羅できる内容でした。
カラーで読みやすいのも良かったです。

ひよこクラブ 11月号

離乳食を始めたばかりの頃に
「初めての食材は小さじ1杯からってあるけど、どのタイミングで食材追加したり、量はどんなペースで増やせばいいの?!」
と困惑しまくり、付録の『離乳食カレンダー』に惹かれて買いました。
毎年11月号に付いているらしいのでその時期に買っておくか、バックナンバーを買うことをオススメします!

離乳食・初期について思うこと

pixta_21086619_M_e

今、考えても適当~にやっていたなと感じます。
でも特に後悔はありません。それでも息子はしっかり育っているし。
離乳食の本やら栄養指導やらで教えてもらうことは「理想的なスタイル」。
全部その通りにはできなくても、参考にできる部分は盗みつつ、自分のペースでやればいいんじゃないかなぁと思います。

料理が得意・不得意な人、楽しい・楽しくない人がいるように、
離乳食作りや準備も得手不得手や楽しめる人とそうでない人がいます。
楽しめる人が丁寧に楽しんでやっているのを見て、焦りや後ろめたさを感じることもあると思いますが、
子どもが元気に育ってさえいればそれだけで100点満点!

だって、初めての育児は離乳食以外にも悩みが尽きないのです。
理想を追い求めずに「自分が無理なくできる範囲」を見極めて、
しんどくならない程度に進めていくのがいいのではないでしょうか。

まゆり

茨城在住。だいち(1歳3ヶ月)と夫の3人暮らし。 育児に、仕事に、日々アップアップしながら奮闘中。 世のワーママの皆さん!一緒に頑張りましょう!