新米ママ必見!最低限揃えておくべき&必要ない離乳食グッズ

 

こんにちは、日々育児に奮闘中のまゆりです。

これから離乳食を始める人は、そろそろ離乳食用のグッズを揃えないと…と考えているかもしれません。
雑誌や本を見るといろいろなツールが紹介されていてたくさんいるんだなぁと思ってしまうかもしれませんが、実際には全てを揃える必要はありません。
今回は最低限揃えておくべき離乳食グッズと買っておかなくても大丈夫な離乳食グッズについてご紹介します。

最低限揃えておくべき離乳食グッズ

pixta_6224834_M_e

ブレンダー

ブレンダーは「最低限」に区分するか「あると便利」の方に区分するか迷いました。
でも、あえてこれは最低限の調理グッズだと言い切ります!
なぜなら、もしこれがなかったら初期に「裏ごし」をしなければいけないからです。
裏ごしとは、茶こしなどで茹でた野菜を濾してなめらかにする作業なのですが、これが離乳食作りの中でも一番の手間になります。
ただ、ブレンダーがあれば少しのお湯を足してブイーンとやるだけで完了してしまうのです。
15~20分かけていた作業が5分足らずで終了。ただでさえゆっくり料理をできない時期なのでこの時間短縮はとても大きい!
一つあれば離乳食期が終わっても料理やおやつ作りで活躍します。
是非、離乳食期に入る前に揃えておくべきです。

↓料理にもお菓子作りにも使えるバーミックス。少し重いのが難点ですが、オールマイティな道具です。 スーパーグラインダーがあると飛び散らないのも便利。

↓離乳食用にと割り切って安価なものを買うのもありかもしれません。

ブレンダーは少々値が張るものもあるので出産祝いでリクエストするのも一つの手ですね。

製氷皿とチャック付き保存袋

離乳食は1回に食べてくれる量が少ないので、ある程度まとめて作って冷凍することになります。
その時に必需品なのが製氷皿とチャック付き保存袋。

製氷皿は100均に売っているもので十分です。
しかし、注意したいのは製氷皿の1ブロックあたりの大きさ。
選べるのであれば1ブロックが小さめのものを選びましょう。15ml(大さじ1杯)程度だと最適です。
ブロックが大きすぎると凍ってから取り出す時になかなか外れません。
氷であれば問題ないのですが、野菜のペーストなどの時にはうまく剥がれてくれないのです…
また、小さめだと使う時にも量が調整しやすいですよ◎

↓シリコン製の製氷皿なら取り出しやすい!

チャック付き保存袋はペースト状のものを入れて、切れ目になる溝をつけて冷凍すると、パキッと折るだけで1回分を取り出せるので便利です。
製氷皿よりも一回分を多めに区切っておきたいときや、どろどろしすぎていて製氷皿向きでない食材の時などに使えます。
そして、製氷皿で凍らせた後のブロックを入れておくのにも便利。
食材名や作った日をマジックで書き込んで管理します。

小さいすりこぎとすり鉢

離乳食初期~中期で使います。
最初には買っていなかったのですが、必要に迫られて途中で買いました。
ブレンダーを持ってるからそれで全部トロトロにしちゃう!という人もいるかもしれないのですが、中期以降、用意したものがうまく咀嚼できなくて食べてくれない時に、その場でさらに細かくつぶすというような作業が発生します。
まとめて作り置きする時にはブレンダーは便利なのですが、「このお皿の中のにんじんだけつぶしたい」「一食分のしらすだけつぶしたい」というような細かい対応がどうしても出てきてしまうので、やはりすりこぎとすり鉢が便利です。
サイズは小さめ推奨です。大きいすり鉢だと溝に食べ物が詰まってしまうのでもったいないです。
私は100均で買いました。
使う期間は初期~中期(場合によっては後期)だけなので数ヶ月だけの出番なのですが、重宝することは間違いないでしょう。

麺カッター

これも最初はいらないと思っていたのですが、必要になって後から買いました。
初期や中期ではつぶしてしまうので使わないかもしれませんが、後期以降で活躍します。
うどんやそうめん、パスタなどの麺類を与える時にそのままだと長すぎるのです。
子どもは1歳前後でもまだ歯が生え揃わないので麺類をうまく噛み切ることができません。
そのため、ある程度噛み切れるようになるまでは適度な長さにカットしてあげる必要があります。
最初はフォークやナイフで切ればいいのでは?と思っていたのですが、思ったより切るのに苦労します。
専用のツールを使った方が手早く済むのであった方がいいでしょう。
こちらも100均に置いてあります。

↓麺以外にお肉も切れる。ケース付きなので外出時も便利◎

あると便利!な離乳食グッズ

pixta_29272729_M_e

なくても乗り切れるけどあると便利なグッズについて紹介します。

おかゆクッカー

おかゆは鍋で作ってもいいのですが、しばらく鍋の番をしなければいけないので育児をしながらだと大変です。
また、冷凍ばかりでなく、できるだけできたてのおかゆをあげたいという人もいるでしょう。
そんな時に便利なのがおかゆクッカーです。

↓電子レンジで作れるので手間いらず。いつも出来たてをあげることができます。

↓炊飯器に入れて大人のご飯と一緒に作れるタイプも。蓋付きなのでそのまま冷蔵保管できます。

みじん切りカッター

離乳食期には、野菜の調理をする際、みじん切りをして柔らかく煮たものをあげたり、つぶしたりする必要があります。
毎回野菜のみじん切りをするのは地味に大変な作業…そんな時にはみじん切りカッターを使って楽をしましょう。
離乳食期が終わっても料理の時短に活躍すること間違いなし。
将来、子どもにお手伝いしてもらう時にも楽しくできそうです。

↓ある程度細かく切ったものを入れて操作するだけでみじん切りができます。

↓電動だとさらに楽ちん。

離乳食用の食器は必要なのか

pixta_15996201_M_e

離乳食用のスプーンや食器、最低限のグッズの中には入れませんでした。
なぜなら、家にあるもので代用できるからです。
では、私は買わなかったのかというと……実際、スプーンは数種類購入しました。笑
食器はお祝いでいただいたものを使っています。

節約しようと思えばできるところですが、初めての離乳食、せっかくなら子ども専用の食器を用意してあげたいですよね。
特にスプーンに関しては、その形状や柔らかさによって、子どもの食べやすさが変わる気がします。
外出時にも活躍しますので一つは持っていて損はないでしょう。

私が使っているおすすめスプーンを紹介します。

↓柄が長いので食べさせやすいです。サイズが2つあるのも時期や食材の形状によって使い分けられるのでGood!

↓シンプルな形状なのですが、なぜか食べさせやすい。子どもも食べやすそうです。ネットで高評価だったので離乳食後期ぐらいで買い足しました。

↓自分でスプーン使いたそうにしている?と思った時に購入。まだ使いこなせていませんが、普通のスプーンよりは食べやすそうです。

食器は専用の食器セットがあるとテンション上がりますよね。笑
食器セットは出産祝いなどにもいいと思います。

↓みんな大好きアンパンマン

↓ママのテンションも上がるはらぺこあおむし

↓大きくなっても飽きずに使えそうなシンプル食器も素敵です。

そして、意外と重宝したのがこのサイズのルクルーゼです。

電子レンジで使っても器が熱くなりすぎません。
結婚式の引出物でもらったものだったのですが、離乳食期に大活躍しました。
初期から中期あたりは1品の量が少ないのでこれぐらいのサイズの器は重宝します。

必要ない離乳食グッズ

pixta_29272761_M_e

人にもよると思いますが、これは慌てて買わなくてもいいのではという離乳食グッズを紹介します。

離乳食調理セット

お祝いなどでもらったのであれば活用すればいいのですが、わざわざ自分で買わなくてもいいかな?と思います。
使えるグッズも入っていますが、ほんのいっときしか使わないものも…
必要に迫られてから100均などで揃えるのでも十分です。

専用の冷凍小分けケース

あれば便利かもしれませんが、製氷皿とチャック付き保存袋があればおおよそ乗り切れます。
離乳食期が終わった後にも使うあてがあればいいのですが、使う予定がないとそのまま眠ってしまうことに…

ミルクパン

離乳食作りのために小さめのミルクパンを…と考える人は多いかもしれませんが、家にある小さめの鍋でも代用できます。
その後に使うあてがなければ慌てて買わなくても大丈夫です。

いろいろある!離乳食用のエプロン

pixta_20081974_M_e

エプロンは意外と子供の好みが分かれます。
事前に買っていてもビニールやシリコンタイプのものを嫌がったり、汚すだろうと思って長袖のエプロンを買っていても綺麗に食べる子の場合は使わないままになったり…その子の好みやタイプによって最適なエプロンがあるので、事前に買うよりは様子を見ながら必要に応じて買う方が良いでしょう。

↓支持が高いのはベビービョルンのシリコンエプロン。汚れがつきにくく、へたらないので長く使えます。

↓小さくたためるタイプは外出時にも便利。

↓汚してしまって服がすごいことになるという子には長袖タイプが便利。

まとめ

いかがでしたか?
離乳食の時期はたった数ヶ月。短いようにも感じますが、初めての場合には試行錯誤の連続です。
他の家事や育児に追われる中では、手間や悩みが尽きません。
便利なツールをうまく活用して少しでも楽しく取り組めるように工夫してみてはいかがでしょうか?

まゆり

茨城在住。だいち(1歳3ヶ月)と夫の3人暮らし。 育児に、仕事に、日々アップアップしながら奮闘中。 世のワーママの皆さん!一緒に頑張りましょう!