あなたの部屋は大丈夫? 赤ちゃんの安全のために、必ず対策すべき5箇所とは?!

 

こんにちは、日々育児に奮闘中のまゆりです。

11ヶ月の我が息子、毎日ずり這いで家中を移動し、そろそろつかまり立ちまで始めそうな様子。

日々の成長・変化は嬉しいものですが、家の中には危険がいっぱい。
そこで、今回は赤ちゃんがいるご家庭で「ココだけは必ずやっておきたい5つの安全対策!」をご紹介します。

対策その1.電気プラグ・コード

電気プラグは、赤ちゃんが舐めると感電する恐れもあり、非常に危険です。
コード部分は、赤ちゃんが何度も強く引っ張ったことによって内部で断線してしまった例もあります。
さらに、スマホ等の充電器は、よだれで水没して使えなくなることも。

赤ちゃんを安全に守り、電気製品を長く使うためにも対策は必ず必要です。

というのも、赤ちゃんって「なんでそんなにコードが好きなの?!」というほど電気のコードが好きなんです。
隠しているつもりでも、目ざとく見つけて、コード目指して一直線。
引き離しても引き離しても諦めることなく、
最後には「なんで遊ばせてくれないんじゃー!」といわんばかりに激怒します。

もうこれは赤ちゃんの習性なのでしょう…。
諦めて対策するしかありません。

まず、一般的な電気プラグへの対策方法から。

このタイプのカバーは、付属のネジかシールで簡単につけられます。
「ネジが表に見えていないコンセントの場合はネジで、表にネジがある場合はシールで」、と書かれていましたが、
私はドライバー使うのが面倒だったので、ネジが表に見えてないコンセントにシールで付けました(笑)

続いて、タコ足配線タップへの対策。

差込口によだれのついた指を突っ込んだり、通電する素材のものを差し込んだりすると、感電の恐れがあります。
そのために、このようなカバーで差込口に蓋をしておくと安心です。

さらにタコ足配線タップの場合は、タップごとこのようなケースに入れてしまいましょう。
大きめのケースであれば余っているコードを束ねて入れておくことも可能です。

↓ 充電器などを置いておく高い場所がない場合はこんなものも◎。インテリアとしても素敵ですね。

対策その2.テーブルや棚の角

歩けるようになると、立ってどんどん動きたい。
でも、まだよちよち歩きの赤ちゃんはすぐに転んでしまいます。
転んだ先にテーブルや棚の角があったら流血事故に、なんてことも……ゾッとしますね。

そんな日が来ないように、しっかり安全対策をしておきましょう。

↓ 定番なのがこのように角にすっぽりはめられるタイプ。

こちらは、机や棚のサイズに合わせて自分で切り取ってはりつけるタイプ。

1 2
まゆり

茨城在住。だいち(1歳3ヶ月)と夫の3人暮らし。 育児に、仕事に、日々アップアップしながら奮闘中。 世のワーママの皆さん!一緒に頑張りましょう!