赤ちゃん連れでも楽しめる!ママ友が喜ぶ、お店選びのポイントとは?

 

こんにちは!日々育児に奮闘中のまゆりです。

先日、友人と話しているときに
「ママになった友達と一緒にカフェやご飯を食べに行きたいんだけど、お店選びには何を気をつければいい?」
という話になりました。

確かに、自分に子どもがいないとどんなお店がいいのか分かりませんよね。
ホームページに「子連れ歓迎」と書いているお店でも、行ってみると「子連れに優しい」環境ではなかったということも。
歓迎度の問題ではなく、必要な設備や環境があるかどうかが重要なのです。

でも、それは実際にママになって初めて気付くこと。
私も自分の子どもが産まれる前に、ママになった友達のためにお店を選んだことがあるのですが、今思えば全く子連れに優しいお店じゃありませんでした…。
あの頃、もっと気をつけるべきポイント知っていれば、友達も楽しく過ごせたかもしれないのに、と申し訳なく思っています。

そこで、今回はママではない人向けに「本当に子連れに優しいお店を選ぶポイント」を子どもの月齢別にご紹介します。

連れてくるこどもの年齢・月齢を確認しよう

pixta_29981438_M_e

まず一番に確認しなければいけないのは連れてくる子どもの年齢・月齢です。
というのも、年齢や月齢で必要な要素が全く違ってくるからです。
まずは「何歳(0歳の場合は何ヶ月)の子どもと一緒に行くのか?」を確認しましょう。
その上で次の年齢・月齢別のポイントを確認してみてください。

おすわりができない赤ちゃんと行くお店選びのポイント

pixta_26729271_M_e

まずは、まだおすわりもできない赤ちゃんと一緒にお店に行く場合です。
月齢としては、0〜6ヶ月が目安ですが、おすわりができる時期は赤ちゃんによってさまざま。
おすわりができるかどうかは事前にお友達に確認しておく方がいいでしょう。

1.おむつ替えシート・授乳室が近くにある

低月齢の赤ちゃんはオムツ替えや授乳をかなりの頻度でしなければいけません。
その赤ちゃんにもよりますが、多い場合は1時間に一度、オムツ替えや授乳をしないとぐずってしまうということも。
特に、母乳のみで育てている場合は、粉ミルクに比べて腹持ちが悪いため、授乳が頻回になりがちです。
また、ミルクであればお店の中であげることもできますが、母乳の場合はそうもいきません。
授乳ケープを使って店内で授乳することも可能ですが、店内の気温が高い場合、ケープの中が暑すぎてぐずってしまうこともあります。
母乳育児をしているママにとっては、授乳室が近くにあるかどうかがとても重要になりますので考慮してあげてください。

2.赤ちゃんを寝かせられるorベビーカーを置けるぐらい座席が広い

おすわり前の赤ちゃんは子ども椅子に座ることができないため、どこかに寝かせておく必要があります。
ママが抱っこしておくことも可能ですが、抱っこしたままだと常に片手が塞がるため、物によってはうまく食べることができません。
また、赤ちゃんが少し動くようになってくるとテーブルの上のお皿や食べ物に手を伸ばしてしまうので、届かない位置へ移動するとさらに食べづらいことに。
抱っこ紐に抱っこすれば両手は空くのですが、自分の顔のすぐ下に赤ちゃんの頭が来てしまうので熱いものをこぼさないように気をつけたり、
顔を見上げてちょっかいを出してくる赤ちゃんの手を避けながら食べるのもまた大変。
下手をすると、赤ちゃんの頭の上に食べ物がこぼれてしまうことも。

そのため、隣に赤ちゃんを寝かせておけるような座敷席が理想です。
座敷席が難しく、ママがベビーカーで来られる場合は、ベビーカーが置ける広さのテーブル席のお店にしましょう。
ただ、交通手段によってはベビーカーで来るのが難しい場合や、ベビーカーに乗せると嫌がってしまうので全く使えないという場合も。
無駄にならないように事前に確認しておきましょう。

おすわりができる赤ちゃんと行くお店選びのポイント

pixta_23246167_M_e

赤ちゃんがおすわりができるようになるのは5〜10ヶ月の頃。
その頃にはハイハイやつかまり立ちを始める子もいます。
その時期の赤ちゃんと行くお店選びのポイントは少しだけ変わってきます。

1.おむつ替えシート・授乳室が近くにある

おすわりができるようになったとはいえ、まだまだ赤ちゃん。
おむつ替えシートや授乳室は近くにあるに越したことはありません。
ただ、頻度はだいぶ空いてきているのでお店に入る直前に行けば大丈夫という場合もあります。
すぐ近くにはなくとも行きやすい距離にあるかどうかを確認しておきましょう。

2.赤ちゃん椅子がある

おすわりができないような頃は座敷席で寝かせておくのが一番楽でした。
しかし、おすわりができる頃になると、赤ちゃんもだいぶ自分で動いて移動できるようになります。
ハイハイでお部屋の外へ脱走しようとしたり、つかまり立ちをしてテーブルの上のものを手当たり次第に掴みにかかったり…。

そうなってくると座敷席よりもテーブル席で赤ちゃん用の椅子に座らせることの方が楽になります。
但し、赤ちゃん椅子の定義はお店によって異なるため、サイズは小さくても固定用ベルトがない椅子の場合も。
赤ちゃんが動いて落ちてしまうと危険なため、事前にお店にベルトの有無を確認しておく方が安全です。

3.離乳食や子ども用の食器がある

おすわりができる頃には、離乳食を始めている家庭がほとんどです。
進み具合や家庭の方針によってあげる時間帯は異なりますが、3回食になっている場合にはランチタイムに離乳食をあげる必要がある場合も。
全ての用意を持参するママさんがほとんどですが、お店側に子ども用の食器があったり、ベビーフードが置いてあるところであれば荷物が減るので助かるという人もいます。

1 2
まゆり

茨城在住。だいち(1歳3ヶ月)と夫の3人暮らし。 育児に、仕事に、日々アップアップしながら奮闘中。 世のワーママの皆さん!一緒に頑張りましょう!