ママ必見!赤ちゃんや子どもがいても、安心して飛行機に乗るコツ&便利グッズ!

 

こんにちは、日々育児に奮闘中のまゆりです。

夏のお出かけ、皆さんはどちらに行く予定or行きましたか?
基本的に子連れの長距離移動はとっても大変ですが、初めて飛行機に子連れで乗る時には特に緊張しますよね。

今回は、子連れで飛行機に乗る時のポイントやオススメの持ち物などをご紹介します。

耳抜き対策は必要?どうやって対応する?

pixta_1823320_M_e

子連れの飛行機で一番に気になるのは耳抜き対策だと思います。
大人は自分で自然と耳抜きができるのですが、赤ちゃんや小さい子どもの場合には耳抜きがうまくできず、耳が痛くなって泣き出すことも…
どのように対策すべきかご紹介します。

飲み物や飴を持参しよう

大人の場合、唾を飲み込むなどして自然と耳抜きをしているのですが、子どもはそれがうまくできません。
飲み物を飲ませることで自然と耳抜きのための動作をさせることができるため、事前に飲み物を持ち込んでおきましょう。
子どもがある程度大きく飴を舐められる年齢なのであれば飴でも大丈夫です。

飲んだり、舐めたりするタイミングは、離陸直後と着陸体制に入った時の2回です。パックのジュースの場合、1回目で飲みきってしまわないように気をつけましょう。
また、パックのジュースの場合には特に高度が上がってからは要注意。気圧が上がってパック内の空気圧も高くなっている場合があるのでストローを刺した時にジュースが飛び散るかもしれません。子どもに渡してしまわずに大人が気をつけながらストローを刺してあげた方がいいでしょう。

↓パックのジュースが不安であればペットボトルに付けるストローキャップで対応しよう。

よく国際線と混同してしまうのですが、国内線の場合は飲み物の持ち込みは禁止されていません。
検査の際に確認はされますのでカバンから取り出しておきましょう。
また、国際線の場合でもミルクであれば許可されていることもあります。事前に搭乗する便の航空会社のサイトなどで確認しておきましょう。

0歳だったら耳抜きはいらない?

まだマグなどで飲み物を飲めない月齢の赤ちゃんの場合は授乳を検討することになります。
しかし、1歳未満の赤ちゃんの場合は鼓膜が柔軟にできているため、耳抜きの必要はないという説もあります。
個人差があると思うので絶対ではないのですが、低月齢なほど躍起になって授乳せずとも様子を見ながら判断で大丈夫かもしれません。
ちなみに、おしゃぶりにも耳抜きを促す効果はあります。 普段からおしゃぶりを使っているのであればおしゃぶりも持ち込んでおきましょう。

また、寝ている場合には耳抜きをする必要はありません。
離着陸の時に寝ていてくれればラッキーです。そのまま寝かせてあげましょう。

機内で授乳する場合に気をつけることは?

pixta_12424601_M_e

耳抜きの要不要にかかわらず、低月齢の赤ちゃんの場合はすぐにミルクや母乳を欲しがってしまうものです。
飛行機の中のように普段と違う環境だと余計にぐずることも考えられます。赤ちゃんがリラックスできるように授乳できる状態にしておくのは大切です。
母乳で授乳する人は必ず授乳ケープを持っていくようにしましょう。少しでも人目を避けるために通路側よりも窓側の席の方が安心です。隣の席との距離も近いので旦那さんが同乗してくれている場合には、自分は窓側で旦那さんにすぐ隣の席に座ってもらうのがよいでしょう。
また、母乳授乳の場合には着陸時に要注意。着陸の時には飛行機全体に大きな振動がかかるため、歯が生えかけた赤ちゃんが乳首を咥えていると着陸の衝撃で強く噛まれて傷がついてしまうかもしれません。着陸態勢に入る頃に授乳を始めても着陸直前には赤ちゃんの口を離すようにしましょう。

↓すっぽり覆えるタイプの授乳ケープであれば機内でも安心。

ミルクの場合、機内でミルクを作るためのお湯を用意してくれるサービスもあります。事前に航空会社のサイトなどでチェックしておきましょう。
但し、国内線の場合は乗っている時間も長くないのでほとんどの時間がシートベルト着用サインがついている状態で過ごします。
CAさんは多少立ち歩けるとはいえ、離着陸の直前には着席されるので、機内でお湯をもらってミルク作りをするのは少し慌ただしいかもしれません。
乗る直前に作っておくか、お湯の入った魔法瓶などを持っていく方がスムーズに対応できそうです。

↓ミルク用のお湯には小さめの魔法瓶が便利。68度程度なら6時間は保温されます。ミルク作りのお湯は70度が適温と言われているのでちょうどいいですね。

席は窓側・通路側どっちがいい?

pixta_21300296_M_e

海外に行くときのように長いフライトでない限りは窓側がオススメです。
国内の1~2時間のフライトの場合、シートベルト着用サインが消えて立ち歩ける時間は10分~30分程度。赤ちゃんがぐずった時に抱っこして移動することをイメージしている人もいるかもしれませんが、実際にはそれが許される時間はほとんどありません。そのため、通路側の利点はそれほどないのです。
子どもがある程度大きい場合でも、窓からの景色を見せた方が喜んだり、暇つぶしになりますし、通路側で手や足を出してCAさんの行き来を邪魔することもありません。

機内に持ち込むべきおもちゃや便利グッズは?

pixta_21420481_M_e

子連れの飛行機で一番の問題はあの狭い空間でぐずらずに過ごしてくれるかどうかです。
たとえ1時間程度のフライトであっても終始ギャン泣きされてしまっては周りにも迷惑がかかって大変です。
できる限り子どもが機嫌よく過ごしてくれるためのグッズを持ち込んでおきましょう。

お気に入りのおもちゃ

普段からお気に入りのおもちゃがある場合には必ず持っていっておきましょう。
その際、紐などが付けられるのであればカバンなどに繋いでおきましょう。
飛行機の席は狭いため、おもちゃを落とされた時にかがんで取るのは大変。もし前方の席などに転がっていってしまった場合にはなかなか取りに行くことができません。
カバンに繋いでおくか紐の付いたクリップなどで一時的に服に挟んでおくだけでも安心です。

↓鏡があったり、光ったり。たくさんの仕掛けや部品があるおもちゃだと赤ちゃんは飽きません。

1 2
まゆり

茨城在住。だいち(1歳3ヶ月)と夫の3人暮らし。 育児に、仕事に、日々アップアップしながら奮闘中。 世のワーママの皆さん!一緒に頑張りましょう!