今年は何を作る? ひな祭りにピッタリなお寿司

 

ひな祭りには、かわいいお寿司を作りたい!

今日から3月1日ですね。明後日は、ひな祭りですね。
ひな祭りの準備はできましたか?
(と、言いながら私は全く手を付けていないのですが・・・。ひな飾りが押し入れで泣いてます。苦笑)

今年の3月3日は、金曜日です!
お家で家族や友達と食べながら&飲みながら、まったり過ごすにはもってこいですね。

今回は、特別な材料を揃えなくても自宅で簡単に作れるお寿司レシピをご紹介します!

酢飯づくりに必要なのは、この1つだけなんです!

どのお寿司でも共通して使えるのが、こちらの「すしのこ」です。

すし飯を作るときに手間がかかるのが、「すし酢」の調合です。
「お酢に砂糖や調味料を混ぜて、固めに炊いたご飯にかけて、うちわであおいで・・・・」なんて、
ちょっと手間がかかりますよね。

そんなときに便利なのが、粉末のすし酢なんです!
使い方はとっても簡単で、温かいごはんに混ぜるだけで、ひとりぶんからでも手軽においしい酢飯がつくれます。
レトルトパックのご飯でもOK! 後は、お好みの具材をのせて、はさんで、お好みのお寿司を作るだけなんです!

では、酢飯が準備できたところで、次は盛り付け方をみていきましょう!

1.包丁いらず?!一口サイズが可愛い!手毬り寿司

てまりすし

■用意する道具:・サランラップ ・ボウル ・しゃもじ 
■材料:酢飯、好きな具(サーモン、生ハム、刺身など)
【作り方】
①酢飯を食べたい分だけ用意します。
②ラップの上に一口大の酢飯をのせて、握ります。
③一度ラップを開いて、好きな具を上からのせます。
※スーパーのお刺身など、あらかじめ切れているものを使えば、包丁だっていりません!
④新しいラップを用意して、③をのせて包み、形を作ります。
⑤お皿に盛り付けて、完成です!

まるめて、つつんで、のせて、またまるめる。
たったこれだけですので、5分とかからず作ることができます。

ちなみに、こちらは筆者がありあわせの食材で作った手毬り寿司です。
手毬り寿司
右上のピンクは、ベーコンです。ベーコンをどうしても食べたいといわれたので。(笑)

このときは、野菜を使い、いり卵も作ったので包丁とフライパンを使用しました。
いり卵は崩れやすいので、薄焼き卵を焼き、酢飯を包み込んで
一口サイズのオムライスのようにすると簡単です。(作った後に、気づきました・・・。)

2.お寿司×ケーキで豪華さを演出!

寿司ケーキ

1 2
アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪