メンズ管理栄養士が教えます。夏バテ予防に効くレシピ5選

 

最近、雨が多くなってきましたね。
梅雨が終われば、暑い夏がやってきます。

この季節になると、「夏バテ」、「熱中症」など、
夏の暑さが原因で起こる体調不良がニュースで取り上げられることが多くなります。

と、同時に、夏は楽しいイベントもたくさんあります!
海、アウトドア、BBQ、花火大会などなど。
普段の仕事に加え、思いっきり遊ぶためにも「夏バテ」は予防したいですよね!
そもそも、夏バテとはいったい何が原因で起こるのでしょう?

夏バテとは・・・?

疲れが取れない、食欲がない、身体がだるい・・・などの夏バテの症状は、
実はしっかり対策しておけば未然に防ぐことができます。

夏バテが起こる最大の原因は、自律神経の乱れです。
夏バテは、暑い室外とクーラーの効いた涼しい室内を一日に何度も行き来することにより
体温の調整が上手にできなくなり、自律神経を乱しやすくなります。

気温が高いと体温も高くなるので、脳の視床下部から体温を下げるよう命令が下されます。
そうすると、血管を拡張したり汗を出したりして、身体は体温を下げようとします。
また、動くと余計に体温が上がってしまうため、身体は無意識に無駄な動きを抑えるような働きかけを行います。
これがいわゆる夏バテの「動きたくない」「食欲がない」という症状の原因につながるのです。

これらの症状の緩和には、ビタミン、タンパク質、クエン酸などの栄養素が役立ちます。
そこで、これらの栄養素を含んだ「夏バテ予防メニュー」を友人に教えて頂きました!

前回、「管理栄養士は何を食べてるの? メンズ管理栄養士、圓尾さんの食生活とは
という記事でご紹介させていただいた、メンズ管理栄養士の圓尾和紀さん。

夏を、万全の体調で乗り切りたい方必見!のレシピを5つ教えて頂きました!

先月発売した彼の書籍、『一日の終わりに 地味だけど「ほっとする」食べ方 』 に
登場しているメニューも、一部教えて頂きましたよ♪

キーワードは、攻めの和ご飯!

1、なすとトマトのそうめん汁

(『一日の終わりに 地味だけど「ほっとする」食べ方 』から引用)

    【材料・1人分】
    ・茄子    1本
    ・トマト   1個
    ・そうめん  1束
    ・みょうが  2個
    ・だし    2カップ
    ・味噌    大さじ1と1/2

    【作り方】
    ①茄子を縦半分に切り、斜め5mmぐらいの薄切りにします。
    ②トマトは横に輪切りにして、さらに半分に切ります。
    ③みょうがは縦半分に切って斜めに薄切りにします。
    ④そうめん茹でておきます。
    ⑤鍋にだしをいれて沸騰させ、①~④の具材を入れて火を通し、味噌を溶き入れます。
    ⑥味噌を入れたら沸騰直前で火を止め、器に盛り付けて完成です。

    【夏バテ予防ポイント】
    茄子やトマトの色素には抗酸化成分が含まれています。
    抗酸化成分は、体内の活性酸素を取り除き、
    生活習慣病を予防や老化を抑える働きがあります。
    特に夏は、紫外線から受けるストレスが増える時期
    ストレスは、体を酸化させる原因となるので、
    茄子、トマトに加えてパプリカ、ニンニク、ショウガなど、
    抗酸化作用のある食材を積極的に食べるといいでしょう。

2、トマトとアスパラの梅和え

    【材料・1人分】
    ・トマト    1個
    ・アスパラ   1本
    ・大葉     2枚
    ・梅干し    1個
    A 塩     少々
    A しょうゆ  小さじ1
    A 砂糖    小さじ1/2
    A ごま油   少々

    【作り方】
    ①トマトを4等分に切ります。
    ②アスパラは固いスジ部分を取り除き、沸騰したお湯で軽く茹でます。
    ③大葉は千切りにします。
    ④梅干しは種を取って包丁の背で叩いておきます。
    ⑤ボウルにAの調味料を入れてよく混ぜます。
    ⑥⑤のボウルに①~④をすべて入れて混ぜ合わせ、器に盛り付けたら完成です。
    お好みで鰹節をふりかけても良いでしょう。

    【夏バテ予防ポイント】
    梅干しに含まれるクエン酸には、疲労物質を体外に出す働きがあります。
    クエン酸は、私たちの体の中でエネルギーを作り出すのに必要な成分です。
    クエン酸が少なくなると、エネルギーの産出も少なくなり、疲労や夏バテに影響が出るので、
    不足しないように補いましょう。
    まるごと食べるのが苦手な方は、肉や野菜の味付けにして食べると良いでしょう。

3、納豆の大根おろしなめこ和え

    【材料・1人分】
    ・なめこ(生)   1/2房
    ・納豆      1パック
    ・大根      5cm
    ・しょうゆ麹   大さじ1/2

    【作り方】
    ①なめこを茹でて、冷水につけます。
    ②納豆をよく混ぜます。
    ③大根をすりおろします。
    ④器に、納豆、なめこ、大根の順で盛り付け、最後にしょうゆ麹を乗せたら完成です。

    【夏バテ予防ポイント】
    夏バテ予防におすすめな、なめこ。
    なめこには、ビタミンB群やカリウム、マグネシウムなどのミネラル、
    食物繊維などが多く含まれているので疲労回復に役立ちます。
    また、特に注目したい成分は、ぬめり成分の「ムチン」です。
    ムチンはたんぱく質の分解・吸収を良くする働きがあり、胃や肝臓をいたわってくれます。
    冷たい食事中心で負担のかかりがちな胃や肝臓に優しい食材です。
    外食でも、冷たいうどんやそばを食べる機会が多くなる夏場は、
    「なめこ入り」のメニューを選ぶようにすると良いでしょう。

1 2
鈴木さん

管理栄養士の鈴木です。 食生活、健康法、ダイエットなど、健やかな心身をつくるための お役立ち情報をお届けします。”You are what you eat !”