夏のお弁当に注意!これだけは覚えたい、食中毒予防のポイント6つ

 

みなさん、お弁当作りを楽しんでいますか?
前回は、「弁当女子でモテUP!曲げわっぱ弁当箱でランチが楽しくなる盛り付けテク、教えます。」という記事でお弁当作りが楽しくなる盛り付け方のコツついてご紹介しました。

いよいよ夏本番がやってくるこの時期。
実は、お弁当がとっても傷みやすいんです!

夏のお弁当に注意しよう!保存版、食集毒対策6つ

夏場、お弁当をあけた途端にイヤ~な臭いがしきた…なんてことはありませんか?
暑さと湿気でカビや雑菌の繁殖が活発になるこの季節。

細菌

お弁当作りには、細心の注意が必要です。

食中毒を防6つのポイント!

1.お弁当箱は清潔に!

食中毒を防ぐために大事なのが、お弁当箱を清潔に保つことです。
有効なのは、お弁当箱を洗剤で洗った後に、熱湯をかけて殺菌すること!
(※熱に弱い素材の物は、薄めた塩素系の漂白剤に漬け置きすれば殺菌できます。)

特にお弁当の溝やゴムパッキンなどは、油断すると細菌の温床となりがちな場所。
爪楊枝で掻き出すぐらいしっかり洗いましょう。

入念な洗い物に自信がない・・・。
そんな方は、使い捨てのお弁当を併用するのも良いでしょう。

2.ご飯もおかずも、しっかり冷やして詰める!

お弁当を詰める時、しっかり冷ましていますか?
もし、温かいまま詰め込むとフタを開けた時にびっしりと水滴がついてしまいます。

実は、細菌は水分が大好き。水滴には要注意が必要です!
水滴の発生を抑えるには、お弁当につめる食べ物を冷ましておくという対処法しかありません。
ごはんやおかずは、十分に冷めてからお弁当箱に詰めていきましょう。

3.素手で食べ物に触れない!

お弁当作り

1 2
鈴木さん

管理栄養士の鈴木です。 食生活、健康法、ダイエットなど、健やかな心身をつくるための お役立ち情報をお届けします。”You are what you eat !”