フレンチトースト × ステーキ?!「大木屋」プロデュースの鉄板焼カフェ「Sapling」に行ってみた。

 

グルメ担当といえば私、Ayaでございます。
今回は、2017年の3月にオープンした鉄板焼カフェ、「Sapling」に行ってきました!
フレンチトースト×ハンバーガーの新しい組み合わせとは一体・・・!

鉄板焼カフェ、Saplingとは?

「大木屋」といえば、もんじゃ焼きと肉の世界遺産“エアーズロック”と讃えられる肉塊で、
「予約が取れない」と人気の鉄板焼き店です。

そんな、予約困難な鉄板焼き「大木屋」が、クールなカフェスタイルの新店を渋谷にオープンしました!
IRON PLATE CAFE「Sapling」は「大木屋」のエッセンスを取り入れた新感覚のカフェ空間です。

本店の名物メニューをベースにしつつ、カフェ好きな女性だけではなく、
お洒落すぎるカフェには気後れしてしまう・・・
という方にも気軽に楽しんでもらえるような場所と内装になっているとか!

お店の外観です。

(※地下は、別のお店です。)


ポスターには、「大木屋フレンチバーガー」の文字が。
秘伝のステーキソース、気になる・・・。おいしそう・・・。

美味しそうだけどフレンチトーストとの組み合わせって・・・どうなんだろう?
甘じょっぱいのか・・・??まぁ食べて確認しよう(笑)
さっそく、店内に潜入です!

気になる店内の様子は・・・


入り口には、大木屋といえばこれ!「肉のエアーズロック」の見本がお出迎え。

中は、2階建て(といっても、外観から見ると、2階と3階にある感じ)で、
1階はカウンター席とテーブル、2階はテーブル席と壁に面したカウンター席があります。


1階席の様子。

中はとにかくきれいで、淡い色の木目テーブルと椅子にほっこりします。
全席禁煙なので、タバコが苦手な方も安心です。
(喫煙所は、2階に設けてあります)

2階は、天井が高めで開放感があります。

渋谷のカフェにありがち(?)な、気取ったところがなく、シンプルな感じです。


奥には、カーテンで仕切れるタイプの個室も数席ありました。


階段の様子。

そして、気になるメニューがこちら!

ステーキタイプ。一番高いバーガーで、1500円でした!

バーガーは、牛肉、鶏肉、その他と大きく分けて3ジャンル。

普通のハンバーガーと比べてしまうと、単価は圧倒的に高いです。
しかし、それもそのはず!
牛肉は、質の高いオージービーフ最高等級ロンググレインのリブロース。
鶏肉は、タイやブラジル産ではなく、鳥取県産大山鶏のもも肉を使用しています。
さらに、バンズはフレンチバーガーに合うように研究された専用のバンズを使用。

さらにさらに!スーパーフードのアマランサスも入っている、、、!

こだわりが違いますね!

また、忘れちゃいけないのがスイーツメニュー。

1 2
アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪