今年の土用の丑の日はいつ?美味しいうなぎを食べて、スタミナをつけよう!

 

管理栄養士の鈴木です。
みなさん、鰻は好きですか?この時期になると、
デパートの地下スーパーや各飲食店で「鰻メニュー」が増ますよね。

そもそも、「土用の丑の日」とはいつからあるのでしょう?
今回は、土用の丑の日の由来と、今年おすすめのお取り寄せ鰻についてご紹介します!

2017年は、土用の丑の日が2回ある!?

2017年は、土用の丑の日は2回あります。
それが、7月25日(火)と8月6日(日)です。
昨年2016年は1回でしたが、今年は2回あります。
通称“二の丑”です。

『土用』と『丑の日』の意味

■土用・・・四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、18日(または19日)の期間のこと。
      この土用というのは、“五行”で定められた暦です。
      五行とは、木行・火行・土行・金行・水行。

木行:春
火行:夏
土行:季節の変わり目
金行:秋
水行:冬

このような季節の象徴となっています。

■丑の日・・・十二支の「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、兎(う)・・・」の丑のこと。
       この十二支は、『今年の干支』というように、年を数えるときに使われるだけでなく、
       方角や、月、そして日にちを数えるのにも使われます。
       四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、18日(または19日)の期間のことです。

つまり、約18日間の『土用』の期間のうち、 12日周期で割り当てられている十二支が
『丑の日』の日が、 『土用丑の日』となります。

『土用丑の日』に鰻を食べる習慣は、いつ頃から?

諸説あるそうですが、有名なのがこちら。

○江戸時代、鰻屋が鰻が売れないで困っていることを、平賀源内に相談。
この時の、 「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」 という平賀源内の発案が功を奏し、
鰻屋は大繁盛になったのです。
これがヒットした背景に、当時は、 「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」
という風習があったそうです。これを他の鰻屋もこぞって真似するようになり、
次第に「土用丑の日は鰻の日」という風習が定着したとされています。

何故、夏に食べるのか?

実際には、土用丑の日は春夏秋冬4季にわたってあります。
ところが、現在鰻を食べる習慣があるのは、『夏の土用丑の日』だけです。

これは、当時の平賀源内が起源とされる、鰻を食べる風習が『“夏の”土用丑の日』だったから、
現在「土用丑の日」と言えば、夏の土用丑の日となっています。

また、本来鰻の旬は冬のため、 以前は夏に鰻はあまり売れなかったそうです。
このため、「旬ではない“夏”という時期に鰻を食べる風習を根付かせた」という説も有名です。

1 2
鈴木さん

管理栄養士の鈴木です。 食生活、健康法、ダイエットなど、健やかな心身をつくるための お役立ち情報をお届けします。”You are what you eat !”