好評過ぎて、会期が延長!思わずお腹が鳴り出す、三鷹の森ジブリ美術館「食べるを描く。」企画展示

2017年5月27日より開催中の「食べるを描く。」企画展示が、東京・三鷹の森ジブリ美術館にて開催中です。
こちらの企画、好評すぎて会期を半年も延ばしたんだとか!

その人気の秘密を探ってみました!

「ジブリのキャラクター×食事シーン」の重要性

本企画「食べるを描く。」では、『天空の城ラピュタ』、『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』、『崖の上のポニョ』等、各作品のなかで印象的な食事のシーンを取り上げています。
そして、どのようにしてそのシーンが描かれているのかを、宮崎吾朗企画監修が監修。
絵コンテや原画監督に加え、作画監督が手を入れた修正原画などを用いて解説しています。

劇中に登場する料理は、決して特別なものではなく身のまわりにある、ごくありふれたもの。
ところが、作品の中で観る「食事」には、特別な意味づけが与えられているんだとか。

例えば「天空の城ラピュタ」では、パズーの作った目玉焼きトーストをシータが食べ、2人の距離が縮まります。

「千と千尋の神隠し」では、千尋がおにぎりを食べながら困難に立ち向かう内なる力をもらうシーンが印象的です。

「ハウルの動く城」では、食卓を囲んでベーコンエッグを食べることでハウルたちが家族になります。

何気ない食事のシーンに物語の演出上の重要な意味が込められているのです。

幸せな気分にさせてくれる食事のシーンは、どのように描かれているのか

おいしそうな食べ物と食べる人の表情や仕草を細やかに描き出す作画の力。
食べものが温かそうであったり、ふんわりして柔らかそうに見えたり、食べる人がいかにも美味しそうに食べているからこそ、食事のシーンが魅力的に見えるのです。
セリフで語らずとも画面から、美味しさや幸せな気分が伝わってきますよね!

本企画展示は、2室に分かれています。
第1室では、各作品の記憶に残る”食のシーン”を取り上げて、どのようにして印象に残るシーンが描かれているかをパネルで紹介。

第2室では、食事を作るシーンをとりあげています。
『となりのトトロ』のサツキとメイの家の台所、『天空の城ラピュタ』のタイガーモス号のキッチンを実物大で再現。
映画の世界を、3次元で体験できます。

映画を豊かにし、キャラクターをより生き生きとみせる “食のシーン”。
本企画展示では、各作品についてさらに理解を深めることができることでしょう!

劇中に登場した料理を再現!カフェ「麦わらぼうし」

本企画展示で見逃せないのがカフェ「麦わらぼうし」。
期間中は特別メニューとして、各作品に登場する印象的なメニューが勢揃い!

うーん、どれもおいしそう・・・!
”作品の中で登場するメニューを楽しみながら、家族や友人とジブリ作品について語らう。”
そんな素敵な時間を過ごせること間違いなし!な、カフェ「麦わらぼうし」。
是非、足を運んでみて下さいね!

その他のメニューはこちらから確認できます!


ジブリ作品に欠かせない「食」。
「食べるを描く。」展示に訪れることで、今まで見えてこなかった作品の奥深さや、食事のもつ役割が明確になるはずです。
展示を楽しんだ後は、家に帰ってもう一度ジブリ作品を見てみるのも、いいでしょう。

映画のお供には、カフェ「麦わらぼうし」でテイクアウトできる「風の谷のビール」をご一緒に…♪

【詳細】

「食べるを描く。」
開催日/2017年5月27日(土)~2018年11月(予定)
会場名/三鷹の森ジブリ美術館(東京都三鷹市下連雀1-1-83)
※ジブリ美術館への入場は、日時指定の予約制
公式サイトはコチラ

画像出典
https://www.fashion-press.net/news/30130
http://top.tsite.jp/lifestyle/lifetrend/i/35265414/

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪