巨大なデジタルアートがお台場に登場!「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」

 

2018年6月21日(木)、お台場に新しくオープンした巨大なデジタルアートスポット。


520台のコンピューター、470台のプロジェクター、10,000㎡の圧倒的なスケール感と、
複雑で立体的な空間が特徴のデジタルアート。
森ビルとチームラボがタッグを組み、 世界に類のないミュージアムを創り出しました!

10,000平方メートルの広大な空間を構成する5つの世界

複数のアート作品群が境界のない1つの世界を創り出す『Borderless World』をはじめ、
「身体で世界を捉え、世界を立体的に考える」をコンセプトにした創造的運動空間『チームラボアスレチック 運動の森』、
創造性を育む教育的な作品が集う『学ぶ!未来の遊園地』、無数のランプで埋め尽くされた『ランプの森』、
肥前産の新茶が注がれた茶器を活かしたアート体験空間『EN Tea House』の5つの空間で構成されています。
それぞれの見どころについて、チェックしてみましょう!

1.Borderless World

数千から数万の魚の群れの動きは、美しくてとっても神秘的。
光で描かれた魚の群れが自由無礙に泳ぎ、まるで一つの巨大な生命体のようにも見えます。
人々は、 自らの身体でその世界に迷い込む。 そして、 その境界のない作品群は人々の存在によって変化します。

作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けており、あらかじめ記録された映像を再生しているわけではないから驚き!
前回の状態が複製されることはなく常に変容し続けているため、今この瞬間の絵は二度と見ることができないのです・・・!

2.チームラボアスレチックス 運動の森


「身体で世界を捉え、 世界を立体的に考える」をコンセプトに、
脳の海馬を成長させて「空間認識能力」を鍛える新しい「創造的運動空間」。

輝く玉石が空中に立体的に配置された空間で、
3次元上の玉石(ボルダー)を登るという意味での「3Dボルダリング」。
両手両足、全て同じ色で進むと、周りのホールドとバッジが呼応して同じ色に輝き、音色もより響きはじめる仕組みです。

3.学ぶ!未来の遊園地

「共同的な創造性、 共創(きょうそう)」をコンセプトにした教育的なプロジェクトで、
他者と共に世界を自由に創造することを楽しむ「遊園地」です。

チームラボのアートの「人々の関係性を変化させ、他者の存在をポジティブな存在に変える」可能性にフォーカスを当てることによって、
スマホートフォンが生活の一部として当たり前になりつつある今、個人的になりがちな活動を他人と共創して楽しめるような
体験型プロジェクト。お子さんがいるママは、是非この遊園地にお子さんを連れて行きましょう!

<主な作品>

お絵かき水族館 / Sketch Aquarium


紙に自由に魚の絵を描きます。すると、描いた絵に命が吹き込まれ、目の前の巨大な水族館で、みんなが描いた魚と共に泳ぎ出します。

泳いでいる魚は、触れることもでき、触れられた魚は、いっせいに逃げ出します。エサ袋に触ることによって、魚にエサをあげることもできます。

すべって育てる! フルーツ畑 / Sliding through the Fruit Field


バランス感覚、協調性、生態系への視座、パターン認識力、仮説を自ら検証する力などが育まれます。

■遊び方
1. すべり台を滑る。
2. 体がボールにぶつかると、ボールが勢いよく飛んでいきます。
3. 勢いよく飛んだボールが、種や花など植物にあたっていくことで、植物が育ちます。


ボールは色によってそれぞれ役割をもっています。
例えば、水色の水のボールが当たると、種は、芽を出し、つぼみをつけ、花を咲かせます。
黄色のミツバチのボールは、花に当たって受粉していきます。花は受粉されてフルーツになります。
他にも、いくつかの育成パターンがあるので、実際に滑って確かめてみましょう!

4.ランプの森


人がランプの近くで立ち止まり、 しばらくじっとしていると、 最も近いランプが強く輝き音色を響かせます。
ランプに近づくと光が広がっていき、イエロー、ピンク、ブルーなど色とりどりの世界を体験できます。SNS映えバッチリな、フォトジェニックな写真を撮ることができますよ!

人がランプの近くで立ち止まり、しばらくじっとしていると、最も近いランプが強く輝き音色を響かせます。
ランプの光は、最も近い二つのランプに伝播し、伝播したランプの光はそれぞれ同じように強く輝き音色を響かせながら、
最も近いランプに伝播してこれを連続します。伝播していく光は、必ず全てのランプを一度だけ強く輝かせて、はじめのランプに戻ってくる仕組み。
一見、ランダムのようでしっかり計算されているんです。
「フォトジェニックスポット間違いなし!」ですが、スマホ撮影の前に全身で光の呼応ときらめきを体感してみましょう。

5.EN TEA HOUSE ( ティーハウス )


一服の茶を点てると、 茶に花々が生まれ咲いていく。
花々は茶がある限り無限に咲いていく。
器の中の茶は、花々が咲き続ける無限の世界でとても幻想的ですよね。


いかがでしたか?大人から子どもまで楽しめそうなこちらのデジタルアートスポット!
たくさんの作品が待っているので、
一つ一つのコンテンツをじっくり楽しむと半日以上はかかってしまうかも!?
体を動かして遊ぶコンテンツが豊富なので、動きやすい服装がオススメです♪


【施設詳細】
■森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless)

所在地: 東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
延床面積:約10,000平方メートル
開業日:2018年6月21日(木)
営業時間:月~木 11:00 -19:00 (21:00)
金・祝前日 11:00 -21:00 (22:00)
土 10:00 -21:00 (22:00)
日・祝日 10:00 -19:00 (20:00)

※最終入館は閉館の1時間前
※()内は6/21(木) – 8/31(金)までの特別延長時間。
※営業時間はシーズンによって異なります。 詳しくはウェブサイトをご確認ください。
休館日:第2・第4火曜日
料金:一般/高・大学生3,200円(※6月21日~7月31日までは2,400円)
子ども(4歳~中学生)1,000円

※施設オープンを記念して、 「オープン記念チケット」を販売。
※6月21日(木)から7月31日(火)まで、 お得な料金で楽しめます!

アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪