アジア最大級の映画の祭典!
第31回東京国際映画祭へ行こう!

 

10月といえば、10月31日のハロウィーンに向けて街は大盛り上がりですね!
くらトピでもハロウィンに行きたいアフタヌーンティーや、今年のコスプレの流行は?等を紹介しましたが、
10月にはもう1つ大きなイベントがあります。

それが、アジア最大級の映画の祭典「第31回東京国際映画祭」です!

第31回東京国際映画祭の会場は“六本木+日比谷”!コラボイベントも続々決定

10月25日(木)から11月3日(土)まで、開催される東京国際映画祭!
ツイッターでは、公開作品や豪華ゲストの情報が更新されています!

東京国際映画祭(以下、TIFF)とは、日本で唯一の国際映画製作者連盟(※1)公認の映画祭で、
2018年で31回目の開催です。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した
TIFFは、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、
アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。
いまや、最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に世界中から優れた映画が集まり、
国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場となっているのです!

(※1:国際映画製作者連盟:世界の映画産業、国際映画祭の諸問題を改善し、検討する国際機関。パリに本部を置き、世界 31 ヵ国(2017年9月現在)が加盟しています。)

チケットは、9月26日に選考抽選販売が終わり、今週土曜日10月13日から、一般発売がスタートします!
(購入方法詳細はコチラ!)

会期中は、映画ファンだけでなく大人から子どもまで大勢の人々が参加し、楽しめる多彩なイベントを実施。
学生、プロ、ビジネス来場者を対象とした貴重なセミナー、シンポジウムやワークショップなども多数開催しています!

気になる公開作品ラインナップはこちら!

才能溢れる新人監督から熟練の監督までを対象に、世界中から厳選されたハイクオリティなプレミア作品が集結。
国際的な審査委員によってグランプリが選出される「コンペティション」には今年、109の国と地域から1,829本もの応募があり、年々注目度が高まっています。
第24回グランプリ作品『最強のふたり』はその後、フランス語映画として世界歴代1位の観客動員を記録し、日本でもロングランヒットが話題になりました。

他にも気になる作品がたくさん!
詳しいスケジュールと上映場所はコチラ
オンラインで、PDFパンフレットもダウンロードできます!

アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪