美味しいお酒と素敵なバーに、胸キュン必至!カクテルの祭典「東京カクテル7デイズ2019」

 

いよいよ、来週土曜日に開催を控えた「東京カクテル7デイズ2019」。
カクテル好きなら、もう前売り券を抑えている方も多いのでは?
お酒好き、Bar好きならたまらない!
クラフトカクテルの祭典「東京カクテル7デイズ2019」の魅力について、ご紹介します!

クラフトカクテルの祭典って?


バーテンダー、バー、カクテルファン向けのウェブサイト「Drink Planet(ドリンク プラネット)
(運営:株式会社セロリ)は、
今年で3回目となるカクテルの祭典『TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019(東京カクテル7デイズ 2019)』を、
4月20日(土)から29日(月・祝)まで10日間 [メイン会場は20日(土)、21日(日)の2日間] 開催!
渋谷、恵比寿、新宿、六本木などを中心としたバー、レストランバー、ホテルバー、計63店舗が参加。
期間中に対象店舗をホッピングして、オリジナルカクテルを楽しむことができます。

カクテルの祭典に参加するには「カクテルパスポート」(1枚3800円)の購入が必須!

View this post on Instagram

今年のカクテルパスポートはこちら! \このパスポートがあると / ✔︎ 4月20日と21日の2日間、VILLAGE出入り自由、9ブランドの旬カクテルを無料でテイスティングできます ✔︎ VILLAGEで開催されるセミナーも無料で参加できます ✔︎ 4月20日から29日まで、参加店舗では、今年のカクテルテーマ「ジャポニカ」のオリジナルカクテルをスペシャル価格で楽しめます + さらに‼︎ 参加店舗で使える、1,000円分の1杯分無料クーポン(税サ別)もついてます この機会に、好きなバーや🍸を見つけちゃおう #tokyococktail7days #TC7 #東京カクテル7デイズ #craftcocktails #bars #bartender #barhopping #tokyo #tokyonight #クラフトカクテル #tokyotrip #大人時間

クラフトカクテルの祭典TokyoCocktail7daysさん(@tokyococktail7days)がシェアした投稿 –

【パスポートに含まれる4つの特典】
① 9ブランドがVillageで提供するカクテルが、な、なんと無料!
② 特別講師によるお酒のセミナーが無料!
③ 63店舗のバーで特別カクテルを1000円(税サ別)で購入できる!
④ 特別カクテル1杯の無料クーポン付き(税サ別)!

魅力①:メイン会場限定!9種類のカクテルをテイスティング!

メイン会場となる国連大学中庭広場に「Village」では、4月20日(土)、4月21日(日)の2日間、
世界のバーテンダー御用達の9つのグローバルブランドが集結します!

各ブランドブースでは、プロのバーテンダーがすぐ目の前で、ライヴ感覚でカクテルメイキング。
ライブ感覚で楽しみながら、その場でカクテルをテイスティングできるんです♪

会場で楽しめる9種類のカクテルは、こちら。

魅力②:メイン会場だけのスペシャル企画「ボタニカル八百屋さん」

今年のスペシャル企画は【ボタニカル八百屋さん】
その内容は、日本初のボタニカルブランデーを手がける「mitosaya 薬草園蒸留所」と、
高級レストランやバーに向けて、完全オーガニックのエディブルフラワーやハーブを提供している
「グランドロイヤルグリーン」とのプロジェクト「苗目(千葉)
のコラボレーションから生まれた、東京カクテル7デイズのためのオリジナルカクテルです!

まもなく発売される日本初のボタニカルブランデーをベースに、
「苗目」から届く朝採れのフレッシュなハーブ&ベジタブルを使った
オリジナルカクテルを味わえるのはクラフトカクテルの祭典だけ。

魅力③:Barやカクテルの魅力が分かる!豪華ゲストトークショー

4月20日、21日のVillage(メイン会場)だけで開催されるトークショーも必見!

「ディプロマティコ・ワールド・トーナメント2015」という世界の舞台で、
ニュージーランド代表として他の25カ国の代表を押さえ見事優勝を獲得した「サイ・ハムサラ氏」や、
Bar Bossa」のマスターで、
昨年「恋はいつもなにげなく始まって終わる。」を出版した林伸次氏も登壇!
(渋谷の宇田川町にあるBar Bossa、何がいいかって、完全禁煙ってことですよ。嫌煙家の私も通える最高のお店。)

各セミナーのタイムスケジュールはこちら

魅力④:あの有名カクテルが1000円で飲める!お得なBAR巡りを

メイン会場でのイベントと併せて注目すべきは「BAR HOPPING(バーホッピング)」。
国内外から注目を集めるバーやホテル・レストランバー計63店舗が参加決定。
本イベントのために創作されたカクテルは、全240種類以上!

3回目の開催となる今回のテーマは「ジャポニカ」。
高い技術を持つバーテンダーが、日本の素材や要素を取り入れた自慢のカクテルを振舞ってくれます。
どんなカクテルがあるのか、一部をご紹介!


BAR WATERSHED (赤坂エリア) 博多美人

1 2
アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪