今年は何を作る? ひな祭りにピッタリなお寿司

ひな祭りには、かわいいお寿司を作りたい!

今日から3月1日ですね。明後日は、ひな祭りですね。
ひな祭りの準備はできましたか?
(と、言いながら私は全く手を付けていないのですが・・・。ひな飾りが押し入れで泣いてます。苦笑)

今年の3月3日は、金曜日です!
お家で家族や友達と食べながら&飲みながら、まったり過ごすにはもってこいですね。

今回は、特別な材料を揃えなくても自宅で簡単に作れるお寿司レシピをご紹介します!

酢飯づくりに必要なのは、この1つだけなんです!

どのお寿司でも共通して使えるのが、こちらの「すしのこ」です。

すし飯を作るときに手間がかかるのが、「すし酢」の調合です。
「お酢に砂糖や調味料を混ぜて、固めに炊いたご飯にかけて、うちわであおいで・・・・」なんて、
ちょっと手間がかかりますよね。

そんなときに便利なのが、粉末のすし酢なんです!
使い方はとっても簡単で、温かいごはんに混ぜるだけで、ひとりぶんからでも手軽においしい酢飯がつくれます。
レトルトパックのご飯でもOK! 後は、お好みの具材をのせて、はさんで、お好みのお寿司を作るだけなんです!

では、酢飯が準備できたところで、次は盛り付け方をみていきましょう!

1.包丁いらず?!一口サイズが可愛い!手毬り寿司

てまりすし

■用意する道具:・サランラップ ・ボウル ・しゃもじ 
■材料:酢飯、好きな具(サーモン、生ハム、刺身など)
【作り方】
①酢飯を食べたい分だけ用意します。
②ラップの上に一口大の酢飯をのせて、握ります。
③一度ラップを開いて、好きな具を上からのせます。
※スーパーのお刺身など、あらかじめ切れているものを使えば、包丁だっていりません!
④新しいラップを用意して、③をのせて包み、形を作ります。
⑤お皿に盛り付けて、完成です!

まるめて、つつんで、のせて、またまるめる。
たったこれだけですので、5分とかからず作ることができます。

ちなみに、こちらは筆者がありあわせの食材で作った手毬り寿司です。
手毬り寿司
右上のピンクは、ベーコンです。ベーコンをどうしても食べたいといわれたので。(笑)

このときは、野菜を使い、いり卵も作ったので包丁とフライパンを使用しました。
いり卵は崩れやすいので、薄焼き卵を焼き、酢飯を包み込んで
一口サイズのオムライスのようにすると簡単です。(作った後に、気づきました・・・。)

2.お寿司×ケーキで豪華さを演出!

寿司ケーキ

■用意する道具:底が抜けるタイプのケーキ型 or 深めのサラダボウル(透明が良い)
※写真のように、底が広くなっているものがおすすめです。

■材料:酢飯、好きな具(サーモン、野菜、刺身など)

【作り方・2段の場合】
①ボウルの内側にラップをしいておきます。
②ボウルに酢飯を入れます。
③好きな具をのせます。
④酢飯をのせます。
ここで、ひっくり返します。
お皿をボウルの上にのせて、酢飯をひっくり返します。
⑤ラップの上から形を整えます。
⑥最後に好きな具を乗せて飾り付けて完成です。

サーモンをまるめてバラにしたり、桜でんぶを混ぜると色鮮やかになりますね。
お寿司ケーキ
こちらは、ちょっと手間がかかりますが、見た目の豪華さでは断トツです!

パーティーの時は、こんな大きいスクエア型の寿司ケーキも。
四角いお寿司ケーキ
具材は、炒り卵、カニかまぼこ、きゅうりといたってシンプル。
これに、サーモン、いくら、アボカドなどをプラスしたら、ごちそうお寿司に早変わりします!

3.簡単なのに可愛い!カップ寿司

カップ寿司

■用意する道具:可愛いカップ

■材料:酢飯、好きな具(サーモン、野菜、刺身など)

【作り方】
①カップの中に酢飯を詰めます。
②続いて、好きな具をのせます。
③①~②を2,3回繰り返します。
④最後に、好きな具を飾り付けて完成です。

写真のような可愛いデザートカップを用意して、好きな具をつめていくだけ!
お寿司を食べた後は、カップをきれいに洗ってお持ち帰りもできちゃいます。
お子様連れのホームパーティーで喜ばれること間違いなしです!

4.包まず魅せる!彩り豊かな稲荷寿司

稲荷ずし

■用意する道具:スプーン
■材料:酢飯、味付けいなり、好きな具(いくら、ゆで卵、刺身など)

※最近は、写真のように手軽に使える味付けいなりが市販されています。
油揚げを味付けして、煮込んで、冷ます必要はありません!

【作り方】
①味付けいなりの中に、酢飯を詰めます。
②お皿に①を並べます。
③上から好きな具を乗せます。

たった、この3ステップだけ!
とっても簡単ですね。ご飯はひじきの煮物を混ぜてひじきご飯にしたり、
ごま塩を振りかけてごま塩ご飯など、簡単な混ぜご飯にしても美味しいですよ。

最後に:盛り付けのコツ

以前、こちらの思わずインスタに載せたくなる!料理の盛り付けテクニック3選という記事でも書きましたが、
今回のお寿司も、赤、黄色、緑の3色を意識した食材を選ぶのが、写真映えするコツです。

生ものを使わずに作れば、お弁当にもできるので、
仕事の合間にちょっとしたひな祭り気分が味わえるかも?

当日の夜でも大丈夫!
仕事後にスーパーに立ち寄って、半額セールしているお刺身、サラダ、
お惣菜を買い、ごはん+すしのこで酢飯を作れば、
10分とかからずに彩り豊かなお寿司が作れます!
ぜひ、試してみて下さいね♪

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪