名古屋メシの代表格「台湾ラーメン」のお取り寄せを食べ比べてみました。

 

名古屋を代表するラーメン「台湾ラーメン」とは?

細めのストレート麺に醤油ベースのスープ、
大量の唐辛子とニンニクを一緒に煮込んだミンチが大量に乗った
激辛マニアの名古屋人なら誰もが知る
ご当地ソウルフード「台湾ラーメン」。

名古屋メシとしても有名なので
ラーメンチェーン店等でも食べることができるのですが、
「味仙(みせん)」という台湾料理店が発祥です。

長男であり創業者の郭明優が
台湾の担仔麺を真似て賄いで作ったのが
「台湾ラーメン」の起源と言われています。
実際に台湾にこのラーメンは存在しておらず、
台湾では「名古屋ラーメン」と呼ばれているようです。

名古屋に「味仙」は9店舗存在しているのですが、
5兄妹がそれぞれ経営しており、それぞれのお店で
味も違ってたりします。(これ、名古屋人でも知らない人多いかも)

長男が経営する「今池店」「JR名古屋駅店」「中部国際空港店」
次男が経営する「八事店」
長女が経営する「矢場店」
次女が経営する「藤が丘店」「名駅店」
三男が経営する「焼山店」「日進竹の山店」

最近、東京神田に進出したお店は三男の「焼山店」系列です。

各店舗通販をしているのですが、
今回は創業者である長男の「今池店」バージョン、
次女の「藤が丘店」バージョン、
そして三男の「神田店」バージョンをお取り寄せして食べ比べ。

■今池店 通販サイト

■藤が丘店 通販サイト


■神田店 通販サイト

さすが総本山の味「今池店」バージョン


今池店バージョン

ストレートの生麺とミンチが2人分入っています。
ミンチに水を加えて茹でた麺にかけて食べます。
※ニラともやしは別途用意したものを加えています。



全体的にミンチの味が深く
これぞ味仙の台湾ラーメン!という味。
ミンチは若干硬め。

味の深み   ★★★★★
スープのコク ★★★★
ミンチの量  ★★★
辛さ     ★★★★
麺の太さ   ★★★

あっさりスープのコク深い「藤が丘店」バージョン


藤が丘店バージョン

ストレートの生麺とミンチが一人分入っています。
スープが一緒に入ったストレートタイプのスープを
茹でた麺にかけて食べます。
※ニラともやしは別途用意したものを加えています。



スープにコクがあり辛さは若干控えめ、
台湾ラーメンに慣れていない人には
食べやすいので、こちらがおすすめかも
麺は今池店より若干細い感じがあります。
ミンチは柔らかめで量も多い。

味の深み   ★★★
スープのコク ★★★★★
ミンチの量  ★★★★★
辛さ     ★★★
麺の太さ   ★★

もはや別物?「神田店」バージョン


神田店バージョン

乾燥のミンチとニラのかやくとスープをお湯で溶いて
茹でた麺にかけて食べます。
※ニラともやしは別途用意したものを加えています。



乾燥かやくなので、インスタントラーメン的。
スープが黒く、普通の醤油ラーメンが辛くなっただけの印象。
実店舗(神田店)の味とは程遠いもので、再現度皆無。。。

味の深み   ★
スープのコク ★★
ミンチの量  ★
辛さ     ★★
麺の太さ   ★★★★

台湾ラーメンに馴染みのない複数の人と食べ比べしたのですが、
スープのコクがある藤が丘店バージョンが人気。
生粋の名古屋人には、やっぱり今池店の味が馴染みの味でした。

全店舗の味をご家庭で

この記事を書いている際に発見したのですが、
今回食べ比べできなかった「矢場店」「八事店」も
お取り寄せできるようなので、神田店以外で食べ比べしてみたいと思います(笑)

■矢場店
https://bisyoku-kurabu.com/misen/

■八事店
http://www.misen.co.jp/category/1/

Snooty

通勤中は携帯ゲーム機、休みになればプラモの塗装、懐かしの玩具やノスタルジックな物に激しく興奮する「見た目は親父、心は子供」を地で行く三児のパパ。