台湾の友人に聞いた!台湾を代表する夏スイーツ!

台湾といえばやっぱりグルメではないでしょうか!

今回は、本場台湾の友達に「台湾人が暑い夏に絶対食べる!夏を代表するスイーツ」を紹介します。
東京で食べられるスイーツもあるので、要チェックですよ!

1.芒果冰(マンゴービン)マンゴー氷

台湾かき氷の代表–芒果冰。台湾は亜熱帯気候と熱帯気候の間の地帯にあります。
その上に、高い山もいっぱいあるので、果物の種類が豊富です。
特にマンゴーはとびっきり美味しい!フルーツ天国と呼ばれているくらいです。

日本では、表参道にある「アイスモンスター」で食べることができます。

アイスモンスター公式HP

新鮮なマンゴーや煉乳を氷の上にたっぷりかける、暑い夏に絶対合うイチオシスイーツです!

2. 刨冰(バォビン)

あらゆるトッピングを、氷の上にかけるスイーツです!よく使うトッピングは、こちら!

粉圓(フンユエン)


日本では「タピオカ」と呼ばれてますよね。

湯圓(タンユェン)


もちもちの白玉のような台湾定番スイーツです。

さまざまな豆( 金時豆、小豆、緑豆、ハトムギなど)


台湾では、豆をトッピングするのも人気とか。

あらゆるフルーツ(イチゴ、バナナなど)


マンゴーだけじゃない!フルーツの国台湾では、フルーツかき氷は定番メニューの1つです。

煉乳


練乳は、かき氷の魂です!どんなかき氷でも煉乳をかけたら美味しくなりますよね。

(画像出典:嘉義紅心粉圓、黃火木舊台味冰店、渡船頭海之冰)

3. 芋圓 (ユーユェン)

芋圓は、里芋から作る伝統的な台湾の菓子です。
冷たくて甘いお菓子で、台湾では人気のスイーツなんです。
中でも、新北市九份の芋圓が一番有名です。
九份は千と千尋の神隠しのシーンに似てることから、日本人に大人気の観光スポットの中の1つですよね。

4. 豆花(トウファ)


豆花は豆乳を硫酸カルシウム等の凝固剤で成形したもので、ゼリー状の食品です。
台湾の国民的スイーツです。食べ方はよくシロップや金時豆、小豆、緑豆、ハトムギなど一緒に加えられて食べます!
ちなみに温かくしても美味しいので、冬のスイーツとしても人気があります。

(画像出典:豆花莊オフィシャルサイト)

5. 綠豆薏仁湯(緑豆とはとむぎスープ)


デザートは必ず太る?そんなことはありません。
この綠豆薏仁湯、見た目は地味ですが、とても体にいいデザートなんです。
緑豆は、日本ではほとんどもやしの原料として利用されていますが、
台湾ではデザートトッピングとして頻繁に利用されています。
緑豆は、利尿作用や解毒作用がある豆で、美白やのぼせ解消などの効果があるといわれています。
こんな完璧なスイーツ、食べなきゃ損かも?(笑)

お家でも台湾かき氷が食べられる!

ふわっふわの氷。実は家でも食べられます!台湾人の友達も、このかき氷器には驚いていました!
本場で食べられる氷のふわっふわを、忠実に再現していますよ!


いかがでしたか?今回は台湾を代表する「夏スイーツ」をご紹介しました!
東京でも、アイスモンスターのような専門店を始め、輸入食料品を取り扱っているお店では「トウファ」を買うこともできます。

日本の素敵なところは、国内にいながらも外国の食文化に触れる機会がたくさんあること。
初めての人もそうじゃない人も、台湾のスイーツを是非味わってみてくださいね!

猫系女子といえば、ナナミです。 美容と恋愛のコラムを担当しています。 10代の頃にキャバ嬢を経験。現在はフリーのライター。 寝る前のボディマッサージが日課です。