お酒の締めにラーメンが食べたくなる理由って?

 

お酒が弱いと思われがちですが、意外と飲めます。イッセーです。

お酒のあとの締めで不動の人気を誇るラーメン。
私をはじめ、私の周りの同性の先輩はラーメン通が多く、
飲んだ後には必ずといっていいほどラーメンを食べています。

なぜこんなにもラーメンを欲してしまうのか。
実は、それにはちゃんとした理由があったんです!

今回、管理栄養士の鈴木さんにご協力いただき、
締めの1杯がなぜあんなにも魅力的なのかを教えていただきました。

お酒のあとにラーメンを食べたくなるのは本能だった?!

ラーメン

【鈴木さん】
実は、ラーメンには、アルコールの分解に必要な栄養素を含まれているんです。
ラーメンのスープの原材料は、鰹節、昆布、豚肉、鶏肉、野菜など様々です。

スープの原材料となる食材には、大きく2つの旨み成分に分けることが出来ます。
それは、①イノシン酸と②グルタミン酸です。

イノシン酸は、鰹節をはじめとして、魚や肉類に含まれています。
グルタミン酸は、昆布や完熟トマトに含まれています。
この2つの旨み成分は、肝臓でアルコールを分解する際に体が欲する栄養素なのです。

また、飲酒した際に体内のカリウム、ナトリウム、塩分量が低下します。
豚骨系や鰹節系のスープは、塩分がしっかり入っています。
私たちの体が、本能的にラーメンを欲するのはある意味理にかなっているといえるでしょう。


なるほど・・・。飲んだ後に必ずラーメンや牛丼を食べたくなるのは、本能的なものだった。
と、いうことは、体が欲しているから締めは食べたほうがいいのか・・・?!

いえ、それは違います!(きっぱり)

食べすぎは、寿命を縮める危険性が?!

たべすぎ


締めのあとにラーメンを食べたくなるのは、本能であり栄養素的にも理にかなっているのは事実です。
しかし、ここで気をつけたいのが「糖質」です。

基本的に人間の体は、夜はカロリーを貯め込むようになっているんですが、糖質(麺)はカロリーが消費されにくい物質なので、よけいに太りやすいですね。
また、アルコールを摂取したあとの人間の体は、脱水症状に近い状態になります。
そんな状態のときに、過剰に塩分を摂ってから時間を空けずに寝ることは、
極端な言い方をすれば、わざわざ血管を詰まらせるようなものです。
血管が詰まると、動脈硬化や高血圧になる恐れがありますので、ラーメンを常習的に食べている方は気をつけたほうがいいですね。


うーん。体に悪いことはわかっているが、とはいえ、どうしてもラーメンを食べたい・・・
なんとか食べる方法はないでしょうか・・・?


もし、どうしても食べたい場合は、塩や醤油などあっさりとしたラーメンがいいですね。
また、麺は半分にしてトッピングも野菜を多めにし、スープは飲み干さないことが鉄則ですね。

お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなる理由も、食べる場合の注意点も理解しました。
じゃあラーメンの欲求をやり過ごすために、他に何か食べるとしたらオススメはあるのでしょうか?

締めのあとには、コレがオススメ!

①しじみの味噌汁
しじみ
しじみに豊富に含まれている「オルニチン」というアミノ酸が、お酒を飲んだ後につくられるアンモニアの解毒をしたり、
肝機能本来の機能を取り戻す働きをしてくれます。さらに、アルコールの代謝を促す働きがありますので二日酔い防止にも効果的です。

②梅干し
梅干
昔から二日酔い防止に効くと言われているのが、梅干しです。
梅干しに含まれる栄養素には、肝臓の機能を活性化させる力があります。
また、クエン酸が疲労回復を促し、体のだるさの解消を手助けしてくれます。
適度な塩分を含んでいますので、酔って軽い脱水症状に陥っている体には、まさにうってつけの食べ物です。
おなかが減っているときは、梅茶漬けにして召し上がるといいでしょう。

まとめ

定番といえば定番だが、お酒を飲んだ後に食べるべき締めのメニューは、
やはりあっさりしていて消化の良いものが基本であると教えてもらった。

ラーメンも、必ずNGではなく、どうしても食べたいにはスープを飲み干さないなどの
工夫をすることが大切である。(とはいえ、あまり自信がないが・・・笑)
しかし、最近学生時代に比べて贅肉が落ちにくくなっているので、少し気を引き締めていこうとおもう。

とりあえず、しじみの味噌汁のストックを切らさないようにしよう。

イッセー

アウトドアと岩盤浴をこよなく愛してます。白飯に合うおかずを与えると、泣いて喜びます。ご飯お代わり無料の定食屋は神ですね。