東京をサイクリング!ロードバイク女子が「BIKE TOKYO 2019」を走ってみた

秋といえば、自転車に乗るのが気持ちいい季節ですよね!ライターのアヤです。
私は最近、ロードバイクにはまっておりまして、先日開催された自転車のイベントにて、
東京の名所を、約2200名の参加者と共に走ってきました~!

その名も「BIKE TOKYO 2019(バイクトーキョー2019)」!
今年で10回目となるこちらのイベントは、毎年9~10月に1度開催されるサイクリングイベントです。

「自転車のイベントって、ロードバイクがないと参加できないんでしょ?」
と、思うかもしれませんが、BIKE TOKYOは初心者でも参加しやすいイベント!
レースではないので、

・そういえば都内をゆっくりサイクリングしたことないなぁ。
・体力はないけど電動自転車ならなんとかなりそう!
・道がわからないけど、みんなで走れば何とかなるさ!
・友達と一緒に都内を走り抜けてみたい!

と、気軽な気持ちで参加できるのが最大の魅力!

ロードバイクがなくても、クロスバイク、ママチャリ、電動自転車で、OK。
レンタルサイクルでも走れる、初心者も楽しいイベントなのです。

今回は、BIKE TOKYOの概要と、ロードバイク初心者の視点で「女性におすすめのポイント」をご紹介します。

①友達と走って楽しさ倍増!体力と相談して好きな時間にスタート!

BIKE TOKYOの出走時間は、A~Hと8グループに分けられております。
(さすがに、2200人以上の参加者が一斉に集結してスタートするの無茶ですから…)

Aグループ 8:00~   Bグループ 8:35~
Cグループ 9:10~   Dグループ 9:45~
Eグループ 10:20~  Fグループ 10:55~
Gグループ 11:30~  Hグループ 12:05~

2019年のスタート地点は有明にある「東京臨海広域防災公園」。
東京ビッグサイトのすぐ近くです。

簡易テントで受け付けを済ませて、出走時間まで展示を見たり、ストレッチしたり…。
私と友人はDグループに申し込んだのですが、まさかの寝坊で、国際展示場に到着したのは10時過ぎでしたので、Eグループに紛れ込みました(笑)。
(ちなみに、自宅から会場まで転車で向かったので、スタート前から既に12km走ってます…。)

イベント当日は、ロードバイクアンバサダーとして、ロードバイク界隈で著名な方も参加。

この投稿をInstagramで見る

アンバサダーとして参加させて頂いた #BIKETOKYO 楽しかったー!! 東京の名所と美味しいもの!東京の魅力満載なライドでした! 都会の景色が代わる代わるの東京ライドは、テンション上がります☺️ 1000人以上の人が走り、近い順番のみなさんとお話出来たのも嬉しかったです!一緒に走った皆様お疲れ様でした😎🚴‍♀️ #ツールドニッポン #BIKETOKYO2019 #東京駅 #ロードバイク #ロードバイク初心者 #サイクリング #ロードバイク女子 #ロードバイク仲間欲しい #roadbike #roadbikegirl #look765 #lookroadbike #rideyourdream #loveroadbikes #lookcycle #自転車女子 #LookAhead #カペルミュール #kapelmuur #instacycling #cyclingphotos #cyclingpics #cyclinggirl #cyclingstyle #cycling #goneriding #beautyofcycling #cycling_queens #cyclism

AMUさん(@amuaiamu)がシェアした投稿 –

ロードバイクYoutuber界隈ではおなじみの、MIHO氏。金髪の小顔美女です。

MIHO氏のYoutubeはこちら!

なんと、仮装しながら走った猛者も…!ヘルメットをしっかりかぶっていれば、仮装もOK!

♡ココが女性におすすめ!

スタート&ゴール地点となっている東京臨海広域防災公園は、16時までにゴールすればOK!
体力に自信がない方や、ゆっくり走りたい方は、早めの時間にスタートすれば、余裕をもってゴールできるでしょう。
冒頭でもご紹介したように、電動自転車が使えるのでツライ上り坂も問題ありません。
1人で走るのも楽しいですが、友人と走れば楽しさ倍増です!
カップルや夫婦で参加されている方もちらほら見かけました。ほっこり。

②和菓子やおこわでエネルギーを補給しながら、東京の名所を観光

東京の名所や穴場スポットを含んだ約35kmのコースルートは次の通り。

有明→築地→銀座→東京駅→皇居前→日比谷→東京タワー
→六本木→神宮外苑→四谷→半蔵門→秋葉原
→両国→清澄白河、門前仲町→月島→豊洲市場→有明

東京の魅力がぎゅっと凝縮された観光地巡りルートです。

こちらは、東京駅の休憩地点を出発した時の写真。
(※基本的に走行中の撮影は禁止なので、停止中にサッと撮影してました。)

アプリを使って、走行距離や時間を計測する楽しみ方もおすすめです。

コースの途中には「エイドステーション」と呼ばれる休憩スポットが3か所あります。
今回は、大福、もなか、おこわ、カステラなどがふるまわれました。
走って、エネルギー補給して、また走る…。
自転車で長い距離を走るには、エネルギー補給が欠かせないのです!

ちなみに、自転車のレースの世界では、補給食を取らないと「ハンガーノック」という状態に陥ることがあります。

ハンガーノックは、「長時間に渡る激しいスポーツにより、極度の低血糖状態により、身体が動かなくなる状態のこと」を指します。

自転車で長距離を走る場合、思っている以上にカロリーを消費します。
今回のイベントのように、自分のペースで走り、エネルギー補給するタイミングがあれば、心配はありませんが、
自分の体力と相談してペースを乱さず走るのが、大切です。

(※ちなみに私、先日94kmのロングライドに挑戦しまして、油断してたら見事にハンガーノックになりかけました。頭痛と倦怠感の中フラフラで走り、大変な思いをしながら帰宅…。栄養補給は本当に大切です。)

♡ココが女性におすすめ!

万が一に備えたサポートカーも用意されているので、自転車初心者の方や女性の方、大人からこどもまで安心して参加できます!

また、コースには曲がり角にイベントスタッフが必ず立っていますので、地図を確認して走らなくても大丈夫。これは、かなり助かります!
道順を確認しなくていいので、ストレスフリーです。地図が苦手な女性でもいいんです。地図は見ない!

実際に、私も走行中は一度も経路をチェックせず、迷わず休憩所に到着&ゴールできました。
不安な方は、他のグループを見つけてくっついていくのもアリでしょう。

③お気に入りスポットを見つけて、各自撮影タイム


本イベントでは、指定のコースがありますが、休憩は自由。
エイドステーション以外でも、気になる場所を見つけたら停車して、撮影できます。

「自転車乗りあるある」なのが、自転車と名所のツーショット撮影(笑)。

私もちゃっかり撮影しました。(※ここは完全に走行ルート外の、丸の内通り。笑)


大好きなティファニーブルーとビアンキのテーマカラー「チェレステ(イタリア語:Celeste、碧空、天空)という緑色に近い青色)」が、
とても良く似ていて、大好きなので、思わずニンマリ。

撮影に没頭しすぎると一向にゴールにたどり着けない(笑)ので、ご注意ください。

♡ココが女性におすすめ!

写真好きな女性なら、間違いなく楽しい!これに尽きます!
走行中は撮影できませんが、いっそ、Youtuberみたいに、自転車に取り付けるカメラを買って動画をとるのもアリかも!?

注意!東京を走る際は、ココに気を付けて!

東京は、自転車専用の道路があるとはいえ、タクシーや運送会社のトラックが道を塞いでいることが、本当に多いです。
急にドアが開いたり、急に左寄せしてくるマナーの悪い方は、どうしても一定数存在します。
もし、自転車で車道を走る際には、左寄せで止まっている車に十分注意してくださいね!
(※今回のイベントでは、走行しやすいルート設定&サポートカーがいましたので、走りやすかったです。)

あとがき

10時半に出発し、まったり休憩、撮影を繰り返し、なんだかんだでゴールしたのは14時。

「おかえり~」とスタッフの方が出迎えてくれてました。なんだかホッとしますよね~。

ゴールしたら完走証を受け取り、各自解散です!

(ゴールして、30分くらい休憩したのち、止めておけばいいものの「お代わりライド」しまして、
帰宅コース+寄り道をしまして、結局、総合計62kmほど走りましたとさ…。)


昨年(2018年)のBIKE TOKYOには、ロードバイクYoutuberとして有名な「けんたさん」も参加しておりました!
こちらの動画もご参考に!

※スタート地点やコースは、2019年とは異なります。

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪