日本最大級のスポーツイベント!日本ダービー!

はじめまして!馬と船が大好きEntaです!

さてさて!
来る、5月28日は競馬の祭典『日本ダービー』の開催日!
競馬をあまり知らない方でも『ダービー』の名前はよく耳にしているのではないでしょうか?
よく、〇〇ダービーとかいいますよね!
競馬に興味のない方や名前しか聞いたことのない方々にダービーがすごいレースなのかをお伝えします!

そもそも、日本ダービーってなに?

『日本ダービー』とはあくまで副称であり、正式名称は『東京優駿』。
東京競馬場-芝-2400mで行われる3歳馬限定レースでその最強馬を決めるレースでもあります。
競走馬の寿命は、20歳〜30歳ほどで日本の競走馬は2歳でデビューし5歳〜6歳ごろに引退します。つまり、現役競走馬はみんな若い馬たちが走っているわけです。その中でも特に若い3歳馬限定で一生に一度しか出ることの出来ない、とても貴重なレースということです。

今年出走する2014年生まれのサラブレッドの総頭数は7,015頭。その中でも日本ダービーに出走できるのはわずかに18頭なのです。
野球でたとえるなら『夏の甲子園』、サッカーでたとえるなら『冬の高校サッカー選手権』といったところでしょうか。

ダービーはクラシック三冠レースの一つ!

3歳馬限定はダービーだけではなく多数存在するのですが、その中でも中央競馬クラシック三冠と呼ばれるものがあります。
中央競馬クラシック三冠とは、3歳牡馬・牝馬のための皐月賞、日本ダービー(東京優駿)、菊花賞の3つのレースの事をを指します。
実は、このクラシック三冠を達成した歴代の競走馬の中で7頭しかいないのです!
有名な馬ですとナリタブライアンやディープインパクトが3冠を達成しています!

ちなみに、牝馬限定のクラシック三冠もあり、桜花賞、オークス(優駿牝馬)、秋華賞がそのレースに該当します。
最近の牝馬三冠達成した馬を言うとジェンティルドンナが記憶に新しいですね。(大変お世話になりました。)

まだまだあります!ダービーのすごいところ!

kaijo
ダービーのすごいところはなんといっても会場の熱気!
他のG1でも熱気はすごいのですが、ダービーは格別!
2016年の入場者数はなんと13万9140人!
過去最高入場者数で19万6517人!
とサッカーや野球に比べて段違いの入場者数を誇る、日本で開催されているスポーツイベントの中でも最大級のものなのです!
中には、1週間前から開門待ちする猛者たちが存在するほどの人気です!

海上自衛隊の生演奏によるファンファーレと十数万人の手拍子!
本当に興奮します!
そのくらい、ダービーに熱を燃やしている人たちがたくさんいるのです!

たくさんの人々の思いを馬に託す

IMG_
競走馬にはたくさんの人たちが関わります。
牧場の人、厩務員、馬主、調教師、騎手、ファンたちなどたくさんの人たちが携わっています。
2歳から、競走馬は続々とデビューしていき、様々な人々が関りデビューした馬たちはダービーを目指していくのです。
数々の人の思いを乗せて走るレースが、日本ダービーなのです。たくさんの人々が関わったからこそ馬がダービーを勝てれば、大きな栄誉となり騎手は「ダービージョッキー」、調教師は「ダービートレーナー」、牧場は「ダービー馬のふるさと」として、注目されるのです!
もちろん、勝ち馬にも「ダービー馬」としての称号が与えられることになるのです。
だからこそ、ダービーのたった約2分半で、たくさんの感動がうまれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
日本ダービー開催時には東京競馬場に毎年10万人以上の観客が訪れ、ダービー独特の雰囲気を醸し出します。ぜひ、競馬が好きでなくとも、一度はあの雰囲気を味わっていただきたいと思います。
5月28日はぜひ東京競馬場へ!

おまけ

アドミラブル-アルアインの馬単裏表2K!
頑張れ!青葉賞組!
「青葉賞組は勝てない」っていうジンクスを払拭して欲しいですね!

ジェンティルドンナは俺の嫁