多忙なビジネスマンこそ、コールドプレスジュースを! 野菜不足を手軽に解消できる「EJジュース」とは?

 

ー「カラダにいいジュース」は、多忙な男性にピッタリな栄養ドリンク。

管理栄養士の鈴木です。

皆さんは普段の健康維持のために、どんなことを実践していますか?
糖質オフ、野菜をたくさん食べる、よく噛む、揚げ物を控える・・・
人それぞれ、いろんな方法がありますよね。

中でも、数年前から女性の間で話題となっているのが「コールドプレスジュース」。
皆さんは、飲んだことありますか?

コールドプレスジュースとは?

コールドプレスジュースとは、その名の通り野菜や果物をゆっくり「プレス(圧搾)」して、
素材が持つ水分を搾り出して作るジュースです。
保存料などの添加物はもちろん、余計な水分も一切加えずにつくります。
素材が持つ水分だけでジュースにするため、1本のジュースに1kg以上の素材を使用することも。

従来のジュースと大きく異なるのが、製造過程で素材に熱が加わらないということ。
熱処理をしないため、
①熱に弱い栄養素を生きたまま摂取できる
②野菜や果物に含まれる酵素もをまるごと摂れる

というメリットが!!

さらに、不要な繊維質は分離しているので、体が消化に必要なエネルギーを使うことなく効率的に栄養を摂取できます。
(※使用食材によって、繊維質の分離度合は異なります。)


・栄養素がほぼ失活しない。
・酵素を丸ごと摂取できる。
・体に負担をかけず、必要な栄養素が摂れる。

これらの特徴をもつコールドプレスジュースは、
「消化器に必要以上の負担をかけずに、野菜や果物の良質な栄養素を効率的に摂取できる」素晴らしいジュースなのです!

コールドプレスジュースはモデルや女優が愛用していることでも話題になったので、
女性陣の新たな美容&健康法の1つとして浸透しつつあります。

しかーーーーーし!!!!
私はここで、声を大にして言いたい。
「コールドプレスジュースは、男性こそ!男性にこそ、飲んでもらいたいっ・・・!」と。

コールドプレスジュースは美容・健康面でのメリットが多いことから、メインターゲットは女性ですが、決して「特別な美容法」ではありません。

普段からハードワーク、接待、飲み会など体を酷使している男性にとって、「体に負担をかけない栄養満点のコールドプレスジュース」は、最高の栄養ドリンクのはずですよね!
(世の男性の健康力を高めたい私としては、男性はもっと健康に貪欲になって、体を労ってもらいたい・・・。)

そんな時、見つけました!出逢いました!
「男性にも、飲んでもらいたい!」という思いを持ったコールドプレスジュース専門店を。
その専門店とは、「EJ JUICE & SOUP (イージェイジュース&スープ)」です!

最近では、”有吉くんの正直さんぽ「市ヶ谷 麹町」”(2017年9月2日放送)にも取り上げられました!

表参道、青山、銀座エリアに多いコールドプレスジュースですが、EJ JUICE&SOUPの社長が本店として選んだのは「麹町」というオフィス街。


こちらは「 RED DIGESTER」というジュース。
原材料は、りんごor梨・ビーツ・グレープフルーツ・旬の柑橘・人参とフルーツが多め。
たくさん食べたい・飲みたい時に。飲みすぎちゃって二日酔いの翌日にもピッタリ。

なんと、お値段は税込650円。( 650円?!いくらなんでも安すぎる!)
ジュースに600円?と思うかもしれませんが、実はEJのコールドプレスジュースは、他の専門店と比べると、300~400円ほど安いんです!

原材料がストレート果汁100%という高品質に加え、生産の手間暇等を考えたら、650円はとても破格。


何故、麹町なのか?
どうしてそんなに安いのか?

うーん・・・疑問だらけです。

そこで!今回、社長の岩崎さんに直撃インタビューを決行!
EJジュースのルーツや想いを伺ってきました。

「EJ JUICE & SOUP」創業者に聞いた、EJジュースの魅力とは

【取材協力】
株式会社イージェイ
代表取締役 岩崎 亘
(以下:岩崎さん)

何故、「コールドプレスジュース」なのか?

会社員時代から「将来は起業したい」という想いがあった岩崎さん。
何故、コールドプレスジュースを事業の先駆けとして選んだのでしょうか?

岩崎さん:
実は、「美容と健康のため」が最初の理由ではなく、「農業の課題を解決したい」という想いがあったんです。
私は農家の息子として生まれたので、幼いころから農業の大変さや課題を目の当たりにしてきました。
中でも、農業の課題に1つに「規格外農産物」があります。

規格外農産物とは、大まかにいうと見た目の良くない農産物のことです。
味や栄養素などの品質に問題があるわけではなく、見た目が悪くて市場に出せないんです。


例:規格外のミカン。
(画像出典:Organic Press)

中身は同じなのに、見た目が悪いと二束三文の価値になってしまう。廃棄することだってあるんです。
これは、農業の大きな課題の1つだと感じています。
「どうしたら、規格外農産物に価値を見いだせるのか。」を、起業前からずっと考えていました。

規格外農産物に価値をつける時に、「健康」も絡ませたかったですね。
現代人はゆっくり食事を摂る時間が少ない。
つまり、栄養を十分に摂ることができていないんです。
それなのに、食べ過ぎに陥って不健康になるという矛盾が生じています。

コールドプレスジュースなら、農産物の見た目を気にしなくてもいい。
しかも、熱処理をしない製法だから栄養素の失活が少ない。
そして、私たちは良いものを安く販売することができる。
ケミカルなものは好きではないんですよね。今はサラダも流行っていますが、
ジュースだと、片手で手軽に栄養補給できて食べる場所も選ばない。
「多忙な現代人には、栄養満点のジュースだ!」と思いましたね。

EJジュースは、良質な規格外農産物を原料に使用して「リーズナブルで高品質なジュース」の提供を実現させていたんですね!

農家さんは丹精込めて作った農産物を廃棄しなくて良い。岩崎さんは、良い青果物を安く仕入れることができる。
私たち消費者は、質のいいジュースをお手頃価格で飲むことができる。
まさに「三方良し」を具現化したのがEJのジュースと言えるでしょう!

何故、麹町という場所を選んだのか?

麹町と聞いて「美と健康」のイメージは浮かびにくい。
何故、麹町という場所を本拠地に選んだのでしょうか?

岩崎さん:
私たちは、ターゲット設定をもともと美容・健康意識の高い女性にはしなかったんです。
もちろん、女性にも飲んでいただきたいですよ!(笑)
EJジュースは、管理栄養士、野菜ソムリエに監修してもらいメニュー毎に機能を付加し、
それに合った食材と配合比率を設定しているので、栄養価はプロお墨付きです。

そんな栄養満点ドリンクは、普段から忙しく働いているビジネスマンこそ、まず買ってほしいなと思いました。
それは自分がサラリーマン時代に忙しくて食事をまともに摂ることができなかった経験もあるでしょうね。

「忙しくて、食べる時間がない。」

そんな男性陣に、EJのジュースを飲んでもらいたいと思って、敢えてオフィス街を選びました。
狙い通り、男性の割合が多いですね。
お客様が3~4割が男性で、コールドプレスジュースのユーザーとしては多いですね。

男性って、良いとわかれば毎日飲む傾向にあるんですよね。
お客様の中に50代の男性がいらっしゃってよく買いに来て下さるんですが、
「EJのジュースを飲み始めて、体重が3~4キロ落ちた。」と、コメントをくださったんですよ。
普段飲み会や接待が多い方ほど、ランチの代わりにEJジュースを飲むなど「置き換え」をすることによって
食べ過ぎを抑えることができたのかもしれませんね。

ただ、注意して頂きたいのが、EJジュースを飲んだからと言って、体調が急激に改善するわけではありません。
考え方としては、あくまで「体の調子を整えるもの」ですから。
だからこそ「続けやすさ」に注目しているんです。
1日で体は急に変わらない。これは紛れもない事実ですから。

岩崎さんが麹町という地域を選んだのは、自分と同じ男性にもっと健康になってもらいたいという想いがあったんですね!
健康になれる男性の母数を、低価格で続けやすい「EJジュース」の力で着実に増やし続けていることでしょう。
「あれ、なんか体の調子がいい。」
「ちょっと体重が減ったかも。」
「二日酔いの翌朝にジュースを飲むと、スッキリする。」等々、
”体のちょっとした不調をサポートするツール”の1つとして、EJジュースを選択する男性が増えたらいいなぁと思わずにはいられません!

今年の秋、オススメのEJジュースはコレだ!

ここでちょっと気になったのが、ジュースは暑い時期に飲むイメージが強いこと。
秋・冬でも美味しく飲めるジュースって、あるのでしょうか・・・?

岩崎さん:
ジュースは体を冷やすのではないかと思われがちですが、実は体を温めるジュースもあるんですよ。
例えば、こちらの「SHIZEN ENERGY DRINK」。

ショウガ・唐辛子を使っているので、疲労回復や体を温めるのに向いています。
これからの季節に、是非飲んでほしいジュースですね!
また、「EJ JUICE & SOUP」なので、スープも販売しています。
スープにはブロスとポタージュ、2つのタイプがあります。
ブロスとは、一般的には肉や骨、野菜を煮込んだ出汁のことを言います。
長時間かけて煮出すため栄養素がしっかりと抽出されるのが特徴です。
ヘルシーフードの発祥地ニューヨークを中心に、紙コップでテイクアウトして気軽に楽しむスタイルが流行中なんですよ。

EJで販売しているのは、野菜の先端や皮を惜しげもなく使った「ベジブロス」です。
ベジブロスからは、野菜に含まれるポリフェノールやカロテノイドをはじめとしたファイトケミカルや、
水溶性の食物繊維などを摂取できるんです。
温かいものを飲みたい時、ダイエットで食事を控えたい時などにオススメです。
野菜の栄養素が溶け出したスープは、腸内環境改善にも一役買ってくれるはずです!
 

涼しくなってきたら、体を温める栄養素が詰まったジュースとベジブロスを飲んで、
内側からじ~んわりポカポカ良い気持ちに。・・・完璧ですね!!
時期に左右されないように、工夫を凝らしているのが分かります。

「株式会社イージェイ」の今後の展望は?

働く男性を筆頭に、健康寿命の延伸に貢献しているEJジュース。今後の展望について伺いました。

岩崎さん:
私たちがやりたいことは、「農×食×健」に特化した事業です。しかも、なるべく農産物に近い形にしたいですね。
ケミカルなものを使わずにナチュラルなまま、人々を健康にするようなものを作っていきたいです。
もっと商品バリエーションを増やして規模を追求することは、結果的に農家にとってプラスになると考えています。
手軽、美味しい、可愛い、オシャレ、続けやすい、ダサくない、ライフスタイルにプラス、楽しい、健康etc…。
そんなキーワードたちを散りばめた商品を、多くの方に伝えていきたいですね。

農業の課題に真摯に向き合い、「誰もがハッピーになれる健康な未来」を考えて
行動している岩崎さんの姿はとても素敵でした・・・!
これからも彼の活動に目が離せませんね。

ー 美味しいから、毎日飲みたくなる。
ー 手頃な値段だから、毎日飲める。
「健康を、手軽にエンジョイしてほしい」という思いが込められているEJジュースは、
まさに忙しい現代人にとってマストな栄養ドリンクです!
あなたもEJジュースを飲んで、日々の生活をエンジョイしてみませんか?
(・・・EJには、「エンジョイ・ジュース」という意味も込められているとか。おちゃめなネーミングセンスも、素敵ですよね♪)

ちなみに、私のオススメはこちらの「DAILY NUTRITION」。
小松菜の苦みがないけど、味はしっかり伝わってくるんです。
野菜本来の甘みを感じられる、素晴らしいジュースでした・・・!
(毎朝飲みたい・・・!)


【取材協力】
株式会社イージェイ
代表取締役 岩崎 亘

静岡県のみかん農家の長男生まれ。
リクルート、コンサルティング会社、農業法人を経て株式会社イージェイを設立し代表取締役に就任。
「EJ JUICE & SOUP」というコールドプレスジュースを主とした飲食店舗を都内で2店舗経営する他、
農×食×健康の領域で事業展開中。
EJ JUICE & SOUP麹町本店
  住所:〒102-0083
東京都千代田区麹町3-5-5 サンデンビル1F
  電話:03-6265-6788
営業時間:月 9:00am-7:00pm
     火〜金 8:00am-7:00pm
     土祝 10:00am-6:00pm
     日 Closed
公式HPは、こちら↓↓

鈴木さん

管理栄養士の鈴木です。 食生活、健康法、ダイエットなど、健やかな心身をつくるための お役立ち情報をお届けします。”You are what you eat !”