住んでみてわかったNYシリーズ② 現地に住む日本人が喜ぶ100均グッズ5選

 

今や私たちの生活に欠かすことのできない「100円グッズ」。
その市場規模は年々拡大し、業界全体の売り上げは年間7000億円にものぼるとされます。
日本では言うまでもない100円ショップは、アメリカ・中南米・アジアと海外にも年々進出しています。

私が住んでいたニューヨークでは、近くに99セントショップがあり、安いことからよく足を運んでいました。
日本と同じ日用品や食べ物といったものが売られていますが、売られているものは当然、日本製ではなく、海外製のもの。そこは日本の100円グッズとは違う、低いクオリティーでした。

渡米前は100円グッズが当たり前すぎて、ありがたみを感じたことはありませんでした。
でも外国で暮らし始めてみると、いかに日本製のクオリティーが高いことか!
海外に住み、身に染みて日本の100円グッズへの感動を感じるようになりました。

今回はそんな私が、NYに住んでみて凄い!と思った日本の100円グッズ5つをご紹介します。
「えっ!これが??」という、普通に手に入るものばかりですが、海外暮らしが長い日本人にとって、大いに喜ばれること間違いなしです!

ウェットティッシュ

pixta_14897544_M

海外に住む人たちはもちろんのこと、海外旅行者にとっても、ウェットティッシュは必須アイテムですね。
特に日本では当たり前に手に入るポケット型のウェットティッシュは、海外ではまず売られていません。
日本の飲食店では当たり前におしぼりが出てきますが、海外のレストランは全くお目にかかれません。(一部、高級な日本食レストランで出てくるくらいです。)
そんなとき、ウェットティッシュでさっと手をふけたら、なんだか安心しますよね。

綿棒

White cotton tipped swabs. Ear sticks close up. Soft focus image. Copy space. macro view

日本製の綿棒は馬鹿にならない!ということが海外に住んで実感しました。
海外でも綿棒は売られていますが、海外製のものを使用していたら、耳の中に綿棒がつまってとれなくなってしまった!なんて話も聞きました。
日本製の素晴らしいところは、とにかく「丈夫なところ」。使ったら綿がボロボロと崩れてしまう海外製のものとは、比べ物にはならない日本製の綿棒です!

ゴキブリ駆除シート

pixta_23671166_M

100円ショップではよく、シート6枚セットが売られており、私の経験上100円のものでも十分にゴキブリは確保できました。一方海外で売られている駆除シートは、薬が強いわりにゴキブリを確保することができず、効果が得られませんでした。
ニューヨークでは駆除シート1枚につき、なんと10ドルで売られていて、高いのに効き目がありません!

衣類用防虫剤

pixta_1412663_M

海外に住んでいても、防虫対策は欠かすことができません。必ずと言っていいほど、洋服の虫食いにあってしまうからです。海外製の防虫剤は置いていても、虫食いされてしまったりと、ゴキブリ駆除シート同様、効果がないじゃん!という経験をしました。一方で100均の防虫剤はとても効き目があり、安心して利用することができました。

はさみ

pixta_4117531_M

えっ?嘘??と思ったあなた。はさみは海外でも売られています。私が住んでいたニューヨークでも当然手に入りますが、日本では考えられないような値段で買わないと、ちゃんと切れるハサミを手に入れることができません。
その価格はなんと14ドル!日本円でおよそ1500円も支払わないと、手に入りません。

pixta_35131072_M

今回取り上げたグッズ以外にも日本の100均グッズは生活のあらゆる場面で多く活躍します。
海外に住む日本人へのお土産には、こじゃれた高いものよりも、100均グッズをプレゼントしたら、喜ばれること間違いなしです!
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

水木春海

アラサー・独身・女性。日常のふとしたことを記していきます。 フィギュアスケートやクラシックバレエやってます。 またNYへの留学を経験し、語学学校とビジネススクールへ通い、 ファッション会社でインターンしていました。 色々てんこ盛り人生です。