母に聞いた本当に嬉しい出産祝い3選【〇〇がNG?】

 

出産祝いといえば皆さん何を思い浮かべますか?
そうですよね、オムツですよね。
オムツケーキなんて、さらにプレゼント感があるし、写真映えもする。
なによりオムツは一番の消耗品!

・・・だと思っていませんか?実は、お母さんたちからすると「正直、微妙。」なんです。

確かにオムツはあればあるほど嬉しいもの。
しかしながら、オムツというのはお母さんによって「こだわり」があるそうなんです。
昔、出産した友人のプレゼント祝いでオムツをあげたことがあるのですが、実は意外とこだわりが多いんだとか。

オムツ自体の機能性にプラスアルファ、たとえば「メーカー」「コンパクトさ」「装着のしやすさ」など。
プレゼント自体は嬉しいと喜んでくれたのですが、赤ちゃんの肌に合わかったので使うことができなかったんです。

他にも別の友人から「友達に出産祝いでオムツケーキをもらったけど、2,3個使ってあとは使わずに終わってしまった。」というエピソードを聞いたこともあります。

「せっかくくれたのに申し訳ない」と、お母さんに気を遣わせてしまう原因にもなりかねないのです。

本当に喜ばれる出産祝いとは?経験者に聞いてみた

昨年3月に友人が結婚・出産しました。天使のような男の子です。

初めて出産祝いを選ぶにあたり悩みに悩みまくった私は、3人の子育てをやりきった母、そして、共通の友人たちの母親に助けを借りました!そして無事に、ママになった友人にとっても喜んでもらえたんんです!

今回は、合計8回の出産祝いを経験した3人の母親から調査した結果わかった「最強の出産祝い」をご紹介します!

「たくさん要るもの」が喜ばれる秘訣

1. 汚れて替えるのくりかえし「よだれかけ」

※売り場では「スタイ」と表記されている場合が多いです。

これは母親3人全員の意見でしたが、とにかく数が要る。1日に何枚も使わなければならないので、いくらあっても足りなくて、多すぎて困ることはないのです。

また、最近ではかわいいスタイがたくさん販売されていますが、やはり見た目重視のものは、小さいものが多いという難点があります。母たち曰く、小さいとお洋服まで汚れてしまうので、スタイは大きいほうがいいとのこと。

2. お洋服もうれしい!でも「素材」に気を付けて

赤ちゃんのお肌は繊細です。そして代謝が良いため信じられないほどの汗をかきます。赤ちゃんのお肌を傷つけず、吸水性と通気性のいい「綿100%」を選びましょう。

また、お洋服は、お母さんお父さんの好みもあります。(私は友人の好みを知っていながら私の趣味全快のお洋服をギャグとしてプレゼントの1つに入れましたが、そこらへんはお友達との関係性を考慮しましょうね)

そのため、「肌着(下着)」を選ぶのが無難です。汗をたくさんかく赤ちゃんは、お着替えも一日に何度もしなければなりません。スタイと同じく、あればあるだけ助かるのです。

3. なんだかんだ、やっぱりうれしいのは「現金」?

現実主義のお母さんにとっては、最も喜ばれるといっても過言ではありません。なんといっても、これが一番、出産直後のお母さんにとって必要で、うれしいものはないのです。

しかしながら、現金をプレゼントでもらって引いてしまうというケースもありますので、あなたが出産祝いを送ろうとしているお友達がどんな人なのか、しっかり見極めましょう。

でも、「本当に必要なものを買ってほしい」というあなたのお気持ちも、とってもよくわかります。そんなときには「ギフトカード」などを贈るのはかがでしょうか?

お母さんに喜ばれるギフトカードを以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください♪

出産祝いにおすすめ!ママが喜ぶギフトカード10選

5.おわりに

友人のお母さん方、そして私の母、本当にありがとう・・・

出産祝いで一番大切なことは出産直後のお母さんが今何を最も必要としているかということ。それが、あなたの大切なお友達の喜びにつながります。出産祝い選びの参考になったら幸いです♪

ささきささ

D.C.Garageのヘビーリスナー