【特集:健やかな頭髪のために】 第2章「今話題の育毛剤を比較&調査!毛髪に本当に必要な成分とは・・・?」

 

ー毛髪に本当に必要な成分をご存知ですか?その成分、本当に届いてますか?

第1章では、「毛髪の構造、毛のサイクル、脱毛の原因」についてご紹介しました。

自己流で脱毛を防ぐ方法として、ヘアケア剤を見直す、食改善をするなどがありますが、
これらの方法は結果がでるまでに時間を要します。
また、ホルモンバランスは食事以外に遺伝要因なども絡むため、自力で防ぐには限界があります。
今回は、育毛にとって必要な成分とその種類について理解を深めましょう!

育毛にとって必要な成分とは?

前回、毛の構造についてお伝えしましたがポイントとなるのが、
「毛乳頭からつくられる毛母細胞」の存在です。

h-15
図:新しい毛の細胞を作り出す毛母細胞。
※出典:毛母細胞とは

ということは、毛母細胞にとって最適な環境をつくり、毛母細胞の量が増えるようにすればいいのでは・・・?
育毛剤は、毛母細胞にとってプラスの効果がある成分を含んでいるに違いない!
さっそく、何種類かの育毛剤について調査してみました!

育毛剤にはどんな種類があるの?徹底比較&調査!

1.リアップX5プラス

h-16

■発毛の分野において有名
発毛や育毛効果が特徴とされる製品が数多くありますが、
中でもリアップシリーズは、壮年性脱毛症に効果を発揮する主成分は「ミノキシジル」という成分が有名。
「ミノキシジル」は、日本国内では医薬品認定できる成分として厚生労働省からも認められています。

■発毛促進成分、ミノキシジルとは
血管を拡張し血流を増進させることで、髪の毛の細胞分裂を促進して髪の成長を速める。
とにかく血流をアップさせることで髪の毛母細胞の分裂スピードを上昇させます。
生えるまでに至らない毛根や、弱っていた髪の毛を太く、長く成長させることができます。
壮年性脱毛症における発毛,育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防効果が期待できます。
(参照:厚生科学審議会 医薬品販売制度改正検討部会報告書より)

ほかにも、
・ピリドキシン塩酸塩:過酸化物質やフケの発生の原因となる皮脂の過剰な分泌を抑制します。
・トコフェロール酢酸エステル:皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を保護します。
・l-メントール:頭皮のかゆみをおさえ、清涼感を与えます。
などが配合されています。

2.ナノインパクト グランクリュ

h-17

■創業100年の技術力の集大成! 粉体技術のプロが開発したPLGAナノ粒子!
ナノインパクトシリーズといえば、PLGAナノ粒子が有名な育毛剤。そのナノテクは、世界に通用するレベル。
従来の育毛剤のような水やアルコールではなく、PLGAカプセルという毛穴の200万分の1ほどの小さいカプセルに育毛成分を配合しているため、
他の育毛剤とは作り方が少し違っています。

育毛成分を封入した「PLGAナノ粒子」は、生体・頭皮になじみ易く140nmと極小サイズの粒子が、
150兆個のカプセル状になっています。カプセルは毛穴の入口を通り、毛根にある毛母細胞・毛乳頭まで成分を確実に届け、そこで12時間成分を放出し続けます。
従来の育毛剤とは異なる、ナノ粒子技術(DDS)を採用しています。

h-23
(画像出典:http://nanoimpact.jp/cp01/)

■ミノキシジルの副作用を解消!今注目の育毛成分、ピディオキシジルを配合!
発毛効果を唯一歌える「ミノキシジル」ですが、実は副作用が発生しやすいという問題があります。
しかし、その副作用を克服した有効成分がありました。それが、「ピディオキシジル」です。
ピディオキシジルとは、ミノキシジルと化学記号がほとんど同じであることから、
ミノキシジル誘導体と言われている育毛成分です。

人工的に作られたこの成分は、ミノキシジルの血行促進作用による育毛効果は変わらずミノキシジルの
デメリットである副作用の可能性を限りなく低減させたことで注目されています。
そして、ピディオキシジルが配合されているのが、ナノインパクトシリーズです。

毛穴より小さな粒子がカプセルになって届いて、しかもその有効成分が12時間も放出し続ける。
これは、かなり効果が期待できそうです!

■頭髪に良い成分を厳選。植物由来の保湿成分も加わり、その数なんと59種!
ナノインパクト グランクリュは、今の時期には珍しい2剤タイプ。
スカルプパウダー(第1剤)は、ミノキシジル誘導体のほか、
クララ根エキスやキナノキ樹皮エキスなど頭皮に潤いを与え、健やかに保つ4種類の天然由来保湿成分などを配合。
スカルプローション(第2剤)は、ミノキシジル誘導体・ピディオキシジルやキャピシルなどの各種成分と、
髪のコンディションを整える植物由来成分などを厳選して47種類。
合計で、59種類もの成分を配合することに成功しました。

3.M-1 育毛ミスト

h-20
■育毛成分を、頭皮にまんべなく
Mー1育毛ミストの成分抽出におけるそのこだわりは40年の酵素研究からなるもので、
一切合成された化学物質を使わずに成分抽出をするという驚きの技術が使われています。
加水分解酵母エキスは頭皮に栄養や潤いを与えるだけでなく、毛乳頭細胞の繊毛にも活力を与えます。
毛乳頭細胞に活力を与えることによって、繊毛が伸び、FGF-10と呼ばれる物質も増えるようです。
「FGF-10」という物質は発毛促進の命令(シグナル伝達)物質のこと。頭皮の状態をよくする働きもあるようです。

また、M-1ミストが注目される理由は、第7回毛髪研究会議で最優秀賞を受賞した、「マイクロセンサー理論」を生かした新しい育毛剤ということ。
「マイクロセンサー理論」とは、毛乳頭細胞の繊毛の長さが、発毛に影響することを証明した理論のことです。

毛乳頭細胞とは、髪に発毛の命令(シグナル伝達)をする大切な細胞です。M-1ミストはその理論を踏まえ、髪に優しい成分が頭皮にきちんと浸透するよう考案された育毛剤なのです。
h-21
(画像出典:https://www.saravio.jp/M-1/index/)

化学成分が含まれていない
M-1ミストには、化学成分が含まれていません。成分は、「精製水、加水分解酵母、加水分解ケラチン液、グリチルリチン酸2k、センブリエキス、ニンジンエキス」の6種類しか入っていません。(公式サイトより) 成分が少なくても、一つ一つがしっかり効果を発揮し、マイクロセンサー理論で頭皮の深層までいきわたることで育毛効果が期待できるのです。

4.BUBKA

h-22

■有効成分M-034が、毛穴まで届く
濃密育毛剤BUBKAは、副作用が少ない天然成分M-034配合の育毛剤「ソブール08」として誕生しました。
M-034は育毛や発毛の効果があると認可されている医薬品・ミノキシジルとほぼ同じ育毛パワーが証明されています。
発毛促進効果はミノキシジルと同等でありながら、安全かつ有用な育毛剤として注目を集めている成分です。

また、育毛成分の極小化に成功。その大きさはなんと87nm!通常、浸透せずにはじかれた分子は、しばらくすると乾燥して消滅してしまいます。
しかし、濃密育毛剤BUBKAのミセル化した超極小の有効成分なら、毛穴に詰まった皮脂も、頭皮を覆う皮脂もラクラク突破します。
有効範囲に成分が適切に集まって留まり、髪に必要な成分をしっかりと送り届けます。

h-24
(画像出典:https://bubka.jp/)

■頭皮のやわらかさを助けます
BUBKAは、糖化により頭皮のやわらかさが失われることで、抜け毛が増えるメカニズムに着目しました。
どうすれば、頭皮の弾力をつくれるのかを研究し続けています。肌弾力試験において、BUBKAと他社育毛剤を比較したところ、BUBKAは116%以上頭皮の弾力性がアップし、他社製品は103%程度のアップしかせず、BUBKAが頭皮の弾力性に好影響を及ぼすことが分かりました。

5.チャップアップ

h-25

■無添加、無香料
チャップアップの場合は、基本的に体に害のあるような刺激成分は無添加です。
・香料
・着色料
・鉱物油
・石油系界面活性剤
・パラペン
・紫外線吸収剤
・シリコン
これらの成分が、全て無添加です。化学薬品に敏感な人にとっては朗報ですね。
また、パッチテスト、アレルギーテストなど第3者機関で商品検査も行っています。

■頭皮環境を整える成分を配合
チャップアップは、センブリエキス、ドクダミエキス、オウゴンエキス、ビワ葉エキスなどの、自然由来成分を主体に実績のある育毛成分を配合しています。
また、頭髪環境をトータルで改善するための成分を配合しており、皮脂の過剰分泌を抑制、頭皮の硬化改善、血流改善、
また、男性型脱毛症でポイントとなる育毛阻害成分「5α-リダクターゼ」の生成を抑制する成分が配合されています。

h-26
(画像出典:http://chapup.jp/)

6.フィンジア

h-27

■2大先進スカルプ成分
今話題の、「キャピシル5%」、「ピディオキシジル2%」を配合

・キャピシル・・・過剰な男性らしさに対抗するイソフラボンを豊富に含む「アカツメクサ」と、
4つのアミノ酸で構成される「アセチルテトラペプチド-3」の合成成分。乱れた頭皮のコンディションに働きかけます。

・ピディオキシジル・・・ヘアケア業界で注目される新スカルプ成分。
合成成分特有の心配される副作用を極力おさえこんだ処方を実現。
頭皮のコンディションに必要な成分を届けることにより、確かな手ごたえに導く成分です。

■10種類の毛髪成分を配合
h-28
(画像出典:http://finjia.jp/)

ヘアケアメーカーとして研究と実績を重ねた10種類の毛髪成分を配合。
そして、これらの成分を悩みの根幹へ届け、働かせるのがフィンジア独自のSPEテクノロジーです。
SPEテクノロジーにより、2大先進スカルプ成分にカプサイシンを合わせることで頭皮のコンディションに必要な成分を届けることが可能です。

7.ボストンスカルプエッセンス

h-29

■実感の理由は、BOSTON独自のグロースシナジー
キャピキシルとピディオキシジルのW配合に加え、ノーベル賞受賞成分のフラーレンを配合。
しかし、いい成分を塗りこんでも吸収しなければ意味がありません。
そこで、成長因子というたんぱく質を加えることで、成分の吸収を高め、健やかな髪と頭皮を育みます。

■最小の刺激で最大の実感を
頭皮は顔の肌より薄く、バリア機能が弱いデリケートな箇所です。
そこで天然植物エキスであるアマモエキス、褐藻エキス、モウソウチクたけの皮エキスなどを配合し、
頭皮の刺激となる成分の使用を最小限に抑えました。

育毛剤の価格と特徴について、簡単にまとめてみた

以上、7種類の育毛剤を調べた結果を、下記にまとめてみました。

育毛剤 価格 特徴 有効成分
リアップX5プラス 7,612円/60ml 唯一の発毛促進成分、ミノキシジル ミノキシジル、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール等
ナノインパクトグランクリュ 14,580円/60ml ナノカプセルが育毛成分を長時間放出 ピディオキシジル、キャピキシル、プロキャピル等
M-1育毛ミスト 9,800円/200ml 加水分解酵母が繊毛に働きかける グリチルリチン酸2K、センブリエキス、ニンジンエキスその他成分:精製水、酵母エキス(3)、加水分解ケラチン液等
BUBKA 16,200円/120ml 高濃度M-034が、ミセル化 クジン抽出液、酢酸dl-αトコフェロール、グリチルリチン酸2K、センブリエキス等
チャップアップ 14,800円/120ml 育毛・頭皮環境に特化した成分を多種配合 センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHC等
フィンジア 9,980円/50ml スカルプ成分配合に加え、地肌の柔軟化のため、カプサイシンを配合 ピディオキシジル、キャピキシル、カプサイシン等
ボストンスカルプエッセンス 14,800円/60ml 日本初の成組み合わせ「グロースシナジー」 キャピシル、ピディオキシジル、フラーレン、オレアノール酸、成長因子等

各社、研究結果の集大成を育毛剤に詰め込んでいる印象で、実際買う際に迷ってしまいます。
値段だけでみると、リアップx5プラスがよさそうですが、ミノキシジルは副作用が強い成分です。
では、無添加にするべきか・・・。

ここで、もう一度脱毛の原因をおさらいしてみましょう。

まずは、5α-リダクターゼの阻害!
男性型脱毛症を促進してしまう成分、5α-リダクターゼの存在。
まずは、この成分の機能を抑えることが先決です。
いくら有効成分を投入しても、5α-リダクターゼに邪魔されては意味がありません。

section01_img02
(画像出典:http://www.tom-clinic.info/treatment.php)

探してみると、育毛剤の中にはこの機能を抑える成分を配合したものがありました!

① ナノインパクト グランクリュ
② BUBKA
③ チャップアップ

この3種類は、「5α-リダクターゼ」を阻害することを謳っていました。

毛根に届かなければ意味がない

育毛成分は、毛穴の奥まで届かなければ意味がありませんよね。
5α-リダクターゼを阻害する成分を配合し、毛穴の奥までしっかり届く育毛剤は、

① ナノインパクト グランクリュ    (有効成分サイズ:140nm)
② BUBKA              (有効成分サイズ:87nm)

この2つに絞られました!
一見してみると、有効成分は小さければ小さいほど毛穴の奥に届きそうですが、
140nmと87nmでは、どちらの大きさがベストなんでしょうか・・・?

さらにもう一つ、気になることがあります。それは、ナノインパクト グランクリュの
「1日の使用分で約5兆個のナノ粒子が角質層に浸透し、12時間以上も角質層にとどまって成分を放出し続ける。」という点です。

home_section_03_figure
(画像出典:http://www.nanoimpact.jp/)

「毛穴の奥まで届くナノ技術」、「育毛に必要な有効成分配合」、「無添加」、「アルコールフリー」など、
様々な特徴がある中で「ナノカプセルが毛根に届き、長時間有効成分を放出する」という特殊な効果を謳っているのは、
「ナノインパクト グランクリュ」だけ。

h-33
(画像出典:https://nanoimpact.jp/grandcru/)



何故、このような技術が実現できたのか?
何故有効成分が長時間放出されるのか?
140nmという大きさは適正サイズなのか?

気になりだしたら止まらなくなりました・・・。

そこで、謎を解明すべく、現地取材を決行!

開発者に直接訪ねるのが早いですよね。(笑)
今回特別に許可を頂くことに成功しました。

どんな誕生秘話が聞けたのか・・・。
取材の様子は、近日公開予定です!ご期待ください!

アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪