住んでみてわかったNYシリーズ③『ニューヨークはそこまで大した街ではない。』

 

ニューヨークと聞くと、皆さんこのようなイメージを持たれるのではないでしょうか?

「憧れの街、ニューヨーク」
「おしゃれな街」
「人も街も、キラキラしている」
「世界の最先端が集まっている」などなど・・・

これまでニューヨークに行ったことのない人や、観光で数日間しか行ったことのない人にとって、
「ニューヨークに住んでいる」と聞いただけで、「カッコイイ!」と憧れを抱く方は多いのではないでしょうか?
そして、私自身もニューヨークに住む前までは、キラキラしたイメージを持っていました。

しかし、いざ住み始めてみると素敵な妄想を打ち砕く現実がチラホラ・・・
決して、「カッコイイ!」だけではない、ニューヨークならではの「現実」がそこにはありました。

pixta_13806856_M

今回は、1年以上滞在していた経験をもとに、「ニューヨークの生活の理想と現実」実態をご紹介します。

ひょっとしたら、このコラムを読み進めると、それまでニューヨークに憧れを持っていた方のイメージは180度変わるかもしれません。
よって、「華やかな街」というイメージを保ちたいあなたは、ここから先は読み進めないことをおススメします。

ニューヨークの現実①オシャレとは無縁!?汚い格好で歩くようになる。

dirty word and golden skeleton

NYといえば、言わずもがな、世界を代表するファッションの街ですね。
観光客に人気のエリアといえば、5番街(※1)、洗練された最先端ファッションを発信し続ける街、ソーホー(※2)、オシャレな古着屋、若いクリエーターたちの発信場所として栄える街、ブルックリン(※3)などがあります。

※1) マンハッタン市内に構え、ティファニー本店を始めとした高級ブランド店はもちろんのこと、日本でもお馴染みのユニクロを始めとした、ファストファッション系のお店、NYを代表するデパート・サックスフィフスアベニューも構えているエリアである。
※2) かつては倉庫街として栄えていた街から、個性派ショップやおいしいグルメが立ち並び、マンハッタン市内を代表するエリアの一つ。
※3) 2000年代以降、再開発が進み、アーティストの若者が集う街として、ニューヨークを代表するオシャレな街の一つとして、今最もホットなエリアである。

とにかくNYは、「おしゃれな街」。
こんなオシャレなエリアに囲まれて住んでいたら、いずれは「オシャレになる」、「ファッションセンスが勝手に磨かれてくる」、なんて、思っていました。

しかし、いざ住み始めてみると・・・

オシャレになっていくどころか、自分がどんどん小汚くなっていっていることに気づきました。
小汚くなると言っても清潔な服は選んでいるのですが、上は夏は半袖シャツ、冬は長袖シャツに、下はジーパンといった、いわゆる楽なシルエットの洋服を着るようになっていきました。

ファッション関係の仕事をNYでしている、ということであれば、話は別ですが、当時は留学を目的として滞在していた私だったので、定期的な収入は一切ありませんでした。
よって、それまでの貯金だけで生活しなくてはならず、物価が高いニューヨークに住むことによって、「いかにお金をかけずに、生活しなければいけないか」という考えがメインになり、オシャレにお金をかけている余裕がありませんでした。

実際、私の周りの留学生も、貯金が多い、何かしらの収入がある、という人を除いて、オシャレに気を使っている人はほとんどいなかったです。
そのくらい、稼ぎがないと、一定以上の暮らしができない街であるということを、ニューヨークに実際に住んだことによって、身をもって知りました。

ニューヨークの現実②:壁が落ちてくる。

Cracked earth abstract background with volume light rays. Cracked concrete earth abstract background, 3D Rendering

「えっ!?」「うそ!!」と思いになったそこのあなた。
本当に、落ちるんです。

日本に住んでいると、大地震でも発生しない限りはまず起こらないであろうことが、ニューヨークでは日常茶飯事です。

1 2
水木春海

アラサー・独身・女性。日常のふとしたことを記していきます。 フィギュアスケートやクラシックバレエやってます。 またNYへの留学を経験し、語学学校とビジネススクールへ通い、 ファッション会社でインターンしていました。 色々てんこ盛り人生です。