梅雨のインスタ映えは紫陽花で決まり!東京・神奈川の「あじさい名所」

4月は、5月はネモフィラ、そして6月といえば「紫陽花(あじさい)」でしょう!

梅雨の風物として古くから愛されている紫陽花は、6月がまさに見頃!
今回は、東京・官側でおすすめの「あじさい名所」をご紹介します。

色彩豊かな紫陽花が美しい!白山神社【文京区】


白山神社の文京あじさいまつりといえば、花の五大まつりの一つ。
約3,000株の多様なあじさいが、白山神社の境内から白山公園にかけて鑑賞できます。
期間中は、あじさいが咲き誇る富士塚が午前9時から午後5時まで公開され、土曜日・日曜日を中心に賑やかなイベントも開催されます。

また、紫陽花をモチーフにした和菓子も販売されています!

【詳細】
第35回 文京あじさいまつり
【期間】 令和元年6月8日(土曜日)~16日(日曜日)
【会場】 白山神社(文京区白山5-31-26
【お問い合わせ】 文京区観光協会(03-3811-3321)
詳細は公式HPをチェック!

高幡不動尊【日野市】


関東三大不動の1つである「金剛寺(高幡不動尊)」は、紫陽花のお寺としても有名です。
境内から山にかけて、200種類以上、約7,500株の紫陽花を見ることができます。
楽しみ方の1つとして「紫陽花山に登りながら、八十八箇所巡り(※)」があります。

※四国八十八カ所の参拝を1時間で出来るのが、東京都日野市の高幡不動尊の境内から続く愛宕山。
88体の弘法大師像を巡る散策コースが、山内八十八ヶ所巡りとしてお遍路さんの気分を楽しめる様になっています。


期間中は、紫陽花の切花展示も催されています。

この投稿をInstagramで見る

アジサイの切花展示が始まりました。

高幡不動尊さん(@takahatafudouson.kongoji)がシェアした投稿 –


ちょっとしたハイキング感覚で、紫陽花を見ながら楽しく巡礼をすることが出来ます。
近くにはおまんじゅうやおそば屋さんもあるので、おなかが減っても大丈夫です!(笑)

【詳細】
高畑不動尊あじさいまつり
【期間】 令和元年6月1日(土曜日)~30日(日曜日)
【会場】〒191-0031 東京都日野市高幡699
【お問い合わせ】TEL 042-591-0032(代)
「高幡不動尊金剛寺」公式HP

横浜イングリッシュガーデン【横浜】

首都圏随一と言われる300品種の紫陽花が咲き乱れる!
山アジサイから華やかな園芸品種まで色も花姿も多種多様です。

アジサイの時期と言えば、毎年好評の傘を使った装飾が横浜イングリッシュガーデンの魅力。
今年は、和傘装飾を中心に「華やかで躍動感のあるイングリッシュガーデン×和の静」を取り込んだ演出!

また、この時期は紫陽花だけでなく美しいバラも鑑賞できます。

【詳細】
横浜イングリッシュガーデン アジサイフェア
【期間】 令和元年6月3日(月曜日)~30日(日曜日)
【会場】 横浜市西区西平沼町6-1 tvk ecom park
【お問い合わせ】TEL:045-326-3670
詳細は公式HPをチェック!

海と紫陽花を一望!長谷寺


鎌倉の長谷寺は「花の寺」とも呼ばれており、春、初夏、紅葉と季節の花を楽しむことができるお寺です。
大々的な「紫陽花祭り!」と銘打ったイベントはありませんが、毎年ファンが絶えない観光スポットです。
この時期はディズニーランドのアトラクション待ちの勢いで混雑することがあるので、
順番が記載された整理券をもらってから、入場時間が来るまで周囲の路地店を散策したり、ランチして待ち時間過ごすのをオススメします!

長谷寺の紫陽花は、海をバックに見ることができます。
(見られる場所は限られているので、是非探してみて下さい!)

【詳細】
海光山慈照院 長谷寺
【期間】令和元年6月1日~月末まで(※天候などにより変動有り)
【住所】鎌倉市長谷三丁目11番2号
【拝観料】
:大人400円、小学生200円
【お問い合わせ】長谷寺 寺務所 0467-22-6300
 長谷寺公式HP


いかがでしたか?
約1ヶ月と短い期間ですが、神社×紫陽花、公園×紫陽花のコラボレーションを、スマホにおさめて思い出を増やしましょう!

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪