簡単!便利!コスパ良し!な重曹で、掃除を楽しく終わらせよう

 

年始、新学期、夏休み、年末・・・。
大掃除をするタイミングは年に3~4回程度ですが、
日々の細かな汚れって、溜めると本当に後が大変。
毎日掃除ができればベストでしょうが、現実的には厳しい。

しかし!たった5分なら毎日でもできると思いませんか?
特別な道具を使わずに、掃除が楽チンにできちゃうアイテムが、「重曹」です。

重曹を使うとどんな汚れが落とせるのでしょうか?

重曹って何?

重曹とは、炭酸水素ナトリウムのこと。
食用では、ベーキングパウダーと呼ばれてお菓子などに使われています。

重曹の種類・グレードについて

重曹は、大きく分けて「医薬品用」「食用」「農工業用」と3種類に分けられます。
①「医薬品用」・・・高純度、高品質。安全性がしっかり保証されていて薬局で販売されている。
②「食品用」・・・医薬品用に次いで、純度が厳しくチェックされている。
③「農工業用」・・・純度や品質のチェックが甘く、不純物が混じっている恐れがある。
         ※スキンケア用やお風呂に入れるなどの用途には使えません。

重曹は、下記のような商品がドラッグストア、100円均一、スーパーマーケットなどで手に入ります。

重曹の役割

1.ピカピカに磨く

きゅうす
重曹は、研磨剤の役割を持っていますので、
コップや急須の茶渋取りに活躍します。
また、水筒の底の洗いにくい汚れも重曹で落とすことができます!

■コップや急須を磨く

①重曹を粉状のまま、茶渋や湯垢のこびりついた箇所にふりかけます。
②そのままスポンジや歯ブラシでこすり洗いします。

■水筒の底にこびりついた汚れを落とす
①水筒の中に、重曹大さじ1に対してお湯を500ml入れます。
②1時間放置した後、水筒用のブラシを入れて洗うと、底の汚れがきれいにとれます!

2.しつこい汚れを落とす

油汚れ
■コンロ、換気扇の油汚れ
①重曹と水を2:1で混ぜペースト上の重曹を作る。
②油汚れの箇所に、重曹のペーストを塗布し放置。
③しばらく油を浮かせて、スポンジや歯ブラシでこする。

1 2
アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪