覚えるのは、この6つだけ!スマホで花火の写真を綺麗に撮るコツ

そろそろ花火大会が始まる季節ですね。

大迫力の花火をキレイに撮影したい、SNSで共有したい…。
そんな方は必見!SNS大好きなわたくしが、スマートフォンで花火を上手に撮るコツをお伝えします!

1.撮影前に、周囲環境をチェック!

綺麗な花火写真を撮るには、良い場所の確保が不可欠。
前方に木や建物の障害物がないか、事前に確認しておきましょう。
人気の花火大会だと、かなり早い時間に行って場所取りをするか、
事前に席を確保しておいたほうが安心です。
オススメは、屋形船、建物の屋上、有料観覧席などです。
お金と時間に余裕があれば、ホテルのバルコニーから眺める花火もいいですね。

2.ズーム機能は使わない!

スマホのズームは、デジタルカメラの光学ズームと異なります。
使うことで画質が一気に劣化しますので、使わないようにしましょう。
大きく写したい場合は、撮影後のトリミングがオススメです。

3.ISO感度は低めに!

感度設定ができるスマホなら花火を撮るにはISO感度は低めに設定しましょう。
感度設定ができる場合は、100以下がおすすめ。
高感度だと画質が荒れてしまい、ノイズの多い写真になってしまいます。

4.撮影は、「連写」か「AE/AF Lockモード」を選択

スマホによっては「バーストモード」や「連写」機能がついています。
花火の醍醐味は、なんといっても瞬間美。
連写モードで撮影することで良い写真を撮れる確率があがりますよ!

また、連写を使わない場合は「AE/AF Lockモード」に設定しておきましょう。
この機能を使うと、フラッシュなしでも自動的に明るさを調節できるんです。
自動的に花火に焦点を当ててくれるので、明るさのバランスがとれます。

スマホによっては、「夜景モード」が選択できますので、こちらもオススメ。
特に、打ち上げ花火を撮影するときは「夜景モード」にすることで、
露光やフラッシュを制御できるので、花火の形がくっきりと写り、
絵に描いたような華やかな写真を撮ることができます。

5.撮影の手ブレは、イヤホンと固定グッズで調整!

撮影で大事なのは、とにかくブレないようにスマホを持つ手を固定すること。
最も良い方法は「スマホ用三脚」で固定する方法です。

三脚は小型で折りたためるタイプが多いので、
折りたたんだ状態でそのまま手で持って安定させることが出来ます。

iPhoneの場合は、イヤホンがリモコンに早変わり。
カメラモードを起動し、イヤホンの音量「+」ボタンを押すとシャッターを切ることができます。

下記のように専用のリモコンもいいですね!

6. ビデオ撮影も、きれいに撮れる!

いったんビデオで撮影して、写真に切り出す方法も使えるワザです。
iPhone 6以降、また他のアンドロイドで手ぶれ補正がついていると、手持ちでも十分に録画できます。
撮影後には、気に入った花火のシーンをスクリーンショットで保存するのも良いですね!
写真の撮影よりもズームのかかった状態で撮れますが、花火をの動きを追いかけやすいのが魅力ではないでしょうか。

せっかくの花火大会、自分たちも綺麗に写したい!

花火だけではなく、自分たちの写真も記念に残したい・・・。
そんな方におすすめなのが、こちらのスマホケース、「LuMee」です!


暗い場所でも、綺麗にセルフィーしよう!

LuMeeは、ケース前面の両サイド部に内蔵したLEDライトによって
肌を白く見せられる「美肌効果抜群!」のセルフィーライトケースです。

明るく自撮りすることが難しい暗い場所や夜景でも、ナチュラルに美しいセルフィーが撮れます。
まさに、花火大会にはもってこいのスマホケースですね!


いかがでしたか?一眼レフを使わずとも、手持ちのスマホをちょっと工夫することで、
ワンラックアップの写真を撮ることができますので、試してみてくださいね!

ただ、花火を綺麗に写すのも大切ですが、周囲の人に迷惑をかけないように
節度を持って楽しみましょう!


今年の浴衣、もう買いましたか?
あなたのお気に入りの柄が見つかるかも・・・?

「2017年、注目の浴衣特集!今年はどんな柄が流行る?」

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪