愛されるには、理由があった!愛され女子の、ひそかな努力5つ

 

ナナミです。10代の頃からいろんなタイプの男性とお会いしてきました。
医師、経営者、弁護士、自衛官、消防士、不動産、システムエンジニア、調理師、ホストetc…数えたらキリがありません。(笑)

私はキャバクラで働き始めた頃、男性とどうやって接していいのか全く分かりませんでした。
女子高育ちだったので、意外?にも男性に対しての免疫がなかったのです。

そこで、先輩の接客を必死で観察しました。真似て、実践。その繰り返し。
ようやく、指名が取れるようになってきたころ、
「あ、男性に可愛がられるってこういうことなのかな?」と肌で感じられるようになりました。

そんな私の経験談も踏まえ、「愛され女子」とはいったいどのような努力をしているのか?
なぜ愛されるのか?なぜモテるのか?その秘訣をコッソリご紹介します。
(コレさえ実践すれば、あなたも明日からモテが止まらないかも・・・?)

1.あいさつや言葉使いがしっかりしている

あいさつや言葉使いがしっかりしている人は、安心感がありますよね。
「親や知人に紹介するときに恥ずかしくない」
「これから自分を支えてくれるパートナーになれる」と、結婚を意識したお付き合いを考えている男性にとっては尚更です。
TPOに合わせた会話ができるよう、基本的な会話や所作のマナーは身に付けておきましょう。

【ナナミの実体験!殿方が胸きゅんしたポイントは・・・】
私はキャバクラで働いているときに、髪の毛を明るい茶色にしてコテでしっかり巻き巻きしていたので、
第一印象は派手で頭悪そう(笑)に見られることが多かったのですが、
口を開けば普通の女子で、喋り方も丁寧だったので、そのギャップにきゅんとしてくださったようです♪

2.さりげなく家庭的なところを見せる

凝った手料理や、部屋の隅々まで磨き上げる・・・なんて必要は、ありません。
愛され女子は、基本的な家事が一通りできるだけなんです。

ご飯を炊いて、味噌汁を作って、魚を焼く。ほうれん草のおひたしもあると更によい。
整理整頓は、物を床に置かないように習慣づけて、気付いたときに床を粘着テープでコロコロする。
それぐらいの生活力があればいいのです。

「料理がつくれる」&「基本的に綺麗好き」
この2つをおさえている女性は、間違いなく愛され女子の素質アリでしょう。


【ナナミの実体験!殿方が胸きゅんしたポイントは・・・】

趣味の話になったときに、料理の話になって、
「先週末は、久しぶりに炊き込みご飯を作ってみたの」と言ったときの反応は、かなりよかったです。
料理好きな殿方とは、お互いの自炊話で盛り上がって、自作料理写真の見せ合いが続きました(笑)

3.笑顔を絶やさない


笑顔の自分を見るって、実は女性にとってとても大事なこと。
鏡に写った自分が悲しい顔をしていたり、疲れた顔をしている時は、知らず知らずに周りにもそんな顔をしています。
朝起きて顔を洗った後、オフィスでお手洗いに行った後、必ず自分の顔を確認し、
自分自身に問いかけてみましょう。女性の笑顔は、周りの人を幸せにするパワーがあるのです。

【ナナミの実体験!殿方が胸きゅんしたポイントは・・・】
ある日、二次会でお店に来てくださった方々の中に、新人君が1人いました。
彼は、仕事でミスをしてとても凹んでたみたいで。
うまい台詞は思いつかなかったけど、
「●●さんならきっと大丈夫ですよ!」
「上の方は、あなたに愛情があるからちゃんと怒るのかもしれませんよ?」って、
笑顔で伝えたら、「あー、その笑顔を見てたら、なんか癒されたー。」と言ってくださいました♪

4.自分磨きを忘れない

付き合いが長くなると安心感が生まれますね。
今後も長く付き合っていくパートナーとしては、安心感が大切ですが、
だからといって自分磨きに手を抜いてしまうのは禁物です。

1 2
ナナミ

猫耳がトレードマーク。ナナミです。 美容と恋愛のコラムを担当しています。 10代の頃にキャバ嬢を経験。現在は美容系のフリーライター。 寝る前のボディマッサージが日課です。