仕事上手は、恋愛上手! モテる男性が身につけている「○○」スキルとは?

男性諸君、恋してますか?ナナミです。

みなさんは、仕事がデキる男性の共通点、いくつご存知ですか?

「プレゼンがうまい」
「スケジュール管理が絶妙」
「細かい配慮が行き届いている」等、
様々な要因がありますよね。

これって、恋愛に置き換えても同じ。

「プレゼンがうまい」=「自分の長所を女性にアピールするのがうまい」
「スケジュール管理が絶妙」=「女性とのデートの時間をうまく調整することができる」
「細かい配慮が行き届いている」=「デートのお店選びは、相手の好みに合わせる且つTPOにも気を抜かない」

そう、仕事ができる男性は、恋愛もできるんです。
恋愛ができないと、仕事ができない・・・とまでは言いませんが、
恋愛を全くしたことがない男性とそうじゃない男性は、明らかに差が出ます。

あなたの周りの仕事ができる男性って、女性にモテませんか?
また、「あいつ忙しいのに、よくデートする時間あるな。」と感じたことはありませんか?
なぜ、あの人はモテるのでしょうか?

「忙しい」は、単なる言い訳。

よく、「忙しいから恋愛する暇がない」と聞くことがありますが、
これはズバリ、単なる言い訳、もしくは、「逃げ」です。

経営者で起業したばかり、人員がギリギリ・・・なんていう状況でもない限り、
女性とデートする時間を捻出することは、できるはずです。
ただ、「面倒くさいなぁ」感じる気持ちは、わかります。

女性と付き合うということは、自分と全く違う思考回路の宇宙人と付き合うようなもの。
極端な言い方もしれませんが、それぐらい大げさに思っていてもいいでしょう。
初めは、とっても面倒くさいと思います。女性ですらそう思うことがあるんですから。
(でも、その面倒くさいところが恋愛の醍醐味でもあるのです・・・。)

男性には全く理解できない言動を発する女性。(もちろん、女性の恋愛経験値にもよりますが)
でも、そんな厄介な相手と、もしも心を通わせることができたら。
最初はおぼつかなかったコミュニケーションが、自分の努力によって円滑に進んだとしたら、
大抵のクライアントとのやりとりはスムーズに進むのではないでしょうか。

女性はみんな苦手かも。こんな男性とは一緒にいたくない。

女性が最も苦手とする男性を、あなたはご存知ですか?
それは、「自分の話ばかりする男性」です。

こんな事例があります。

ーAちゃんは、久々に合コンを開催。幹事のB君は、某一流企業に勤めるエリート。
今回は彼の同僚たちがやってくる。男性陣が予約してくれたお店はとってもオシャレ。
きっと素敵な人が来るに違いないと期待していたら、目の前に座った男性C君は、自分の話ばかり。

「ソムリエの資格って難しいっていうけどやってみたら案外簡単だったよ」
「今の部署だと契約書の最終チェックがぜんぶ俺に回ってくるから、まいっちゃうよ」
など、自慢話が止まらない。
最悪なのは、他の人が話している時に割り込んできて、相手の話題まで自分の話題にしていたこと。

合コン終了後、幹事のB君がAちゃんにぼそっと耳打ち。
「ごめん、まさかCがあそこまで独りよがりなプレーに走るとは思わかなったわ。
だからあいつ彼女いないんだよな・・・。女性陣にこっそり謝罪しといて。」


・・・これ、完璧にNGですね。
C君は、おそらく悪気なく話しているんでしょう。
しかし、相手へ配慮ができない人と一緒にいたいと思う人はいません。
ましてや、初対面で「俺は、俺は!」と前のめりになるのは、アピールとしては逆効果です。

この1つだけでいい。恋愛で学ぶべき最重要スキルとは

もうお分かりのとおり、恋愛で最も重要なスキルは、「聞き上手」です。
これは、仕事ができる人なら必ず取得しているスキルといってもいいでしょう。
聞き上手は、総じて仕事ができる割合が多いです。

話を聞くのが上手い人は、相手を喋らせるのが上手なので、
相手の悩みや要望を自然に引き出すことができます。
人は、「あ、この人は自分の悩みを理解してくれるんだ。」と、感じられた時、
相手への信頼度がグッと高まるのです。

「クライアントがハッとするような質問をすることができる」
「後輩の悩みや意見を、しっかり聴くことができる」
そんな人には、安心して仕事を任せることができますよね。

”自分話をしっかりと聞いてくれて、適度にアドバイスor意見をくれる”
そんな男性は、恋愛でもしっかり彼女の話を聞いています。
女性が「あ、この人仕事できるんだろうなあ。」と感じるのは、
聞き上手な男性なのです。これは上司、同期、後輩は関係ありません。

元来、女性はお喋りが大好きな生き物。話すことで気分が落ち着く性質です。
そんな女性が仕事&恋愛両面において頼りにするのは、やっぱり聞き上手な男性なのです。


「彼女ができない」と感じているあなた。
今一度、自分の言動を振り返ってみましょう。

「相手の話をちゃんと聞いていますか?」
「相手の話題を奪っていませんか?」

注意したいのは、むやみやたらに「解決」しようとしないこと。
ここが唯一、仕事とは違う点でしょう。
女性の会話は解決を望むよりも、ただ「共感してほしい」場合があります。

「これはただ話を聞いて欲しいのか、それとも解決したいのか」
悩んだ時は素直に聞いてみるのもいいでしょう。

猫系女子といえば、ナナミです。 美容と恋愛のコラムを担当しています。 10代の頃にキャバ嬢を経験。現在はフリーのライター。 寝る前のボディマッサージが日課です。