【連載①】やらなきゃ損!妊娠中に4日以上欠勤したら傷病手当金をもらおう

 

こんにちは、日々育児に奮闘中のまゆりです。

現在、妊娠中の皆さん、赤ちゃんグッズや入院準備など、出産に向けての準備は順調ですか?
たくさん揃えるものがあって出費が多くなる時期ですよね。
私も妊婦健診が始まってからどんどんお金がなくなり、びっくりしました。
妊娠と出産って、お金がかかるなぁ〜と。

しかし、国ではちゃんと妊婦やママさんのために助成する制度を用意しています。
大きな会社では、総務部の人が全て案内してくれるかもしれませんが、小さな会社では自分から言わないと手続きが漏れてしまう恐れも。
各種助成制度については、自分の生活に関わることなので、会社任せにせずにしっかりと中身を知って理解しておくべきです。

そこで、今回は妊娠・出産の時にやっておくべき手続きともらえるお金について、全12回のシリーズで解説したいと思います。
第1回は「傷病手当金」についてです。

傷病手当金って?

pixta_21111756_M_e

病気やケガで会社を休んだ時に健康保険から標準報酬日額(*)の3分の2が傷病手当金として支給されます。
1ヶ月分の給与を日割りで考えて、1日あたりの給与の3分の2のお金がもらえるということですね。

*標準報酬日額とは…
被保険者の毎月の給与(報酬)を区切りのよい幅で区分した標準報酬月額等級表に当てはめ、その範囲に該当する額が標準報酬月額です。
この標準報酬月額の30分の1に相当する額(10円未満四捨五入)が「標準報酬日額」です。

妊婦の場合はどんな時にもらえる?

pixta_28910900_M_e

つわりで会社を休んでしまった時や、切迫流産や切迫早産で自宅療養・入院などが必要になり、長期で会社を欠勤した時などに申請できます。

数日であれば有給休暇を消化するのもありですが、頻繁に休んでしまった場合や、長期で休むことになった場合には、有給休暇を使い切ってしまうこともありますよね。
そのような時、欠勤扱いになった日の3分の2の給与が支給されるのはとても助かるはず。
しっかりと受給要件を確認して、該当する場合には申請しましょう。

支給の条件は?

pixta_4962717_M_e

傷病手当金の支給には下記の条件があります。

  1. 仕事以外での病気や怪我のために入院、または自宅療養している
  2. 今まで従事していた業務ができない
  3. 最初に3日連続で休み、4日目以降も就労できない
  4. 休業した期間に、給与の支払いがない

1.2.はつわりや切迫流産・切迫早産であれば自動的に適用されますね。

3.に関しては注意が必要です。
傷病手当については、3日連続して休むことで「待機期間」というものが成立し、4日目から傷病手当金が支給されます。
そのため「1日休む→1日出勤→2日休む→1日出勤」の場合は適用されません。

1 2
まゆり

茨城在住。だいち(1歳3ヶ月)と夫の3人暮らし。 育児に、仕事に、日々アップアップしながら奮闘中。 世のワーママの皆さん!一緒に頑張りましょう!