【連載⑤】仕事復帰するママは安心!最大で給与3分の2が保証される育児休業給付金

こんにちは、日々育児に奮闘中のまゆりです。

少し時間が空いてしまいましたが、「妊娠・出産の時にやっておくべき手続きともらえるお金」シリーズの第5弾です。
前回までで「傷病手当金」「出産手当金」「出産育児一時金」、そして「児童手当」についてご紹介しました。

今回は「育児休業給付金」についてご紹介します。

育児休業給付金って?

pixta_26378047_M_e2

雇用保険の被保険者が1歳または1歳2ヶ月(*1)(支給対象期間の延長(*2)に該当する場合は1歳6か月)未満の子を養育するために育児休業を取得した場合に、支給される給付金のことです。
育児休業開始から6ヶ月間は産休に入る直前の月給の3分の2が支給され、6ヶ月を超えると、月給の2分の1の額が月々支給されます。

*1 父母ともに育児休業を取得するパパママ育休プラス制度を利用すれば育児休業を取得する子の年齢が原則1歳2ヶ月になります。但し、育児休業が取得できる期間は1年間です。
*2 保育園に入園申請をしたが、不承諾通知を受け取った、家族に介護が必要な事態が発生した、配偶者の病気や死亡・離婚等で養育が困難となった等の証明ができる場合は延長が認められます。

支給の条件は?

pixta_4962717_M_e

育児休業給付金を受け取れる条件は以下です。

  1. 雇用保険に加入していること
  2. 育児休業前の2年間のうち、1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上あること
  3. 育児休業中に、勤務先から1ヵ月に月給の8割以上のお金を貰っていないこと
  4. 休業日数が対象期間中に毎月20日以上あること
    (※育児休業終了日を含む月の場合、1日でも休業日があればOKです)
  5. 育児休業後に働く意思があること

上記の条件を満たしていれば正社員であるかどうかは問われません。

手続き方法は?

pixta_21115506_M_e

申請時期は?

基本的には勤務先(事業主)側が手続きをしてくれますが、事前に勤務先に必要書類を用意して提出しておく必要があります。
申請時期は育児休業開始の頃のため、産後56日後ということになります。(産前42日前~産後56日後は育児休業ではなく、産前産後休業となります。)
産後にしか用意できない書類もあるため、産後すぐ~産後1ヶ月の間の時期に用意して会社へ郵送しましょう。

申請方法は?

申請書は「育児休業給付金支給申請書 」と「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書 」の2つがあります。
事前に印刷して記入できる箇所を記入しておきましょう。

「育児休業給付金支給申請書 」
雇用保険育児休業給付(育児休業給付金)の申請
「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書 」
育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書

申請手続きはハローワークの窓口に行く必要があります。
事前に勤務先の担当部署に手続きをお願いしておき、産後に郵送で会社へ書類を送りましょう。

初回の手続き後、2ヶ月毎に追加申請が必要になります。
基本的に勤務先で手続きをしてくれますが、手間をかけることになるため、事前によくお願いしておきましょう。

注意!

勤務先の方針で手続きは会社側では行わないという場合、被保険者自身で手続きが必要なことがあります。
その場合は自身で管轄のハローワークに足を運んで手続きをしましょう。

必要な添付書類は?

申請に必要な添付書類は以下の2つです。

  • 賃金台帳や出勤簿など、支給申請書の記載内容を確認できる書類
  • 母子健康手帳などの育児の事実を確認できる書類のコピー
  • 給付金を振り込む口座の通帳のコピー(※)

賃金台帳や出勤簿等は会社側に用意をお願いしましょう。
母子健康手帳などの写しは産後にコピーをとって郵送時に同封します。
※通帳のコピーについては公式サイトなどでの案内はされていないものの、私が実際に手続きした際に要求されました。念のため、用意しておいた方が二度手間にならないでしょう。

いつ支給される?

支給のタイミングは書類の提出から2~5ヶ月後です。

私の場合、育児休業開始日は7月22日だったのですが、初回の7月22日~9月21日の2ヶ月分の給付金が振り込まれたのは12月7日でした。
育児休業給付金を生活費のあてにしている人は要注意。すぐには給付されないと思っていた方がいいでしょう。

ちなみに、その後の振り込み日は以下のようなタイミングでした。

9月22日~11月21日分:2月2日
11月22日~1月21日分:3月1日
1月22日~3月21日分: 4月17日
3月22日~4月16日分: 6月5日
※4月17日から仕事復帰したので最終日が4月16日になります。

勤務先側の手続きのタイミングにもよるので上記は参考程度に捉えてください。

仕事復帰するつもりはないけど、もらってもいいの?

pixta_1603829_M_e

本給付金は「育児休業後に働く意思があること」が前提となりますが、仕事復帰するつもりで育児休業を取得し、結果的に復帰せずに退職した場合でも給付金の返還を求められることは今のところありません。
ただ、そのような事例が多く続いてしまうと、今後「仕事復帰しなかった場合には返還義務が発生」「仕事復帰して数ヶ月以上働いた証明がないと給付されない」等の制約ができてしまうかもしれません。
途中で事情が変わってしまうことは仕方ありませんが、復帰の意思がなくなった時点で速やかに勤務先に申し出て、育児休業を終了することが倫理上望ましいでしょう。

仮に、育児休業を取らずに退職、あるいは、途中で早めに終了して退職しても、数年後にまた働く意志があれば失業給付金によって一定の収入は担保されます。
失業給付金についても「就職する意思があるものの、職業に就くことができない状態の人」という条件はあるのですが、3年間の延長措置があるため「1年で復帰は難しいけれど乳幼児期の子育てが一段落したらパートなどで働きたい」と思っている人であれば利用することができます。(専業主婦になる意向の方は利用するべきではありません)
失業給付金の詳細についてはこのシリーズの第8回で書く予定のため、気になる方はチェックしてみてください。

申請してなかったけどもらえたはず!もう遅い?

pixta_24743866_M_e

残念ながら育児休業給付金は遡って支給されることはありません。
初回の場合は、育児休業開始日から4ヶ月経過する日の属する月の末日までが期限です。
2回目以降の期限は、ハローワークから郵送されてくる追加申請書に期限が書かれています。
必ず忘れずに申請するようにしましょう。
会社にお願いした場合にもこまめに連絡をとって手続きを進めてもらえているか確認した方が安全です。

まとめ

いかがでしたか?
育児休業中に一定の収入が担保されるのは家計には大助かり。面倒でもきちんと手続きをして給付金をもらいましょう。
また、勤務先の担当部署の方にとっても手間であることは間違いありません。
事前に丁寧にお願いすることはもちろん、全ての手続きが完了した後にもお礼を言うのを忘れないようにしましょう。

こちらの記事も併せてご覧ください

【連載①】やらなきゃ損!妊娠中に4日以上欠勤したら傷病手当金をもらおう
【連載②】出産前に働いていた全てのママがもらえる!出産手当金をもらって、産前産後は安心!
【連載③】子どもを産めば42万円がもらえる!出産育児一時金の手続き方法とは?
【連載④】忘れるともらえない!?産まれたらすぐに手続きしておきたい児童手当

茨城在住。だいち(1歳3ヶ月)と夫の3人暮らし。 育児に、仕事に、日々アップアップしながら奮闘中。 世のワーママの皆さん!一緒に頑張りましょう!