妊婦の心強い味方「陣痛タクシー」に登録しよう!今なら豪華プレゼントがもらえます!

 

こんにちは、日々育児に奮闘中のまゆりです。

現在、妊娠中の皆さん、出産に向けての準備は万全ですか?
入院用のグッズを買ったり、赤ちゃんの洋服や日用品を用意したり、
出産の日が近づくにつれ、あれもこれもと大忙しになってきますよね。
ただ、臨月に入ったら忘れないようにしてほしいのが「陣痛タクシー」の登録です。
意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

今回は陣痛タクシーについてご紹介します。

陣痛タクシーって?

pixta_24216129_M_e

陣痛タクシーは別名「マタニティタクシー」とも呼ばれ、近年タクシー会社各社が導入しているサービスです。
事前に自分の名前や電話番号、出産予定の病院などを登録しておくと、いざ陣痛が起こった時に自分の携帯から電話をするだけで優先的に配車をしてくれます。
さらに、病院の場所などもある程度把握しているため、丁寧な説明をしなくとも連れていってくれます。これは心強いですね。
陣痛は、いつ起きるかわからないもの。一人でいる時に急に痛みが来てしまったら、パニックになるかもしれません。
事前に登録しておくと、いざという時に安心です。

どんなメリットがある?

pixta_9870759_M_e

登録だけなら無料!

当然といえば当然ですが、登録にはお金はかかりません。
タクシー代も通常の料金と変わらず、通常のメーター料金+迎車代のみです。
ただ、深夜・早朝の時間は、通常同様、割増料金もかかってきます。
支払いは基本的には病院に着いた時に行う必要がありますが、タクシー会社によっては後日払いOKとしている会社もあります。

自分の住所や病院の住所を伝える必要がない

いざ陣痛が来るとその痛みと戦うのに必死。なかなか周りのことに集中できなくなります。
そんな中で、タクシー会社に電話をかけて自分の住所を伝えたり、タクシーに乗り込んでから病院の住所を伝えるのは大変ですよね。
陣痛タクシーに事前に登録しておくと、名前と陣痛が来た旨を伝えるだけで、自宅までタクシーが来て、そのまま病院まで運んでくれます。
細かいことを気にすることなく、陣痛の痛みに向き合えるのは妊婦さんにとって大助かりです。

ドライバーが事前講習を受けているので安心

多くのタクシー会社では、陣痛タクシードライバーが、助産師さんなどの専門家による事前講習を受けています。
もちろん医療従事者ではないため、医療行為を行うことはできませんが、普通のドライバーに比べてより適切に妊婦さんの対応にあたることができるでしょう。
慌てることなく冷静に対応してもらえるのは、妊婦さんにとっても安心感があるはずです。

今登録するならここ!豪華なプレゼントがもらえる日本交通の陣痛タクシー

pixta_21448017_M_e

1 2
まゆり

茨城在住。だいち(1歳3ヶ月)と夫の3人暮らし。 育児に、仕事に、日々アップアップしながら奮闘中。 世のワーママの皆さん!一緒に頑張りましょう!