【連載②】出産前に働いていた全てのママがもらえる!出産手当金をもらって、産前産後は安心!

 

こんにちは、日々育児に奮闘中のまゆりです。

「妊娠・出産の時にやっておくべき手続きともらえるお金」シリーズの第2弾です。
前回は「傷病手当金」についてご紹介しました。

【連載①】やらなきゃ損!妊娠中に4日以上欠勤したら傷病手当金をもらおう

出産手当金って?

pixta_22780735_M_e

出産前に会社を休み、給与の支払いを受けていない場合に、健康保険から標準報酬日額の3分の2が支給される制度です。
対象期間は出産日の42日前~出産後56日目までです。
「産休期間に対して支給されるもの」と思われがちですが、出産を機に退職したママであっても要件さえ満たしていれば受給できます。

支給の条件は?

pixta_4962717_M_e

出産手当金には下記の要件があります。

  1. 勤務先の健康保険に加入している
  2. 出産のために仕事を休み、その間賃金が支払われていない

1.については正社員であることは条件ではありません。
契約社員やパートであっても健康保険に加入していれば受給対象となります。
但し、自身が加入していることが条件のため、夫の勤務先の健康保険の扶養となっている場合は対象外です。
また、個人で国民健康保険に加入している場合も対象外となります。

出産を機に退職したママの場合

出産を機に退職したとしても、下記の条件を満たしていれば受給できます。

  1. 退職日の前日までに1年以上健康保険に加入していた
  2. 退職日が出産手当金の支給期間(産前42日~産後56日)内に入っている
  3. 退職日当日に出勤していない

2.の条件があるため、産前43日以上前に退職した場合は支給対象外となります。

傷病手当金と出産手当金との受給期間が重なった場合

pixta_22959373_M_e

切迫早産などで入院し、そのまま産休に入った場合には傷病手当金と出産手当金の受給期間が重なる場合があります。
その場合は出産手当金が優先され、傷病手当金は支給されません。
先に傷病手当金が支払われてしまっていた場合、その分が差し引かれた出産手当金が支給されます。

1 2
まゆり

茨城在住。だいち(1歳1ヶ月)と夫の3人暮らし。 育児に、仕事に、日々アップアップしながら奮闘中。 世のワーママの皆さん!一緒に頑張りましょう!