妊娠中だからって、我慢しない! 本当にやっておくべき3つのこと

 

こんにちは、日々育児に奮闘中のまゆりです。

妊娠中の皆さん、この「妊娠中にやっておくべき」記事ってよく見ますよね?
5つや6つならともかく「やっておくべきこと20」や、すごいものだと「やっておくべきリスト100」なんて記事も。
そのような記事は出産前のTODOリストとしてやるべきことが漏れていないかのチェックなどに使えると思いますが、すべて必要かというと、人によっては不要な項目や、産後でも問題ないものも含まれているものです。
私からはこの記事で「これは本当に産まれるとなかなかできないからやっておいた方がいい!」ということを3つお伝えしたいと思います。

1. 夫と居酒屋に行く

pixta_31435940_M_e

「居酒屋に飲みに行くなんて妊娠中だったら無理じゃない!」と思いますよね。
重要なのはお酒を飲むことではないのです。居酒屋メニューを堪能しておくということです。
よく「ちょっと高級なフレンチなど子連れで行けないレストランに行っておこう」という話を見かけますが、子どもが産まれた後でも、フレンチなら結婚式の披露宴などで食べる機会があったりします。
それにランチコースなどであれば少しの時間、子どもを預かってもらって行くことも不可能ではありません。
ただ、居酒屋はどうしても夜に行くしかありません。
夜は子どもの夕食やお風呂、寝かしつけなどで手がかかる、かつ他の人にはお願いしづらい時間帯なので、なかなか預けて食べに行くのは難しい…。
それでも夫がしっかりお風呂や寝かしつけまでやってくれる人であれば、少しの時間お願いして友人と飲みに行ったりはできるかもしれません。
しかし、夫と2人で居酒屋に行くというのは子どもがかなり大きくならないと難しいでしょう。
妊娠前は週末などにふらっと2人で飲みに行ったりしましたが、それはとても貴重な時間だったんだなぁと今は思います。
アルコールが飲めないからと居酒屋に行くのを控えるのではなく、ソフトドリンクで居酒屋メニューや雰囲気を楽しみに行こうという気持ちで、是非出産前に旦那さんとデートをしておいてください。
(但し、妊娠中は特に完全禁煙のお店を選びましょう。)

余裕のある人はお家で居酒屋メニューを作ってノンアルコールで晩酌タイム♪というのも素敵ですが、
寝かしつけた後にも頻繁に呼び出しがあるのでなかなか思うようにはいきません…笑

缶詰で、お家バルを楽しんでみよう!

ノンアルコールカクテルで晩酌気分を盛り上げる↓

ワインを飲んでるような気分を味わえる搾りたて白ぶどうジュース↓

2. 断捨離と大掃除

pixta_25568644_M_e

子どもが産まれるとどんどん子育てグッズが増えます。
そして、服などもどんどんサイズアウトしていくので「使わなくなったけど2人目以降のために置いておこう」とか
「まだ綺麗だから誰かにあげよう」というような収納しておくべき育児グッズも増えていきます。

その時に家の中が片付いていなかったり、自分たちのものが整理できていないと大変!
そもそも子どもが産まれると生活スタイルもガラッと変わるため、それまで着ていた服を全く着なくなったり、
週末に使っていた趣味のものが使われないまま放置されたり、と今までは使っていたものが意外と邪魔になったり、不要になることも…。

そう、つまり、赤ちゃんが産まれる前には絶対に「断捨離」をしておく必要があるのです。
まだ不要になるかどうか分からないものはそれだけでまとめておいて、産後に判断することにしておいても大丈夫です。
でも、明らかにもう使わないものや、今も使っていないのにずっと手元に置いてあるもの等はこれを機にまとめて処分してしまいましょう。

断捨離関連の本を読んで気分を上げてから取り組むのもオススメです。

有名な断捨離指南本。筆者は「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれたほど海外でも人気↓

シンプル主義が熱く支持され、世界で150万部以上のベストセラーになった本↓

さらに、産まれてからまだ手が放せない時期に一度は迎えることになる年末、しかし、大掃除なんてほぼ無理です。
換気扇の掃除や、網戸やベランダの掃除、エアコンのフィルター掃除など、
隙間時間にできなさそうな大掛かりな掃除は是非産前のうちに旦那さんにも協力してもらいながら済ませてしまいましょう。
特に網戸や窓の掃除は、赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちをする頃には触ってしまう部分です。
事前に綺麗にしておくと急に動けるようになっても安心です。

網戸は徹底的に綺麗にしよう↓

思い切ってケルヒャーのバキュームクリーナーで楽にお掃除するのも一つの手↓

3. 何もしないこと

pixta_28146305_M_e

子どもが産まれると一番貴重に思える時間、それは「何もせずにボーっと過ごすこと」です。
少しの時間、子どもを家族に預けたり、また仕事復帰すれば子どもが側にいない時間ももちろんあります。
でも子どもを預けている間も何もせずにボーっとすることは難しくなってしまいました。
今のうちにあれをやろうこれをやろうと大忙し。

また、人によっては泣かずに過ごせているだろうかと気が気でないお母さんもいるかもしれません。
そして、一番変わったと感じたのは週末です。

育休中はずっと休みなのであまり感じなかったのですが、仕事復帰した後の休日は、子どもがいなかった頃と比べると大きく違っています。
子どもが産まれる前に働いていた頃は、週末になると好きなことをしてリフレッシュをしたり、体を休めたりと、自分の英気を養う時間にできました。
しかし、子どもがいる状態での週末は、多少のリフレッシュはできても、なかなか体は休まりません。

体の疲れを取り切れないまま、週が明けるということも少なくないのです。
その変化を感じるたびに妊娠中にただただのんびりする時間って貴重だったなぁと思いました。
是非、今のうちにボーっとする時間も作ってみてください。

何もしないことは贅沢なこと、上手に休めない人ほど読んでみよう↓

意外とやっておかなくても大丈夫なこと

番外編として意外とやっておかなくとも大丈夫なこともお伝えします。

映画を見ること

■被写体のチケットは撮影用にデザインした小道具です。また、チケット内の画像は自身で作成したグラフィック作品です。

子どもが産まれると映画館で映画を見るのは難しくなってしまうのですが、だからと言って産前に見に行って解消されるものでもないと思いました。
なぜなら「その時の話題作を見に行きたいから」です。

私はちょうど息子を産んでから「君の名は」や「ラ・ラ・ランド」が公開され、みんな面白かったと言っているのですっごく見に行きたかったのですが、DVDを待つしかありませんでした。
産前に公開されていれば別ですが、産後に公開されたものはどうしようもありません。
なので「映画館の雰囲気を楽しむのが好き」という人でない限り、産前のうちに映画を見ておくべしというのはあまり適切なアドバイスではないと思います。

また、TOHOの映画館ではママズクラブシアターという小さい子供とその保護者向けの映画上映の時間があります。
地方だと日程も作品もかなり限定されてしまうのですが、都心部では話題作が見られる可能性も。
どうしても見に行きたい作品が出てきた時にはチェックしてみましょう。
ママ友さんと一緒に行くといいリフレッシュになりますよ♪

赤ちゃんと一緒に入れる ママズクラブシアター || TOHOシネマズ

ベビーグッズを買い込むこと

pixta_4061379_M_e

産後はなかなか外出できなくなるから産前のうちに買い物をというアドバイスを聞くこともありますが、個人的には産前のうちに買うのは最低限にしておくことをオススメします。
なぜなら、役立つグッズ・必要なグッズというのは本当にその赤ちゃんやお母さんの生活スタイルなどによって千差万別だからです。

産前に買っておいたけど使わなかったという育児グッズがたくさん出てきてしまうともったいないですよね。
産後1ヶ月ほどすれば買い物ぐらいは行けるようになりますし、今はネットなどでも簡単に買うことができます。
必要になってから買う方が無駄がなくていいですよ。

まとめ

妊娠中はあれもこれもやっておきたいと意外と忙しいものですよね。
私は「この時期にはこれをやる」というのをスケジュール帳に書き込みながらタスクのようにこなしていました(笑)
あまり神経質になる必要はありませんが、貴重な時期であるのは確かです。
後悔しないように今一度やりたいことをリストアップしておきましょう。

まゆり

茨城在住。だいち(1歳3ヶ月)と夫の3人暮らし。 育児に、仕事に、日々アップアップしながら奮闘中。 世のワーママの皆さん!一緒に頑張りましょう!