2017Jリーグ開幕直前。一クラブのサポーター目線から

 

Jリーグをこよなく愛するみなさん、こんばんわ。
ニワカでもなく、かといって熱狂的というわけでもないJリーグファンから、今年の注目ポイントを勝手にまとめさせていただく。
先に言っておくと私は物心ついたころから、清水エスパルスのサポーターであり、完全にJリーグを見るときは偏見に満ちている。あくまで「主観」として、そして「個人的な雑記」として受け止めていただけると幸いである。

2017年のJリーグ、ここがおもしろい!

早速、今年のJリーグは例年と大きく変わったことがある。まず昨年までは2シーズン制、つまり1年間を通じてのレースではなく、1stステージ、2ndステージと分かれた戦いになっていたところが、今年からは実に3年ぶりに1シーズン制に戻ることに触れないわけにはいかない。

さて、なぜ昨年まで2シーズン制だったのか?
それは2シーズン制にした方が1stステージの覇者と2ndステージの覇者などが最終決戦を行うチャンピオンシップが発生することで、興行的に盛り上がる=Jリーグの収入が上がるからに他ならない。

では、今年から1シーズン制に戻るのはなぜか?
そこには当然収入面での他のアテがあるからである。そう、それは「DAZN(ダ・ゾーン)」の存在だ。
DAZNはライブストリーミングサービスであり、Jリーグの放映権を10年間で約2,100億という金額で契約したとのこと。

金

そのため、成績が優秀なクラブには多額の賞金が渡されることとなり、クラブ間の格差がここから数年でかなり広がることが間違いない。上位3~5クラブと、それ以外のクラブとでは歴然とした差が生まれていくのである。
プレミアリーグやリーガエスパニョーラなどのようなビッグクラブとその他クラブの差がまったく存在せず、どんぐりの背比べをしていたJリーグにとっては激震だ。
これによりJリーグはガラリと変わるはずだ。

これを踏まえて、清水エスパルスのサポーターという立場から2017年Jリーグの注目ポイントに触れていく。

活発となった移籍市場。恐ろしいクラブは…。

16シーズンから17シーズンにかけてはオフの移籍市場が例年になく活発だった。
川崎フロンターレの大久保嘉人がFC東京に移籍したり、玉突きのように大宮アルディージャの家長昭博が川崎フロンターレへ、そして我らが清水エスパルスの大前元紀が大宮アルディージャへ…など各クラブのエースが移籍している。
それだけでなく、スペインのセビージャで燻っていた清武弘嗣がセレッソ大阪へ電撃移籍をした。

これらのように、各クラブが爆発的に増えた賞金を狙って活発に動いているのである。

清水エスパルスサポーターからすると特に対戦したくない(勝てる気がしない、いやそんなこと言っといて負けたくない)クラブが3つある。

・鹿島アントラーズ
16年のクラブワールドカップでの準優勝が記憶に新しいところだが、そこで自信を深めた上に、着実に戦力を上積みさせている。今年の鹿島は「黄金期」を彷彿させるチーム力で、先のゼロックススーパーカップでも浦和レッズを圧倒していることからもその自信っぷりと戦力の充実度が伺える。
主な加入選手は2014,15シーズンのベストイレブンである元新潟のレオシルバ。Jリーグで一番パーフェクトなボランチだ。
スペインへ移籍した柴崎岳の穴を十二分に塞ぎきっている。
その他にも神戸からペドロジュニオールや韓国全北現代の韓国代表GKクォン・スンテなどを補強している。
強すぎる。当たりたくない。とにかくACLで頑張って消耗しきって欲しいところ。

1 2
C.Baggy

サッカーどころ静岡出身。高校時代はベンチウォーマー。ウイイレではそうそう負ける気がしない。好きなクラブは清水エスパルス。