2017年8月、注目の花火大会はココ!【関東編】

 

みなさんこんにちは!アヤです。

今日は7月も、もうすぐ終わり。
今週土曜日は隅田川の花火大会がありますね!
隅田川花火大会

花火大会は隅田川だけではありません!
8月も、様々な趣向を凝らした花火大会が各地で開催されます。

そこで!今回は関東を中心に2017年おすすめの花火大会情報をまとめました。
花火の打ち上げ数が多く、来場者数が少ない会場が狙い目かも・・・?!

8月1日(火):第35回江東花火大会(江東区/荒川)

230328 (1)

最大4号玉が観賞できる、東京都江東区の大会。
荒川に浮かべた台船から、次々とスターマインが打ち上げられます。
メイン会場の河川敷までは、150mの至近距離で花火が観覧できるという豪華さです。
芝生の広場や護岸など、好みの場所にシートを敷いて、ゆったり見物しましょう♪

【詳細情報】
大会名称:第35回江東花火大会
開催日:平成29年8月1日(火曜日)
※小雨決行。荒天の場合は中止(順延日なし)
開催時間:午後7時30分から午後8時30分まで(打上げは午後7時40分から)
開催場所:荒川・砂町水辺公園
打上げ数:約4,000発
昨年の人出:約35万人

8月1日(火):第68回さがみ湖湖上祭花火大会(相模湖)

120095_1
湖面に映る幻想的なナイアガラに目を奪われること間違いなし!

1948(昭和23)年に始まった、神奈川県相模原市の歴史ある大会。
スターマインや尺5寸玉、尺玉、8号玉など、バラエティに富んだ約5000発が次々に打ち上げられます。
なかでも湖面に映る幻想的なナイアガラは必見です。
湖上ばやしなどの祭事、ダンスパークなどのイベントもありますので、大会前に楽しんでみてはいかがでしょうか。

【詳細情報】
大会名称:第68回さがみ湖湖上祭花火大会
開催日:平成29年8月1日(火曜日)
※小雨決行(荒天時は2017年8月2日(水)に延期)
開催時間:午後7時00分から午後9時00分まで(打上げは午後7時40分から)
開催場所:神奈川県立相模湖公園
打上げ数:約5,000発
昨年の人出:約6万5000人

8月1日(火):第121回 水郷おみがわ花火大会(千葉県香取市)

75757

全国の匠が競い合う尺玉に注目です!

関東屈指の歴史と規模を誇り、1908年(明治41年)から夏の小見川の夜空を彩ってきた本花火大会。
利根川の川面を利用した豪快な花火は、自然の恩恵を受けた水と緑の街ならではのもの。
なかでも利根川の空間に炸裂する特大水中スターマインは迫力満点です。
また、全国の煙火店や工場の花火師が自慢の花火・尺玉を持ち寄って美しさを競いあう「第35回全国尺玉コンクール」にも要注目ですよ!

【詳細情報】
大会名称:第121回 水郷おみがわ花火大会
開催日:平成29年8月1日(火曜日)
※小雨決行(荒天時は2017年8月2日(水)に延期)
開催時間:午後7時00分から午後9時00分まで
開催場所:小見川大橋下流 利根川河畔
打上げ数:約8,000発
昨年の人出:約15万2000人



8月5日(土):第58回いたばし花火大会(板橋区)

itabasi
東京最大!尺5寸玉が板橋の夜空に咲きます。

トラの尾を用いて火柱を中央に集約する演出を交えたワイドスターマインがオープニングを飾るいたばし花火大会。
日本全国の花火競技会で優秀な成績をおさめた花火師10名の手による「芸術玉」が、板橋の夜空を美しく彩ります。
最高峰の技術を駆使した繊細にして秀逸な花火は、まさに夜空に描く芸術そのもの。
前半最後には大迫力の名物仕掛け花火、関東最長級「ナイアガラの滝」が登場すします。
後半は、恒例となっている「みんなで一つに!いたばし大三本締め」の終了に合わせ、東京最大尺5寸玉を盛大に打ち上げます。
昨年好評だったワイドスターマイン、いたばし「新名物」天空のナイアガラが打ち上がり、
フィナーレにふさわしい華やかな演出とともに、尺5寸の大玉が最後のプログラムとして打ち上がります。

【詳細情報】
大会名称:第58回いたばし花火大会
開催日:平成29年8月5日(火曜日)
※小雨決行(荒天時は2017年8月6日(日)に延期)
開催時間:午後7時00分から午後8時30分まで
開催場所: 板橋区 荒川河川敷
打上げ数:約1万2000発
昨年の人出:約52万人

8月5日(土):第12回古河花火大会~わたらせの夏の夜空に咲く大輪~(茨城県古河市)

koga

3尺玉を含む豪華な花火を堪能しよう!
茨城県古河市で開催される、関東最大級の打ち上げ数を誇る花火大会。
目玉の3尺玉は、関東地方ではなかなか見られないので必見です。
ほかにも、ワイドスターマインやメロディ付きスターマインなど、豪華な花火を堪能できます。
川敷のゴルフ場で開催されるため、川の土手にレジャーシートを広げてのんびり観賞するのもおすすめですね。

【詳細情報】
大会名称:第12回古河花火大会~わたらせの夏の夜空に咲く大輪~
開催日:平成29年8月5日(火曜日)
※小雨決行(荒天時は2017年8月6日(日)に延期)
開催時間:午後7時20分から午後8時40分まで
開催場所: 古河ゴルフリンクス
打上げ数:約2万発
昨年の人出:約55万人

8月5日(土):第71回あつぎ鮎まつり大花火大会(神奈川県厚木市)

001-400

「あつぎ鮎まつり」の目玉として行われる神奈川県厚木市の花火大会。
相模川、中津川、小鮎川の合流点で打ち上げられる花火は約1万発。
スターマインの連発など、バラエティに富んだ内容で観客を飽きさせません。フィナーレを飾る迫力満点の大ナイアガラは必見です!

【詳細情報】
大会名称:第71回あつぎ鮎まつり大花火大会
開催日:平成29年8月5日(火曜日)
※小雨決行(荒天時は2017年8月6日(日)に延期)
開催時間:午後7時00分から午後8時30分まで
開催場所: 相模川河川敷(三川合流点)
打上げ数:約1万発
昨年の人出:約53万人

8月5日(土):第43回高崎まつり大花火大会(群馬県高崎市)

takasaki-1

1万5000発が50分で次々と放たれるスピード感が魅力です。
北関東有数の規模を誇る群馬県高崎市の花火大会。8月5日(土)、6日(日)に行われる「高崎まつり」の初日に開催されます。
多くの大会では2時間をかける1万5000発の花火が、本大会ではなんと50分で打ち上げられます。
そのスピード感に、片時も目が離せませんよ!

【詳細情報】
大会名称:第43回高崎まつり大花火大会
開催日:平成29年8月5日(火曜日)
※小雨決行(荒天時は2017年8月6日(日)に延期)
開催時間:午後7時40分から午後8時30分まで
開催場所: 烏川和田橋上流河川敷
打上げ数:約1万5000発
昨年の人出:約75万人(祭り全体)

8月11日(金):第53回常総きぬ川花火大会(茨城県常総市)

ibaraki
茨城県常総市で開催され、鬼怒川河畔に10万人以上が訪れる大会。
有名花火店の作品が多く見られます。
見どころは、メッセージ花火や新作型物花火のほか、“花火ミュージアム~至高の世界・美の巨人たち~”で披露される日本を代表する花火師3人の作品です。
2010年の、全国人気花火大会ベスト15で、8位に輝いた花火パフォーマンスを堪能しましょう!

【詳細情報】
大会名称:第53回常総きぬ川花火大会
開催日:平成29年8月11日(金曜日)
※小雨決行(荒天時は2017年8月12日(土)に延期)
開催時間:午後6時45分から午後8時40分まで
開催場所:鬼怒川河畔、橋本運動公園
打上げ数:約1万発
昨年の人出:約13万人



8月12日(土):2017うつのみや花火大会(栃木県宇都宮市)

utunomiya
雷都宇都宮を表現した大迫力のフィナーレは必見です!
2017年のテーマは「幸せ~みんなとつながる一つの夜空~」。
花火の打ち上げ場所が変更され、打ち上げ幅も大幅に拡大しました。
特大スターマインと大迫力の音楽連動型でお届けする三部構成の色彩豊かな花火は、見ものです。
また、花火大会連動企画「花火の絵展覧会」で選ばれた作品を実際の花火にする企画や、
大切な人にサプライズで思いを伝えることだま花火など、市民参加型のイベント花火も楽しみですね!

【詳細情報】
大会名称:2017うつのみや花火大会
開催日:平成29年8月12日(土曜日)
※小雨決行(荒天時は2017年8月13日(日)に延期)
開催時間:午後6時30分から午後8時30分まで
開催場所:宇都宮市道場宿緑地(鬼怒川河川敷)
打上げ数:約2万発
昨年の人出:約40万人

8月19日(土):2017みさとサマーフェスティバル花火大会

misato

音楽花火を中心に趣向を凝らした花火が登場します。
埼玉県三郷市の夏の風物詩となっている花火大会。2017年は千葉県流山市の「流山花火大会」と同時開催されます。
観客に人気の音楽花火を中心に、趣向を凝らした花火が打ち上げられます。
打ち上げ数は1万2000発と多いのに、来場者数は約10万人と他の花火大会よりも
少ないので、混雑を避けて花火を楽しむことができそうです。

【詳細情報】
大会名称:2017みさとサマーフェスティバル花火大会
開催日:平成29年8月19日(土曜日)
※小雨決行(荒天時は2017年8月20日(日)に延期)
開催時間:午後7時00分から午後8時30分まで
開催場所:江戸川運動公園
打上げ数:約1万2000発
昨年の人出:約10万人

8月20日(日):2017 神宮外苑花火大会(東京都新宿区)

gaien

花火と共に豪華ゲストによるライブなどが楽しめます!
隅田川同様、23区で人気のある花火大会の1つが、東京都新宿区で開催される、神宮外苑花火大会ですね。
大小のスターマインが夜空に打ち上げられ、都心の街並みを花火の光が照らし出します。
神宮球場をメインに、外苑内の有料観覧会場で各種イベントも開催されます。
花火とともに豪華ゲストによるライブやアトラクションを楽しめるのも魅力です。

【詳細情報】
大会名称:2017 神宮外苑花火大会
開催日:平成29年8月20日(日曜日)
※小雨決行(荒天時は2017年8月21日(月)に延期)
開催時間:午後7時30分から午後8時30分まで
開催場所:明治神宮外苑
打上げ数:約1万2000発
昨年の人出:約100万人

8月26日(土):第39回鹿嶋市花火大会(茨城県鹿嶋市)

232483
尺玉の108連発は見逃せません・・・!

2017年で39回目を迎える茨城県鹿嶋市の花火大会。
約1万発の花火が打ち上げられ、なかでも尺玉の108連発は必見です。湖上から放たれる水中スターマインにも注目です。
来場者数16万人と、他の花火大会と比べて少ないのでこちらも狙い目の花火大会です!

【詳細情報】
大会名称:第39回鹿嶋市花火大会
開催日:平成29年8月26日(土曜日)
※小雨決行(荒天時は2017年8月27日(日)に延期)
開催時間:午後7時30分から午後9時30分まで
開催場所:大船津地内北浦湖上
打上げ数:約1万発
昨年の人出:約16万人


いかがでしたか?
花火大会は、都内近郊の花火大会はどうしても混雑しがち。
そんなときは、ちょっと遠出して泊りがけで花火大会を見に行く・・・なんていうのも
ゆっくりできて良いですよね。

是非、今年はいつもとは違う花火大会にも足を運んでみてくださいね!



【関連リンク】 

花火大会に行く前に、こちらの記事も参考に!
この6つのコツをおさえて、スマホで綺麗な花火を撮ろう!

2017年、注目の浴衣特集!今年はどんな柄が流行る?

アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪